レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!

レトロムード高まる秋は、アンサンブルを使ったコーデに挑戦してみませんか?コンサバなイメージの強いアンサンブルですが、この秋はカジュアルコーデに取り入れるのが気分♡しかも、単品でも使えちゃうからコスパ抜群。秋コーデに投入しない手はありません!

目次 [開く]

この秋はアンサンブルが気になります!

無難なコンサバ服というイメージが強いアンサンブルですが、2018秋はそのレトロな雰囲気が注目を集めているんです。

レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!の1枚目の画像

出典: WEAR

特に要チェックなのが、ニットとカーディガンがセットになった「ツインニット」とも呼ばれるアンサンブルニット。着こなし方次第では、古き良き時代のフランス映画のヒロインのように、カジュアルだけれど上品な着こなしが楽しめちゃうんですよ♡おまけにセットづかいも単品づかいもできるから、着こなしの幅だって一気に広がります。

この秋は、NOTコンサバさんもぜひアンサンブルをコーデに取り入れてみて!


レトロ感が新しい!

レトロな着こなしがトレンドの2018秋。アンサンブルのクラシカルなたたずまいが、逆に何だかキャッチーに感じます。かといって、膝丈のふんわりスカートでコンサバに着こなすのはいただけません。あくまでも目指すのは、カジュアルシック。キメ過ぎずラフ過ぎない、絶妙なバランスをキープするのがポイントですよ。

レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!の2枚目の画像

出典: WEAR

ビビッドな赤は、デニムのブルーと好相性。アンサンブルのレトロさを満喫したいなら、マキシ丈のフレアスカートでちょっぴり女っぽく着こなしてみて。切りっぱなしになった裾のデザインが、程よいアクセントになってくれますよ。

レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!の3枚目の画像

出典: ZOZOTOWN

ハイウエストのセンタープレスパンツには、半袖のニットだけをINして脚を長く見せる着こなしに。セットのカーディガンを羽織ることで、気になるウエスト周りをさりげなくカバーできるのが嬉しいところ。シックなブラックとコクのあるキャメルの配色が、秋らしさをグンと盛り上げてくれますね。

レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!の4枚目の画像

出典: ZOZOTOWN

プラムのようにこっくりとしたパープルのアンサンブルは、キャミソールニットと深めに開いたVネックのカーディガンの組み合わせがとってもフェミニン。ロマンティックな小花柄のスカートを合わせるなら、くすみカラーやダークカラーの長め丈をチョイスして甘さを抑えて。足もとはマニッシュなローファーでゴツめに仕上げれば完璧です♪


肩掛けでこなれ見え

かっちりとしたジャケットでも、さらりと肩掛けするとリラックス感のある着こなしに見違えますよね。同様に、アンサンブルのカーディガンも袖に腕を通さず肩掛けして着てみましょう。アンサンブルの上品さはそのままに、こなれた雰囲気を演出することができちゃうんですよ♡

レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!の5枚目の画像

出典: WEAR

まだ暑さの残る時期はフレンチスリーブのニットにカーディガンを肩掛けして、秋らしさを薫らせつつ涼しく過ごしたいもの。チノパンにスニーカーを合わせたカジュアルコーデを、きちんと見えするネイビーのアンサンブルが大人の余裕を感じさせる着こなしにクラスアップしてくれます。

レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!の6枚目の画像

出典: WEAR

インナーのニットはコンパクトなサイズのものが多いから、キャミワンピをレイヤードしてもスッキリと着こなせます。その上からカーディガンを肩掛けすることで、セットアイテムならではの上品さにこなれ感をプラス。淡いベージュのアンサンブルは、ニットという素材もあいまって女性らしいやわらかさも添えてくれますね。

レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!の7枚目の画像

出典: WEAR

ピンクのアンサンブルに深いボルドーの花柄スカートを合わせた華やかな着こなしは、スカートの裾からのぞかせたブラウンのブーツで甘さと辛さのバランスを調節してみて。カーディガンを肩掛けすると落ちてきたり、ずれてしまう…というときは、一番上のボタンをとめてしまうのもひとつの手。小さなことですが、それだけでかなりストレスが軽減されます♪

レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!の8枚目の画像
出典: WEAR

ボタンをとめたカーディガンを肩に掛けて袖を結んでみると、また違った表情に。きっちり結ばず無造作に結ぶくらいが、USED風のブラックデニムと合わせるならちょうどいいかも。クラシカルだけれどラフさもある、遊び心の効いた着こなしが完成しますよ。


単品づかいも◎

セットで着るとレトロさが増すアンサンブルですが、それぞれを単品づかいするのももちろんOK!インナーのニットを1枚で着たり、カーディガンをいつもの着こなしにプラスしたりと何かと重宝すること間違いありません。1セットで何通りもの着こなしが楽しめるなんて、アンサンブルってコスパ抜群のアイテムかも♪

レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!の9枚目の画像

出典: WEAR

残暑のころはもちろん、暖房の効いた屋内でも意外な活躍を見せるのがニットの単品づかい。暑さを感じたときにさっとカーディガンを脱いだとしても、アンサンブルならコーデのイメージを大きく損なわないのが嬉しいポイント。トレンチスカートに合わせた鮮やかな朱赤の半袖ニットは、タートルネックのデザインがクラシカルなムードをいっそう際立たせてくれますね。

レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!の10枚目の画像

出典: ZOZOTOWN

インナーのニットはコンパクトなサイジングのものが多いから、ジャケットの中に着るのにも最適なんです。シャツを合わせると生真面目になりがちなセットアップコーデも、軽快に仕上げることができますよ。ベルト代わりにレザータイプのウエストポーチを巻いて、よりアクティブに!

レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!の11枚目の画像

出典: WEAR

スリット入りのニットパンツを使ったベージュの単色コーデに、アンサンブルのカーディガンをさっと羽織って。トレンドカラーでもあるパープルのおかげで、着こなしの旬度がグンと上がります。カーディガンは羽織るほかに、肩掛けしたり巻いたりと色を差す小物としても使えますね。


小物で華やぎをプラス

プレーンなニットとカーディガンの超ベーシックなアイテムだからこそ、アンサンブルは小物でのアレンジがひときわ映えます。特に季節感を盛り上げてくれるファーアイテムや、レトロムードが加速するスカーフはアンサンブルと相性抜群だから、ぜひコーデに取り入れてみて。

レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!の12枚目の画像

出典: WEAR

細かなラメがきらめくブラウンのアンサンブルは、シャープなVネックが女っぷりを上げてくれます。アンクル丈のテーパードパンツにボルドーのポインテッドトゥパンプスを合わせたら、レザーバッグからレオパード柄のファーストールをのぞかせて辛口なレディスタイルを完成させちゃいましょ。

レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!の13枚目の画像

出典: WEAR

クルーネックの半袖ニットとVネックのカーディガンがセットになったアンサンブルの襟もとにヴィンテージ風のスカーフをキュッと巻いて、ワイドデニムコーデをレトロに味付け。フラットなバレエシューズを合わせて、小粋なパリジェンヌを気取ってみるのはいかが?

レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!の14枚目の画像

出典: WEAR

黒のアンサンブルにこっくりとしたキャメルのタイトスカートを合わせたシックな着こなしに、今度はスカーフをヘアターバンのように巻くことでエスニックテイストをプラス。小物を使って様々なアレンジが楽しめるのも、ベーシックなアンサンブルならではですね。


アンサンブルを秋コーデに取り入れて♡

レトロにキメたい秋。NOTコンサバなアンサンブルコーデ…アリかも!の15枚目の画像
出典: ZOZOTOWN

秋のレトロコーデにもってこいのアンサンブルは、1セットで何通りもの着こなしが楽しめる優秀アイテム。この秋はぜひあなたもアンサンブルをワードローブに投入して、クラシカルなおしゃれを満喫しちゃいましょう♪

関連記事