石川県・山代温泉の「古総湯・総湯」で昔ながらの温泉を楽しもう!

石川県の温泉地・山代温泉には、明治時代の共同浴場「総湯」が復元されていて、実際に入浴できるんですよ。与謝野晶子や北大路魯山人などの文人墨客に愛され、戦国時代には明智光秀も湯治に訪れたと言われている名湯をご紹介しましょう。

目次 [開く]

「総湯」とはどんなところ?

山代温泉 古総湯

約1300年の歴史がある山代温泉は、温泉を中心に町が造られる「湯の曲輪(ゆのがわ)」という伝統的な造りが今に残る町です。かつて山代温泉のシンボルだった共同浴場「総湯」を再現したのが「古総湯・総湯」です。

「古総湯」で昔ながらの温泉体験をしよう

山代温泉 古総湯

「古総湯」は、明治時代の総湯を復元しています。外観には地元の古瓦や伝統的なこけら葺きを使用し、内装の床や壁には地元の作家による手書きの九谷焼タイルに、当時は最先端だったカラフルなステンドグラスを使用しています。美しいステンドグラスを見に行くだけでも価値がありますよ。

入浴方法も当時と同じく、かけ湯をして湯船に浸かるだけの“湯あみ”というシンプルなものです。浴場にはシャワーやカランの設備は無く、シャンプーや石鹸などの使用はできません。

山代温泉 古総湯

夜にはライトアップされて綺麗なので、ぜひ記念に写真に収めてみてくださいね。

■山代温泉 古総湯[住所] 石川県加賀市山代温泉18-128
[開館時間] 6:00~22:00
[休館日] 毎月第4水曜6:00~12:00(正午から通常営業)
[料金] 大人(12歳~)/500円、中人(6~11歳)/200円、小人(3~5歳)/100円
[電話番号] 0761-76-0144

隣接する「総湯」も合わせて楽しもう

温泉でシャンプーや石鹸が使えないのはちょっと…という方もご安心ください。古総湯と隣接する「総湯」には洗い場があるので、石鹸類を使用できますよ。使用したい場合は、備えつけではないので持参するか番台で購入してください。温泉はもちろん源泉かけ流しで、天窓のある開放的な浴場が特徴です。 古総湯と総湯の両方に入浴できるお得な共通券が販売されているので、利用してみてはいかがでしょうか。

◎古総湯・総湯共通
<料金>大人(12歳~)/700円、中人(6~11歳)/250円、小人(3~5歳)/120円

■山代温泉 総湯[住所] 石川県加賀市山代温泉万松園通2-1
[開館時間] 6:00~22:00(売店は7:00~20:00)
[休館日] 毎月第4水曜6:00~12:00(正午から通常営業)
[料金] 大人(12歳~)/420円、中人(6~11歳)/130円、小人(3~5歳)/50円
[電話番号] 0761-76-0144

湯上りにおすすめ「温泉玉子ソフトクリーム」

温泉玉子ソフトクリーム

温泉でぽかぽかに温まった後は、冷たいソフトクリームでひと息つくのはいかが? 総湯の売店では、温泉まんじゅうや温泉玉子などを販売しています。中でもおすすめは「温泉玉子ソフトクリーム」(1個350円)です。意外な組み合わせですが、とろりとした温泉玉子とソフトクリームの相性はバッチリです。よくかき混ぜると、カスタードクリームのような濃厚な味わいですよ。

山代温泉はコンパクトで周りやすく、レトロでかわいい温泉にスイーツも楽しめるので、そぞろ歩きにうってつけです。寒い冬こそ温泉に行きたい方におすすめですよ。

この記事は2017年12月12日に公開されたものを編集したものです。

関連記事

今、あなたにオススメ