家事に仕事に勉強に☆家族みんなで使えるスタディスペース

おうちを新築するときに、スタディスペースを計画する人が増えています。子どもの学習机にする、パソコンデスクにする、家事スぺースにして家計簿をつけたりアイロンをかけたりするなど、使い方はさまざま。リビングやダイニングキッチンなど、おうちの中にスタディスペースを作った実例をご紹介します。



目次 [開く]

リビングに

ますはリビングにスタディスペースを作られた実例をご紹介します。リビングは家族が集まることが多いので、スタディスペースを作るのにピッタリ。ユーザーさんはどのようにリビングに取り入れているのでしょうか。


■リビングの一角に

撮影:YKEさん
撮影:YKEさん


こちらはYKEさんの息子さんが使うスタディカウンター。グレーの大きなドット柄の壁紙が、とてもキュートですね。かざり棚には、教科書のほかに北欧風の雑貨を並べています。かざり棚の下にライトを取り付けたので、机の上を広々使えるそう。くすみカラーのストッケのチェアが、スペースにピッタリですね。


■階段下収納の横に

撮影:rererereinaさん
撮影:rererereinaさん


rererereinaさんは、リビングにある階段下収納の横に、スタディスペースを配置。白でまとめたスペースに、モザイク柄のようなアクセントクロスが映えています。ノートパソコンとプリンターに電話の子機を置いただけの、とてもスッキリしたスペース。窓から外の景色も楽しめそうですね。


■階段下の床を下げて

撮影:natumeさん
撮影:natumeさん


アイアンの手すりと鉄骨階段が男前なnatumeさんのリビング。階段下の床を1段下げて、書斎とスタディスペースにしました。床を下げたおかげで、床から階段までの高さも確保でき、イスもゆったり置けそうです。階段下には、このような活用方法もあるのですね。



ダイニング・キッチンに

次はダイニングやキッチンにスタディスペースを作られた実例です。キッチンから子どもの様子をチェックしたり、家事の合間に家計簿を付けたりとダイニングやキッチンにスタディスペースを作ると何かと便利ですよ。ちょっと驚く場所にある実例にも注目です。


■ダイニングテーブル脇に

撮影:chikohiroさん
撮影:chikohiroさん


ダイニングテーブルのある壁際に、スタディカウンターを設置したchikohiroさん。2人のお子さんが並んで座れるよう、スツールを2つ置きました。ニトリのカラーボックスの中に、IKEAのトレイ付き収納を入れています。お子さんそれぞれの書類も、スッキリ整理できますね。


■下がり壁の奥に

撮影:mitsukiさん
撮影:mitsukiさん


mitsukiさんは、ダイニングテーブルの奥にパソコンコーナーを作りました。アーチ型の下がり壁で区切られていて、ナチュラルにまとめています。ほどよく「おこもり感」があり作業に集中できそう。ひと息ついたり、お気に入りの飲み物でリラックスしたりと、いつまでも座っていたくなる空間です。


■背面収納の中に

撮影:0224tさん
撮影:0224tさん


キッチンの背面収納の中にスタディスペースを作られた実例です。0224tさんが3歳の息子さんのために用意されたそう。棚板の高さや奥行きがちょうどよく、フレームにポスターを入れて飾ったり、デスクライトを置いたりと本格的です。キッチンに立っている間も、息子さんの様子がよくわかりますね。


■ダイニングのとなりに

撮影:gooskaさん
撮影:gooskaさん


ダイニングのとなりにスタディスペースを作ったgooskaさん。長いカウンターにお子さんと並んで座れるので、仕事のかたわら勉強を見てあげられるそうです。窓から差し込む陽の光で、明るくさわやかな雰囲気。勉強もお仕事もはかどりそうです。



階段の踊り場・スキップフロアに

階段の踊り場やスキップフロアなら限られた間取りを有効に活用できます。ユーザーさんの中には、階段の踊り場やスキップフロアをスタディスペースにされた方も。どの実例も、ほかの家族とほどよく距離を置きつつ気配も感じられる、そんな空間になっていますよ。


■リビング階段の踊り場に

撮影:uki-uki77さん
撮影:uki-uki77さん


uki-uki77さんは、リビング階段の踊り場を下の息子さんの学習スペースにしました。踊り場は十分に広く、息子さん2人が並んで座っても余裕があるそう。リビングからすぐの位置にあるので、家族がお互いに気配を感じられますね。宿題に工作と、時が経つのを忘れそうなほど居心地がよさそうです。


■青空のようなスキップフロアに

撮影:Riiさん
撮影:Riiさん


こちらはRiiさんのスキップフロアにあるスタディカウンター。太陽のようなブラケットライトの光がキラキラと反射して、とてもキレイですね。水色の壁紙が、まるで澄み渡る青空のようです。Riiさんはスタディカウンターを家事台として活用しているとのこと。三連窓から外の景色も楽しめそうですね。


■スリット状の柵で開放感も

撮影:akiさん
撮影:akiさん


中2階にお子さんのスタディスペースを作ったakiさん。こちらはリビングに面しているので、上からも下からもお互いに気配を感じられるそうです。スリット状の柵を取り入れたので、開放感がありますね。机はDIYしたもので、両端に置いた棚の上に、天板を切って乗せたそうです。

おうちの共用部分にスタディスペースがある実例をご紹介しました。作業中も家族の気配が感じられるスタディスペースは、作りつけのカウンターだけでなく市販のデスクでも作れるので、おうちを新築する予定がない人も参考にできますね。



執筆:ickarta

関連記事