「ガーランドを素材につくる、見た目も音色も涼しげなシェルモービル」 by m_teeさん

誰でも簡単にアレンジやプチDIYを楽しむことができる「10分でできる100均リメイク」連載。

今回は、素朴な風合いをすっきり味わうインテリアづくりをされているm_teeさんに、窓辺で夏をそっと彩るシェルモービルのレシピを教えていただきました。一見難しそうですが、シェルガーランドをリメイクすることで思いの外簡単につくれるそうです。涼しげで音色もとても美しく、ご家族からも好評とのこと♪さっそくチェックしていきましょう。



目次

教えてくれた人

m_teeさん

最近気になっている韓国インテリア。イメージに合うアイテムをプチプラでつくることはできないかと、100均パトロールをよくしています。セリアのウッドビーズが使い勝手が良く可愛くてハマってしまい、最近のハンドメイド作品にはウッドビーズを取り入れています!



必要なもの


■所要時間

10分


■購入する材料 計6アイテム 600円(税抜)

「ガーランドを素材につくる、見た目も音色も涼しげなシェルモービル」 by m_teeさんの2枚目の画像
カピスガーランド×3個【Can Do(キャンドゥ) 売場:季節品】木製丸棒2P(使用するのは1本)【Seria(セリア) 売場:DIY材(スノコ、工具、フック等)】ウッドビーズ【Seria(セリア) 売場:その他】テグス【Seria(セリア) 売場:その他】

■必要な道具

はさみのこぎり

つくりかた


■STEP1

まずはじめに、丸棒をのこぎりでお好みの長さに切ります。


■STEP2

「ガーランドを素材につくる、見た目も音色も涼しげなシェルモービル」 by m_teeさんの3枚目の画像

次に、カピスガーランドの貝殻をバラします。丸型と四角がありますが、お好みの順番・間隔でテグスを通していきます。もともと貝殻には穴があるので、通すだけで大丈夫です!通した際に写真の赤丸の部分のように、結ぶようにしていくと固定されます。この留め方は、バラす前の状態と同様なので、作業前にどのように固定されているかを覚えておくのがおすすめです。


■STEP3

「ガーランドを素材につくる、見た目も音色も涼しげなシェルモービル」 by m_teeさんの4枚目の画像

丸棒に、貝殻を通したテグスをくくりつけていきます。貝殻を通したパーツひとつひとつの長さや、くくり付けた際のパーツ同士の間隔などもお好みで調節してみてください。


■STEP4

「ガーランドを素材につくる、見た目も音色も涼しげなシェルモービル」 by m_teeさんの5枚目の画像

最後に吊るすための紐を棒に付けます。今回私は、マクラメ編みしたもの(作業時間には含まれていません)を使用していますが、100均で売っている麻紐でも可愛いと思います。



カタチを変えて、面白みをUPしよう!

「ガーランドを素材につくる、見た目も音色も涼しげなシェルモービル」 by m_teeさんの6枚目の画像

シェルガーランドはそっとインテリアに季節感を添えてくれますが、ひと手間加えてモービルにすると、雰囲気がさらに高まりますね♪風に揺れた時の表情や音色も味わいを増しそうです。木の丸棒や吊るす紐の風合いも素朴なマリンテイストで暑い時期にピッタリ。m_teeさんのアイデアを拝見していると、100均で集まる素材の豊富さを実感します。

100均にはものづくりの可能性があふれているのではないでしょうか。視点を変えてみると思わぬ発見があるかもしれません。ぜひ、m_teeさんのアイデアや100均パトロールを楽しむ姿勢もお手本に、好きなものを気軽に手に入れるプチDIYに挑戦してみてください。



ワンポイントアドバイス

棒にテグスをつけるとき、横のテグスとの間隔は狭い、もしくは貝殻が少し重なっている方がきれいな音が出ます。

執筆:RoomClip mag 編集部

関連記事