「洗濯機まわりの生活感を飾るように隠せる、壁掛けタイプのコンセントカバー」 by m.mhさん

誰でも簡単にアレンジやプチDIYを楽しむことができる「10分でできる100均リメイク」連載。

今回はハンドメイドのアイデアを取り入れながら、ふんわり上品なフレンチナチュラルインテリアを楽しまれているm.mhさんに、気になる生活感をオシャレに隠す簡単レシピを教えていただきます。紹介していただくのは、コンセントカバー。壁に引っ掛けるタイプなので、市販のボックスなどで隠すのが難しい洗濯機まわりの壁配線隠しにおすすめです♪



目次 [開く]

教えてくれた人

m.mhさん

ハンドメイド好きな2児の母です。2匹のワンコも一緒に暮らしています。好きなインテリアはナチュラルテイストで、フレンチやカントリーも好きです。



必要なもの


■所要時間

5分


■購入する材料 計4アイテム 400円(税抜)

「洗濯機まわりの生活感を飾るように隠せる、壁掛けタイプのコンセントカバー」 by m.mhさんの2枚目の画像
ワイヤートレイ 約180×140×20mm(コンセントが隠れる大きさを選んでください)【Can Do(キャンドゥ) 売場:DIY材(スノコ、工具、フック等)】引き出し取手(つまみ)【Can Do(キャンドゥ) 売場:DIY材(スノコ、工具、フック等)】押しピン【Can Do(キャンドゥ) 売場:オフィス/文具】折れるプラグ(必要な場合のみ)【Can Do(キャンドゥ) 売場:家電】

■必要な道具

穴あけパンチペンチ

つくりかた


■STEP1

「洗濯機まわりの生活感を飾るように隠せる、壁掛けタイプのコンセントカバー」 by m.mhさんの3枚目の画像

まず、目隠しに使う紙や写真(今回は破いた洋書のページ)に穴あけパンチで穴をあけます。この穴に取手を通しますので、穴をあける位置は取手のサイズに合わせて印をつけておくと良いです。


■STEP2

「洗濯機まわりの生活感を飾るように隠せる、壁掛けタイプのコンセントカバー」 by m.mhさんの4枚目の画像

次に、ワイヤートレイに配線を通すための穴をつくっていきます。壁に掛けたとき、下になる部分に配線の位置とサイズに合わせた穴をペンチを使ってあけます。少し大きめでも問題ありません。


■STEP3

「洗濯機まわりの生活感を飾るように隠せる、壁掛けタイプのコンセントカバー」 by m.mhさんの5枚目の画像

STEP1の目隠し紙(洋書)とワイヤートレーを重ね、ボルトを外した取手で挟み、固定します。これで、カバー自体は完成です。


■STEP4

「洗濯機まわりの生活感を飾るように隠せる、壁掛けタイプのコンセントカバー」 by m.mhさんの6枚目の画像

カバーを掛けるために、押しピンを壁に2つ取り付けます。押しピンが使えない壁の場合は、貼り付けタイプのフックなどで代用可能です。できたら、ワイヤートレイにあけた穴に配線を通し、上部を押しピンに引っ掛けて完了です。


■STEP5



DIYなら隠すことも楽しめる

「洗濯機まわりの生活感を飾るように隠せる、壁掛けタイプのコンセントカバー」 by m.mhさんの7枚目の画像

パッと見た感じでは、素敵なウォールディスプレイですね。コンセントを隠しているという印象を与えないのがオシャレ♪目隠し部分を、様々なもので代用できるので季節や気分に合わせて取り換えてみるのも良いかもしれません。生活感が出やすく、普段は人目につかない『家事の現場』だからこそ、自分好みにアレンジしやすいはずです。ぜひ、m.mhさんのアイデアを参考に楽しみながら生活感をオフしてみてください。



ワンポイントアドバイス

ワイヤーが太めのタイプだと、ペンチでも切りにくいので、選ぶ際に気を付けてください。目隠しに使う紙や写真は、押しピンやコンセントをしっかり隠せるサイズがおススメです。押しピンやクリップは、自宅にあるものを使うことで材料費はもっとおさえられます。

執筆:RoomClip mag 編集部

関連記事