深夜…アパートで聞こえる『赤ちゃんの泣き声』に違和感。隣人「赤ちゃんはいませんよ…?」⇒引越しのため荷物をまとめていると…”恐怖の声”にゾッ

皆さんは、隣人とトラブルになった経験はありますか? 今回は「ご近所トラブル」にまつわる物語を紹介します。


イラスト:エトラちゃんは見た!

目次

『騒音にうるさい隣人』


妊娠中の妻と、アパートに引越してきた主人公。
しかしある日、隣人が「子どもが生まれたらうるさくなる。今のうちに出て行ってくれ」と言ってきたのです。

主人公が拒否すると、隣人は顔を合わせるたびに文句を言うようになりました。
さらに隣人が大家に「主人公夫婦を追い出してほしい」と言っているところを見た主人公。

そのとき隣人は「いっそ赤ん坊が生まれないなら助かる」とひどい発言をしたのです。
その発言を聞いた主人公は、反撃を決意。

そしてある日の夜、部屋で赤ん坊の泣き声の音声を流しました。
すると隣人が「うるさい」と文句を言いにきたのですが…。

主人公に「赤ん坊なんていませんよ。妻もストレスのせいであんなことになって…」と言われ、絶句。
それから毎晩聞こえる赤ん坊の声に、隣人は怯えてしまい…。

呪われる…


深夜…アパートで聞こえる『赤ちゃんの泣き声』に違和感。隣人「赤ちゃんはいませんよ…?」⇒引越しのため荷物をまとめていると…”恐怖の声”にゾッの1枚目の画像

出典:エトラちゃんは見た!
「こんな不気味なアパートいられない…」と、慌てて荷物をまとめ始めました。
引越しを決めた隣人が家を出て行こうとすると、玄関でも赤ん坊の泣き声が聞こえ…。

ゾッとした隣人は、逃げるようにアパートを飛び出していったのでした。

反撃に成功


生まれてもいない子どものことで、家を追い出されそうになった主人公。
隣人の言動にうんざりして、反撃したエピソードでした。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。
※こちらのお話は体験談をもとに作成しています。

(lamire編集部)

関連記事