いつ行っても可愛い♡人気が衰えない「ドミニクアンセルベーカリー」

ドミニクアンセルベーカリーと言えば、ニューヨークで大人気のお店。フォトジェニックスイーツの先駆けとしてスイーツ好きには言わずと知れたスポットです。数週間ごとに新作や限定のペイストが出るということもあり、頻繁に訪れる人多数!日本に上陸してから3年経っても人気が衰えない理由を探ってみました。

とにかくお店がおしゃれでかわいいドミニクアンセルベーカリー

フォトジェニックスイーツの先駆けとして、スイーツ好きには言わずと知れた「ドミニクアンセルベーカリー」。数週間ごとに新作や限定のペイストリーが出るので、何度でも訪れたいお店なんです。

いつ行っても可愛い♡人気が衰えない「ドミニクアンセルベーカリー」の2枚目の画像

表参道から1本中に入った道を歩くと、すぐに発見できる黄色の外観。10時のオープンと共に、友達同士、カップル、一人で朝ごはんを食べる人で、早速混み始めました!最近では海外からの取材も多いのだとか。

いつ行っても可愛い♡人気が衰えない「ドミニクアンセルベーカリー」の3枚目の画像

店内は2階立ての広々した店内。テイクアウトもできますが、おしゃれな店内でひと休みするのがおすすめです。

いつ行っても可愛い♡人気が衰えない「ドミニクアンセルベーカリー」の4枚目の画像

店内に入った瞬間、カラフルなお菓子やケーキ、ベーカリーがたくさん並んでいて誘惑の嵐!あれもこれも食べたくなってしまいます。


すべてお店で手作り!定番スイーツはマストオーダー

いつ行っても可愛い♡人気が衰えない「ドミニクアンセルベーカリー」の5枚目の画像

フローズン スモア™ 770円

ドミニクアンセルベーカリーと言えば、クロナッツやドミニクのクイニーアマン(DKA)、クッキーショット™など、有名なスイーツがたくさんありますよね。そして、中でもインスタグラムでよく見かけるのがフローズンスモア™!木の枝に刺さったマシュマロはバーナーでこんがりと焼き色をつけてくれるのですが、なんとも食欲そそります。

いつ行っても可愛い♡人気が衰えない「ドミニクアンセルベーカリー」の1枚目の画像

熱々のマシュマロをひと口かじると、バニラアイスとチョコクランチの登場!夏にも冬にも食べたくなる究極のスイーツですね。また、こちらのお店ではマシュマロからアイスまですべてが手作り。特にフローズンスモアのマシュマロはハチミツ風味の優しい甘さでもっちりしているのも特徴です。

いつ行っても可愛い♡人気が衰えない「ドミニクアンセルベーカリー」の6枚目の画像

そして今回一緒に頼んだのが写真を撮らずにはいられない「花咲くホットチョコレート」!自家製ホットチョコレートとは別にお皿に乗った白いお花が登場。こちらをホットチョコレートの上のせると…

いつ行っても可愛い♡人気が衰えない「ドミニクアンセルベーカリー」の7枚目の画像

花咲くホットチョコレート 800円

まるでお花が咲いたように開くのです。上にのっているお花の正体は薄く伸ばしたマシュマロ。ホットチョコレートはビターな味わいになっていて、マシュマロが溶けてきたころに、ちょうど良い甘さになるように計算されているそうです♪


日本オリジナルも!美しすぎるケーキ

いつ行っても可愛い♡人気が衰えない「ドミニクアンセルベーカリー」の8枚目の画像

ショーケースにずらりと並ぶケーキの美しさに驚くはず。どれも見た目が繊細で選ぶのもひと苦労です。

いつ行っても可愛い♡人気が衰えない「ドミニクアンセルベーカリー」の9枚目の画像

パリス トーキョー 725円

そんな中でも絶対に食べてみてほしいのが「PARIS-TOKYO(パリス トーキョー)」という名の日本オリジナルのパリブレスト!

いつ行っても可愛い♡人気が衰えない「ドミニクアンセルベーカリー」の10枚目の画像

見てください、このボリューム!お店の名前にもなっているパティシエ、ドミニク・アンセルさん、実はパリ出身の方なのです。そんな故郷のパリと日本を繋ぐケーキとして、開発されたのがパリス トウキョウ。

いつ行っても可愛い♡人気が衰えない「ドミニクアンセルベーカリー」の11枚目の画像

抹茶ガナッシュとバニラガナッシュがたっぷり挟まっていて、食べ進めていくと、パッションフルーツのジャムの風味が爽やかさをプラスしてくれます。日本を代表するケーキ、パリストーキョー、ぜひ試してほしいです!


限定モノはこまめにチェックしよう

いつ行っても可愛い♡人気が衰えない「ドミニクアンセルベーカリー」の12枚目の画像

クロナッツ®︎ 600円

そして、ここへ来るとやっぱり食べたくなるクロナッツ®︎!クロワッサンとドーナツを組み合わせたというハイブリッドスイーツは、毎月変わるフレーバーが大人気!取材に伺った時期は「巨峰シソ バニラ」でした。訪れる度に、「次はどんなフレーバーかな」という楽しみにもなりますね。

いつ行っても可愛い♡人気が衰えない「ドミニクアンセルベーカリー」の13枚目の画像

ベーカリーは、本国と同じものも多く用意されています。ベーカリーとコーヒーをさくっと食べて帰る人もいれば、店内でケーキを食べた後に、ベーカリーをお土産に持ち帰る光景もよく見かけました。

ここへ来たら、気分はニューヨーカー!コンスタントに変わるメニューにも注目してみてくださいね♪


Information

DOMINIQUE ANSEL BAKERY at Omotesando(ドミニクアンセルベーカリー オモテサンドウ)
〒151-0001 東京都渋谷区神宮前5-7-14 

※価格はすべて税抜きです

関連記事

今、あなたにオススメ