忙しくても散らからない!すぐ片付けられるお部屋作りのコツ

忙しくて時間がないときほど、おうちの中はどんどん散らかってイライラしてしまうもの。さっと片付けをできるようにする工夫で、キレイなおうちにリセットしたいですね。そこでRoomClipのユーザーさん実例から、すぐ片付けられるお部屋作りのコツをまとめました。



目次

片付けの手間を減らす

余裕がないときには、面倒や手間が多いことには取り組みにくいものです。ボックスごと出し入れするなど、簡単に片付けられるような方法を取り入れてみましょう。まずは、片付けの手間を減らすコツについてのユーザーさん実例からご紹介します。


■ボックスごと出し入れする

撮影:maaさん
撮影:maaさん


maaさんは、キッズスペースを片付けやすさ重視で収納しています。ニトリのカラーボックス&専用ボックスで引出し式にし、オモチャを種類ごとに分けて入れるように。遊ぶときはボックスごと取り出し、片付けはポイポイッと入れて戻すだけと楽チンです。


■タッパーの種類を絞る

撮影:ki-さん
撮影:ki-さん


ki-さんは、キッチンのタッパーは2種類しか使わないように工夫しています。同じ種類でそろっていると、重ねて収納できるので片付けやすいのだそう。簡単にスッキリと収納できるので、かさばるタッパーを整理する面倒を解消できますね。


■厳選して見せる収納にする

撮影:sacchi-Hana.さん
撮影:sacchi-Hana.さん


片付けやすくするために、使用頻度の高いものは見せる収納にしているというsacchi-Hana.さんです。飾るものは厳選し、スッキリとして出し入れしやすいように。一つ一つの物が、それぞれワンアクションで取れるようになっています。


■お弁当箱をザックリ入れる

撮影:akimameさん
撮影:akimameさん


akimameさんは、毎日使うお弁当箱と水筒を片付けやすく収納しています。セリアのソフト素材の収納ケースに、ザックリ入れておくのがベストの方法だったとのこと。しょっちゅう使う物の片付けには、手間が少ない投げ込み収納がぴったりです。



片付ける場所を考えて

使った後に片付ける場所が離れていると、しまうのを後回しにしてしまう原因になりますね。使う場所に合わせて収納を作ることで、さっと片付けやすくすることができますよ。続いて、片付ける場所を考えるコツとなるユーザーさん実例をご紹介します。


■玄関にランドセルを置く

撮影:aliceさん
撮影:aliceさん


aliceさんは、玄関にランドセル置き場を作っています。IKEAのワゴンにランドセルや体操服を入れ、ダイソーのマグネットフックを付けて帽子や手さげ袋も掛けられるように。ディアウォールで作った壁で隠れるので、玄関の正面から見てもスッキリしています。


■アクセサリーを玄関に保管する

撮影:noriさん
撮影:noriさん


イヤリング&時計を鏡のある玄関でつけて、帰ってきたらすぐ外したいというnoriさん。片付けやすくするため、玄関にアクセサリーの収納場所を作っています。「自分や家族がそのモノを使う場所なら、そこが正解の収納場所」だそうですよ。


■脱衣所で干して片付ける

撮影:yukoさん
撮影:yukoさん


yukoさんは、脱衣所にお子さんの服の収納を置いています。洗濯物はここで部屋干しして、乾いたら中に片付けていくとのこと。上から下着や靴下、ハンカチ、次の段がトップス、3段目がボトムス、下段が軽めのアウターやパジャマが入っているそうです。



一目でわかりやすくする

片付けで意外と時間がかかるのが、何かを探したり迷ったりしてしまうことですね。ル一ルを決めておくなど、一目で把握できるような工夫をするのがおすすめです。次に、片付けをわかりやすくするコツについてのユーザーさん実例をご紹介します。


■靴下クリップをして洗う

撮影:rikoさん
撮影:rikoさん


rikoさんは、洗濯した靴下を片付けやすくするために一工夫。洗う前に、100均の靴下用洗濯クリップ「くつ下洗いの三兄弟」を付けてペアにしておいています。おかげで片付けるとき、靴下のペアを探す手間がなくなったとのことですよ。


■お菓子収納のルールを決める

撮影:Akubiさん
撮影:Akubiさん


お菓子の収納に工夫している、Akubiさんです。ニトリのBOXには兄弟でタグを色分けして付け、ワイヤーボックスにはみんなで食べる物、小分けになった残りなどは透明のストックバッグに。ルールがしっかり決められていると、片付けも楽ですね。


■絵でわかるラベルを貼る

撮影:shiratamaさん
撮影:shiratamaさん


shiratamaさんは、家族みんながわかりやすくなるように収納を見直しています。アイコンで大体わかるようにラベルを貼り、フタにも同じラベルをして迷子を防止。中には放り込むだけにして、簡単に片付けられるようにしています。

ユーザーさんたちは、お部屋をさっと片付きやすいようそれぞれ工夫をしていましたね。気が付かないようなアイデアがあって、感心してしまいました。ぜひ、みなさんのおうちにも取り入れてみてくださいね。



執筆:kuroneko

関連記事