100均アイテムで使いやすさアップ☆わたし仕様の裁縫道具・裁縫箱

裁縫は好きでも、道具や収納箱はいまいち気に入ったものがない……。そんなことはありませんか?使いやすい道具や収納にしておくことで、やる気がわくもの。今回は100均のアイテムをプラスした、オリジナルの裁縫道具・裁縫箱をご紹介します。愛着がわくだけでなく、自分仕様にできるので作業の効率も上がりますよ。



目次

針山

縫い針や待ち針を刺しておくのが針山です。裁縫にかかせない針山は、手元に置くことが多いので、自分のお気に入りのものであればテンションが上がること間違いなし。サイズも小さくかわいらしいので、自分でつくるのにはぴったりですよ。


■100均のカップを使ってカップケーキ風

撮影:rinさん
撮影:rinさん


rinさんは、100均のカップを使っています。手持ちの針山が定番タイプのものだったため、カップにパンヤを詰めてオリジナルの針山をつくったそうです。カップケーキのようで、とても美味しそうな仕上がりに。rinさんが思わずオブジェとしてしまったのも納得です。


■セリアのピッチャーを活用する

撮影:megu_xxxさん
撮影:megu_xxxさん


こちらの針山は、megu_xxxさん作。セリアの小さなピッチャーに、市販のフェルトボールを入れています。買ったもののずっと使っていなかったピッチャーを活用したそう。ファスナー部分はmegu_xxxさんが刺繍したそうです。とてもかわいいアイデアですね。引き手を思わず引っ張りたくなります♪


■木製の器でコロンと愛らしい針山に

撮影:amipamaさん
撮影:amipamaさん


amipamaさんがつくったのは、コロンとした形が愛らしい針山です。こちらはダイソーの木製の器を土台にしたものだそう。中にはキャンドゥのフェルトボールをリメイクしたものを入れています。ウール100%なので針が錆びないそうです。見た目の愛らしさだけでなく、道具のこともきちんと考えているのが素敵ですね。



裁縫道具入れ

糸やボビン、針、糸きりばさみなど裁縫にはさまざまな道具が必要です。使う頻度や用途によっても収納の仕方は変わってきますよね。ボタンやワッペンを縫い付けるなど手縫いが多い方は、糸や縫い針などの一式がすぐに取り出せるようにしておくと便利です。


■粘土ケース+自作ラベルでわかりやすく

撮影:kanaさん
撮影:kanaさん


裁縫道具はサイズや形、量などにバラつきがあるため適した収納ケースを見つけるのも一苦労ですよね。kanaさんは、ダイソーの粘土ケースに自作のラベルを貼って、裁縫道具入れにしています。ラベルを貼ることで、何が入っているかすぐわかりますね。収納を粘土ケースで統一しているのも、すっきりとした印象です。


■タバコケースを使ったコンパクト収納

撮影:haru76さん
撮影:haru76さん


haru76さんは、針や糸などをセリアのタバコケースに収納しています。こちらは他のユーザーさんのアイデアを参考にしたそう。そこに押し花を貼ってワンポイントにしていますよ。haru76さんオリジナルのかわいらしい収納ケースができあがりました。この収納にしてから、必要なときに使いやすくなったそうですよ!


■リメイクシートを貼ったクッキー缶に

撮影:Mame_Maroonさん
撮影:Mame_Maroonさん


Mame_Maroonさんは、セリアやダイソーのリメイクシートを取り入れています。クッキーの缶にリメイクシートを貼って、裁ちばさみなどの裁縫道具入れにしているそうです。蓋には木目調を、中はレンガ調とリメイクシートをわけていますよ。クッキー缶なら丈夫で軽く、持ち運びにも便利そうです!



裁縫箱

裁縫に必要な道具をまとめて収納できるのが、裁縫箱です。持っている方は多いのではないでしょうか。さまざまな裁縫道具を収納するため、裁縫箱こそ使いやすさが重要です。裁縫箱をつくるのに、100均の木箱を利用している方も多いですよ。


■厚紙を仕切りにしてすっきり見やすく

撮影:bambooさん
撮影:bambooさん


セリアの木製トレイを裁縫箱にしたのはbambooさん。手持ちの厚紙で仕切りをつくり、中の裁縫道具が混ざらないように工夫しています。言われなければ気づかないほど、トレイと馴染んでいますね。お手ごろにつくれて、bambooさんも満足しているそう。シンプルで、とても使いやすそうな裁縫箱に仕上がっています♪


■オール100均でかわいさと実用性が叶う

撮影:Yukoさん
撮影:Yukoさん


かわいらしい雰囲気の裁縫箱をつくったのは、Yukoさんです。こちらはすべてダイソーのアイテムだそうですよ。持ち運びに便利な持ち手付きで、かわいさだけなく、実用性もばっちり。引き出しの上部には、針山やちょっとしたものを置けるため、机が散らばらずにすみそうです!


■ミニ標本箱で北欧風裁縫箱

撮影:kura_hiroさん
撮影:kura_hiroさん


kura_hiroさんは、キャンドゥのミニ標本箱を使って裁縫箱をつくっています。蓋つきの標本箱を使うのはナイスアイデア。見える部分は、コーヒーでペイントをしています。kura_hiroさんは、北欧風の裁縫箱に憧れていたそうですが、まさに北欧風のナチュラルであたたかみのある色合いがでています♪


■スリムタイプにして置き場所を自由に

撮影:shippoさん
撮影:shippoさん


shippoさんはセリアの木箱と家にあった端材を組み合わせて、好みの裁縫箱を完成させました。既製のものでは大きすぎると感じていたため、縦長にしてスリムに。置き場所に困ることがなくなったそうです。蓋を開けると見える内側部分には、かわいく見えるように布を貼っています。DIYの良さがつまった裁縫箱ですね♪

100均のアイテムを活用して、裁縫道具・裁縫箱をつくっているユーザーさんをご紹介しました。どのユーザーさんもとても工夫されていて、使い勝手が良さそうでしたね。ご紹介したアイデアを参考に、裁縫箱や道具を使いやすく工夫して、ぜひ裁縫を楽しんでください♪



執筆:puppy511

関連記事