サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!

サラッと羽織れるロング丈カーディガンは、秋コーデのお役立ちアイテム。暑さの残る秋の初めは気軽に使える薄手タイプを、冬が近づく晩秋の頃はたっぷりとボリュームのあるものを…と、季節の移り変わりに応じてロング丈カーディガンも賢く使い分けてみて♡

目次 [開く]

ロング丈カーディガンが秋コーデに使えます!

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の1枚目の画像

出典: WEAR

肌寒いときにサラッと羽織れるロング丈のカーディガン。朝晩は冷えるのに日中は暑いなど、気温差の大きい秋は特に重宝しますよね。ただ、一口にロングカーディガンと言っても生地の厚みによって着こなし方が変わってくるもの。

そこで、秋初めに役立つ薄手のものから「コート!?」という肉厚のものまで、この秋マストのロング丈カーディガンを使った着こなしを全部まとめてチェックしちゃいましょう!


気軽に羽織れるハイゲージ

ハイゲージニットは、一般的に薄手の仕上がり。でも目が詰まっているので、意外に暖かいんです。シンプルで編み目が目立たないから、肌寒いときにさっと羽織っても元のコーデを邪魔しないのが嬉しいところ。気温が予測しにくい秋初め、気軽に着脱できるハイゲージのロング丈カーディガンは大活躍間違いナシですよ。

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の2枚目の画像
出典: WEAR

ボーダートップス×黒スキニーのシンプルコーデに、ブラウンのカーディガンをさらりと羽織って。薄手のハイゲージニットだから、たっぷりとしたロング丈でも暑苦しくなく軽やかにまとえます。秋の初めは、夏コーデに秋色のロング丈カーディガンで季節感をプラスするのもアリですね。

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の3枚目の画像

出典: WEAR

カジュアルなワッフル地のロンTですが、Vネックならきれい目な印象。ブラウンベースのチェック柄プリーツスカートでトラッドに寄せた着こなしには、品よく羽織れるハイゲージニットカーデがちょうどいい感じ♡色は優しいベージュを選んで、まろやかなグラデコーデを完成させちゃいましょ。


リブニットで縦ラインを強調

ストライプのように筋が入ったリブニットは、縦ラインを強調できるロング丈カーディガンの中でも特に着痩せ効果が高まります。伸縮性のある生地なので身体の線を拾いやすいという心配もありますが、前を開けて羽織れるカーディガンならその点もクリアできそう♪

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の4枚目の画像
出典: ZOZOTOWN

しっかりとワイドリブが効いたカーディガンは、地面に着きそうなスーパーロング丈をチョイス。もっさりと太見えしがちなデニムサロペットも、縦のラインをアピールすることでシャープに着こなすことができますよ。

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の5枚目の画像

出典: ZOZOTOWN

すとんとしたIシルエットになるタイトスカートとのコンビなら、ベルトでウエストマークしてメリハリを出すのもおすすめ。胸もとに大きなV字をつくってインナーをのぞかせれば、上半身をいっそうスッキリ見せられますね。

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の6枚目の画像

出典: WEAR

白いレースタンクとワイドスリーブがかわいいロングカーデを使った着こなしも、立体感のあるリブ編みのおかげで単調になることはありません。プレーンなデニムを合わせて、もこもこのファーバッグにレオパード柄のバレエシューズなどキュートな小物を際だたせるのもGOOD!


カジュアルに羽織りたいざっくりカーデ

ざっくりと編み目の大きなニットは、ボリュームたっぷりでカジュアルな印象。ケーブル編みやワッフル編みなど特徴のある編み方のものも多いから、ロング丈カーディガンで取り入れるならシンプルな着こなしに合わせるのがおすすめ。ゆるっと羽織るだけで、一気にイマっぽいシルエットが叶っちゃいます!

