一手間で見違える♡きれいな眉毛になれる《眉メイクのプチテクニック》

形や色次第で印象が変わる眉毛。メイクに関しても他のパーツに比べて苦手と感じている人が多いですよね。そんな苦手意識を少しでもなくしてほしい!…ということで、今回は明日からすぐに実践できる眉メイクのプチテクニックを伝授しちゃいます!ほんの一手間で見違えるので、気になるテクを真似してみて♡

目次 [開く]

ほんの一手間で印象アップ!眉メイクのプチテクニック

一手間で見違える♡きれいな眉毛になれる《眉メイクのプチテクニック》の1枚目の画像

苦手と感じている人が多い眉メイク。「トレンド眉を作るには…」なんて記事をよく見かけるけど、みんなが本当に求めてるのはすぐに実践できるテクなんじゃない?…ということで、今回は仕上がりが見違える眉メイクの小技をご紹介。できそうなものから早速真似してみて!


テク①ムダ毛はコンシーラーでカバーする

一手間で見違える♡きれいな眉毛になれる《眉メイクのプチテクニック》の2枚目の画像

ムダ毛を処理する時間がなかったり、短すぎてきれいに処理できないと思った時には、コンシーラーを上から重ねて隠してしまうのが得策。短い毛は上からコンシーラーをダイレクトにのせて、トントントン…となじませて完了。伸びかけの毛はスクリューブラシにコンシーラーを少量とって、なぞるように全体をカバーするときれいに仕上がります!


テク②まろ眉はパウダーで挟んで回避

一手間で見違える♡きれいな眉毛になれる《眉メイクのプチテクニック》の3枚目の画像

汗をかきやすい春~夏は眉メイクが落ちてしまうことも…。まろ眉を回避する方法としておすすめなのが、パウダーで挟むテク。眉を仕上げた後にもう一度パウダーを重ねることで前髪ともこすれにくくなり、皮脂によるヨレも最小限に留めることができるんです!


テク③コンシーラーで全体を囲んで存在感をアップ

一手間で見違える♡きれいな眉毛になれる《眉メイクのプチテクニック》の4枚目の画像

くっきりと印象的な眉毛に仕上げたい時は、コンシーラーで眉全体を囲んでみて。

一手間で見違える♡きれいな眉毛になれる《眉メイクのプチテクニック》の5枚目の画像

輪郭がくっきりとすることで、眉の美人度がアップ。柔らかで女性らしい雰囲気から、凛とした上品な雰囲気へと変化します。キリリと気持ちを引き締めたい時や、きれいめに仕上げたい時におすすめ!


テク④眉山下にハイライトを入れて立体眉を演出

一手間で見違える♡きれいな眉毛になれる《眉メイクのプチテクニック》の6枚目の画像

メリハリがある立体眉に仕上げたい時は、眉下を中心にハイライトをON。アイシャドウの存在が消えない程度に、ほんのりパールをプラスします。

一手間で見違える♡きれいな眉毛になれる《眉メイクのプチテクニック》の7枚目の画像

ハイライトを塗った部分だけ高く見えますよね?光を味方につけることで、眉や目元の彫り感がアップ!これだけでグッと大人っぽい表情に仕上がるんです。


テク⑤クリアマスカラでツヤを足せばこなれ眉に

一手間で見違える♡きれいな眉毛になれる《眉メイクのプチテクニック》の8枚目の画像

目元に使うクリアマスカラを眉毛に塗るという小技も…!塗る時は毛流れと反対方向に立ち上げた後、毛流れに沿って形を整えます。

一手間で見違える♡きれいな眉毛になれる《眉メイクのプチテクニック》の9枚目の画像

濡れ感たっぷりのクールな眉は、顔全体のおしゃれ度をグッと引き上げてくれますよ。無造作でラフな感じも今っぽ!眉毛1本1本を濃く見せることができるので、猫っ毛さんにもおすすめ。眉頭を立てることで、よりトレンド感のある位上がりになりますよ。


テク⑥THE描きました感はスクリューブラシでカバー

一手間で見違える♡きれいな眉毛になれる《眉メイクのプチテクニック》の10枚目の画像

ナチュ眉がブームの今、”THE描いてます感”はNG。「ふんわり仕上げるのが苦手」という人は、描いた後にスクリューブラシでぼかしてあげましょう。毛流れに沿ってとかすだけなので、テクは一切不要。使っていない人も多そうだけど、実はかなり優秀なツールなんです!

一手間で見違える♡きれいな眉毛になれる《眉メイクのプチテクニック》の11枚目の画像

ぼかす前と比べてみるとこのとおり!特に意識すべきは眉頭部分。ここをしっかりぼかすことで、自眉っぽいナチュラルな仕上がりになるんです。


テク⑦パウダーはアイシャドウブラシを使えば描きやすい

一手間で見違える♡きれいな眉毛になれる《眉メイクのプチテクニック》の12枚目の画像

苦手と感じる人が多いアイブロウパウダー。実はブラシを付属のものから、長さのあるアイシャドウブラシに変えることで描き心地が格段にアップ!

短いブラシだと安定しにくくどうしても力が入りやすいんですが、長さがあると程よく力が抜けて、ふんわりと柔らかく仕上げることができるんです。しかも付属のブラシより太めだから、一気に描くことができちゃう!パウダーに苦手意識を持っている人は、ぜひ試してみて。


テク⑧苦手な方から描くことで対象眉に

一手間で見違える♡きれいな眉毛になれる《眉メイクのプチテクニック》の13枚目の画像

眉は苦手と感じる方から描きはじめるのがお約束。右をちょっと描いたら左とちょっと描いて…と描きたす方法は、いつまでも左右均等にならず、手間も時間もかかるのでNG。苦手な方の眉がある程度満足する状態になったら、それに合わせて得意な方の眉を描くのが得策です!


ちょっとしたテクで眉毛が見違えるんです!

一手間で見違える♡きれいな眉毛になれる《眉メイクのプチテクニック》の14枚目の画像

ほんのちょっとのテクで眉の仕上がりがガラリと変わるので、明日のメイクから早速実践してみてくださいね。

関連記事

今、あなたにオススメ