もしかして好かれてる?男性が女友達を異性として意識する瞬間4つ

ただの友達だった女性のことを、突然異性として意識する男性は珍しくありません。

もしかしたら、長い間友達として仲良くしていた男性が、あなたのことを好きになっているケースもあるのです。

男性は、どういったきっかけで女友達を異性として意識するのでしょうか?

今回は、男性が女友達を異性として意識する瞬間を4つ紹介します。

もしかして好かれてる?男性が女友達を異性として意識する瞬間4つの1枚目の画像

ボディタッチをされたとき

女性からボディタッチをされると、男性は思っている以上にドキドキするものです。

気になる男性と仲のいい友達関係にある場合は、あえてそこを利用して触れてみるのもいいでしょう。

酔ったときにちょっと寄りかかったり、「寒い」と言ってくっついたりするだけでも、十分に効果はあるはず。

思いきって手をつなぐことができたら、「私はあなたに好意がある」と示すことができるでしょう。

自分好みにイメチェンしたとき

好きな男性がいるのなら、その男性の好みに近づいてみるのもひとつの方法です。

友達だと思っていた女性が、イメチェンをして自分好みの女性になったら、男性はドキッとします。

それと同時に、確実に異性として意識することでしょう。

全てを男性好みにする必要はありません。

たとえば髪型や服装など、わかりやすいポイントをいくつかイメチェンしてみると、男心を揺さぶることができますよ。

ふたりきりの時間が増えたとき

ふたりきりになることが増えると、ただの友達以上の意識が男性には芽生えます。

今までは友達と一緒に会うことが多かったのに、急にふたりきりの時間が増えると、余計にドキドキ感は増すはずです。

友達以上になりたいのであれば、理由をつけてふたりでいる時間を作りだすことが大事。

急にふたりきりの時間を作ることが難しいなら、まずはLINEでのやり取りを増やしてみましょう。

秘密を教えてくれたとき

何か大事な話や相談をしたときに、「○○くんにしか言えない」というひと言をつけ加えるだけで、男性の心をつかむことができます。

他の男性ではなく自分にだけ話してくれたという事実に、男性はプライドや優越感をくすぐられるもの。

たくさんいる友達のなかでも、誰よりも先に打ち明けることが大きなポイントです。

「大事な存在」として自分のことを捉えてくれていると感じたら、男性はあなたのことを異性として意識するはずですよ。

男心を揺さぶってみよう

ただ仲良くなるだけでは、恋愛関係にまで進展できないことが多いでしょう。

異性として、男心を揺さぶることを心がけると、ふたりの関係性は変わっていくはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

関連記事