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の7枚目の画像

出典: WEAR

ざっくりとしたケーブル編みのカーディガンは、2018秋も大人気♡ボリュームたっぷりだから、ロングカーデでも長すぎない丈感のものをスキニーデニムでスッキリと着こなして。足の甲を見せて、足もとに抜けをつくるのもポイントですね。

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の8枚目の画像

出典: WEAR

たぽ袖がハートをくすぐるワッフル編みのロング丈カーディガンで、2018秋注目パープルを取り入れて。ベージュのワンピースにオフホワイトのパンツをレイヤードしたゆるずるコーデにがばっと羽織れば、お手軽に旬の着こなしが楽しめちゃうんです♪

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の9枚目の画像

出典: ZOZOTOWN

編みこみ模様やころんとした大きめのボタンが、ほっこりノスタルジックなカウチンロングカーデ。油断すると幼く見えがちなアイテムだから、やわらかなベージュのワントーンコーデになじませて、しっとりと着こなすのが正解です。


ふわもこカーデで大人のかわいらしさを

シャギーやブークレーなど、ふわふわもこもことした生地のロング丈カーディガンで、ちょっぴりかわいく攻めてみるのはいかが?かといってスウィートすぎるのはいただけないから、カジュアルな着こなしに合わせたり、シックなカラーをチョイスしたりと甘さの調節がマスト。手ざわり抜群のふわもこカーデが、あなたをとびきりキュートに見せてくれますよ♡

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の10枚目の画像

出典: WEAR

ふわふわと毛足の長いシャギー素材のロング丈カーディガンは、やわらかなベージュなのもあいまって、まるでテディベアのような愛らしさ。だからこそ、甘さをセーブするのが重要ポイント。たとえば、いつものボーダーTとデニムをベレー帽とバレエシューズでほんのりフレンチテイストに仕立てたコーデに羽織ってみるのはどう?

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の11枚目の画像
出典: ZOZOTOWN

カーデの上からきゅっとベルトでウエストマークすることで、ループ状の毛糸がぽこぽことボリューミーなブークレーニットでもメリハリが出てスッキリ見えが叶います。黒やネイビー、そしてグレーと抑えた色づかいに徹すれば、甘くなりがちな花柄スカート×ふわもこカーデもシックに着こなせますね。

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の12枚目の画像

出典: WEAR

艶やかなファーが袖にあしらわれた黒のロング丈カーディガンは、とびきりドラマティック。部分的なファーづかいだから、着膨れが気になることもありません。赤みパープルのハイネックニットとグレージュのワイドパンツにさらりとまとって、クラス感のあるレディカジュアルを満喫しちゃいましょう♪


コート要らず!?ボリューミーな肉厚ロングカーデ

極太の毛糸で編まれているなど、厚みのあるロング丈カーディガンは、もはやコートのようなポジション。冬も近づき風が冷たくなった晩秋の頃だって、身体を優しく包んで寒さからしっかりガードしてくれます。ちょっぴり寒いけれどコートを着込む気分じゃないときは、こんな肉厚のロングカーデを羽織って軽やかにお出かけしちゃいませんか?

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の13枚目の画像

出典: WEAR

極太の毛糸を丁寧に編んだハンドニットのちょいロング丈カーディガンは、まさにコート要らずの暖かさ。ワイドパンツに合わせてゆるずるっと着こなすなら、膝裏に届くぐらいの長さがバランスよく着こなせそう♡

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の14枚目の画像

出典: WEAR

保温性抜群のアルパカ混の生地を、ボリュームたっぷりのシルエットに仕立てたロング丈カーディガン。パープルのストライプシャツやシルバーグレーのテーパードデニムでつくったきれい目コーデに、前立てから伸びた大きなフードが程よいカジュアルさを演出してくれますね。

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の15枚目の画像

出典: ZOZOTOWN

目の詰まったブークレーニットとファーを使ったロング丈カーディガンは、袖コンシャスなトップスも余裕で着こめるワイドスリーブが魅力。ボリューミーなオーバーシルエットですが、ノーカラーなのでデコルテがスッキリ見えるのも嬉しいところ。ちょっぴり抜き襟気味にゆるっと着こなすと、こなれ感もグンとUPしますね。


秋のおしゃれにロングカーデを活躍させて♡

サラッと羽織れるのが魅力。この秋もロング丈カーディガンがマストです!の16枚目の画像
出典: ZOZOTOWN

秋コーデに欠かせないロング丈のカーディガン。生地の厚みによって羽織るのにベストな時期も変わってくるから、ぜひ賢く使い分けてくださいね。

関連記事

今、あなたにオススメ