喜怒哀楽が分かりやすいかも?【スイーツを食べた後の行動】で分かる!あなたの“感情表現の豊かさ”は?

あなたは喜怒哀楽がハッキリとしているタイプですか?今回はカンタンな心理テストで、あなたの「感情表現の豊かさ」をチェックしていきます。自分について深く知りたいと思っている人は、ぜひチェックしてみてください。Q.あなたはひとりでカフェに入り、おいしいスイーツを食べました。あなたはそのあとどう行動しますか

あなたは喜怒哀楽がハッキリとしているタイプですか?今回はカンタンな心理テストで、あなたの「感情表現の豊かさ」をチェックしていきます。自分について深く知りたいと思っている人は、ぜひチェックしてみてください。



目次

Q.あなたはひとりでカフェに入り、おいしいスイーツを食べました。あなたはそのあとどう行動しますか?次の4つから直感で選んでください。


A.またひとりで食べにくる
B.次は友達を連れて食べにくる
C.店員さんに「おいしかった」という
D.即座にSNSにアップする

A:またひとりで食べにくる


あなたはあまり喜怒哀楽を出さないタイプのようです。
冷静沈着で、ひとりタイムを満喫することが多いのではありませんか?

感情を表に出すよりも、自分の中でかみしめる方がしっくりと来ているのかもしれませんね。

B:次は友達を連れて食べにくる


あなたは適度に感情を出していくタイプなのではありませんか?
ただ、感情が爆発することはなく、コントロールするのが上手なようです。

むやみに感情をむき出しにすることがなく、共感や親近感を深めるために必要な感情表現がありのままでできているので、安定していると思われているかもしれません。

C:店員さんに「おいしかった」という


あなたは感情を積極的に表に出していくタイプのようです。
サービス精神にもあふれていて、人懐っこいと思われているようです。

うれしいことや楽しいことがあると、自分の中に留めておくことができなくなるのではありませんか?
周りの人には、「分かりやすい人」と思われているかもしれません。

D:即座にSNSにアップする


あなたは感情を表に出していきたいと思っているタイプのようです。
目立ちたがり屋で、かまってちゃん気質なところはありませんか?

率直な感想を述べたり、情報を発信したりするのが得意なので、周りの人たちに影響力がありそうです。

あなたは喜怒哀楽がハッキリとしているタイプでしたか?


今回の結果を参考に、魅力的な感情表現をしてみてくださいね。

関連記事