X'masがもっと待ち遠しくなる♡買っても作っても◎なアドベントカレンダー

19世紀初頭にドイツで始まったアドベントカレンダー。今では、日本でもさまざまなアドベントカレンダーが発売され、クリスマスまでのカウントダウンを楽しむアイテムとして人気です。ここでは、ユーザーさんが作ったり買ったりしたアドベントカレンダーや、アドベントカレンダーをもっと楽しむ方法をご紹介します。



目次

作って楽しいアドベントカレンダー

まずご紹介するのは、手作りアドベントカレンダーの実例です。RoomClipユーザーさんが作られていた、キラリとアイデアの光るアドベントカレンダーをピックアップしてみましたよ。今年のクリスマスに早速作ってみたくなるアドベントカレンダーの実例をご紹介します。


■ダイソーアイテムを活用して

撮影:kyonさん
撮影:kyonさん


モノトーンでまとめられたモダンな印象のアドベントカレンダーを紹介されていたのは、kyonさんです。使った材料はすべてダイソーのものだそう。お部屋に合ったデザインの材料を選んで、自分好みのアドベントカレンダーを作ってみたくなりますね。


■フレッシュグリーン×お子さんの絵

撮影:Yoshinarhythmさん
撮影:Yoshinarhythmさん


Yoshinarhythmさん宅のリビングで見つけたこちらのアドベントカレンダー。お子さんの可愛らしい絵が描かれた小袋に組み合わせていらっしゃったのは、フレッシュグリーンです。その時にしか描けないお子さんならではの絵と、フレッシュグリーンの香りに癒される、貴重なアドベントカレンダーです。


■まるでX'masの街並み♡

撮影:noaさん
撮影:noaさん


棚上に、まるでX'masの街並みのようなアドベントカレンダーをディスプレイされていたのは、noaさんです。こちらは、無料でダウンロードできるペーパークラフトを利用して作られたのだそう。大人っぽい仕上がりで、noaさん宅のホワイトインテリアにもマッチしています。


■スクエア型のアドベントカレンダー。実は…

撮影:Mayumiさん
撮影:Mayumiさん


Mayumiさんが手作りされたという、こちらのスクエア型のアドベントカレンダー。実はクッキーでできた食べられるアドベントカレンダーなんです。細部まで丁寧に描かれたアイシングがお見事!見て楽しい、食べて美味しい、とっても素敵なアドベントカレンダーです。



買っても楽しいアドベントカレンダー

続いてご紹介するのは、RoomClipユーザーさんが購入されていたアドベントカレンダーです。大人も子どももワクワクが止まらなくなりそうなアドベントカレンダーは、必見ですよ。今すぐチェックすべき、市販のアドベントカレンダーをご紹介します。


■ハルモニアのアドベントカレンダー

撮影:Tomihiroさん
撮影:Tomihiroさん


まるで海外のクリスマスのようなクリスマスディスプレイが並ぶTomihiroさん宅で見つけたのは、とっても可愛いお菓子の家のアドベントカレンダーです。360°どの角度から眺めても画になるこちらのアドベントカレンダー。1つあるだけで、一気にクリスマスらしい雰囲気を演出してくれそうです。


■LEGOのアドベントカレンダー

撮影:chiriさん
撮影:chiriさん


子どもだけでなく、大人にもファンの多いLEGO。そんなLEGOに、アドベントカレンダーがあることをご存知でしたか。chiriさんによると、1日1つずつマスを開けて中に入っているレゴを組み立て、道路が描かれている手前の部分にディスプレイしていくのだそう。子どもたちも大人も大喜びだそうですよ。


■全部開けると完成するのは…

撮影:petitesplumesさん
撮影:petitesplumesさん


とってもキュートなアドベントカレンダーを紹介されていたのは、petitesplumesさんです。1日目のところにブレスレットのベースとなるチェーンが入っていて、そのあとは1つずつパーツが入っているので、最終的には自分好みのブレスレットが作れるというもの。箱も上品でプレゼントにも喜ばれそうです♡



アドベントカレンダーをもっと楽しもう♡

最後にご紹介するのは、アドベントカレンダーをもっと楽しむ方法です。RoomClipユーザーさんの実例を見ていたら、プラスアルファの要素を入れることで、アドベントカレンダーはもっと楽しめそうですよ。カレンダー作りで余ったお菓子を最後まで楽しむ工夫もご覧ください。


■くじ引き形式

撮影:3Rさん
撮影:3Rさん


アドベントカレンダーをくじ引き式にして楽しまれていたのは、3Rさんです。毎日何が当たるかワクワクしながら、アドベントカレンダーをめくられているそうですよ。クリスマスのワクワクにお祭り要素がプラスされた、お子さんが喜ぶこと間違いなしなナイスアイデアです。


■中身にこだわる

撮影:sugomoliさん
撮影:sugomoliさん


アドベントカレンダー用にお菓子を用意されていたのは、sugomoliさんです。選ばれていたのは、定番なお菓子とはちょっと違う、外国っぽいお菓子たち。アドベントカレンダーのディスプレイとしてのデザインはもちろん、中身にもこだわることで、開ける楽しみがグンとアップしそうです。


■入りきらなかったお菓子は宝探しに♪

撮影:adamoさん
撮影:adamoさん


アドベントカレンダーを手作りした際に余ってしまったお菓子たち、そのまま普通に食べてしまってはもったいないですよ。adamoさん宅では、入りきらなかったお菓子を、宝探しにして楽しまれていました。ちょっとした遊び心を添えれば、クリスマスまでの期間をさらに充実させられそうですね。

みなさんは、アドベントカレンダーを手作りしますか、それとも購入されますか。ご紹介しただけでもさまざまなアドベントカレンダーがありましたね。ユーザーさんの実例を参考に、ぜひ素敵なアドベントカレンダーを見つけてクリスマスまでの期間を充実させてみてください。



執筆:ancoro

関連記事