男性の本音は?「恋愛したい相手」と「結婚したい相手」の違い

「恋愛と結婚は別」とよく言われますが、男性目線ではどんな価値観があるのでしょうか。

本記事では、男性の意見を参考に、「恋愛したい相手」と「結婚したい相手」のちがいをご紹介していきます。

とくに結婚を視野にいれて、真面目な恋愛をのぞんでいる女性は必見です。

ぜひ、本気度の高い男性を見極める参考にしつつ、アプローチのヒントにもしてみてくださいね。

見た目の優先度

「前の彼女は本当にかわいかったけど、優柔不断なのが気がかりでした。
なんでも僕任せだったから、結婚したらどうなるんだろうって……」(30代/自営業)

恋愛は見た目の優先度が高く、結婚は内面の相性や信頼が第一になるようです。

また男性は、自身の内面を見てくれる女性を求めるようになるそうです。

もちろん、多くの男性には見た目の好みがあるため、タイプな容姿・ファッションの方が注目は浴びやすいでしょう。

しかし、真剣交際するかどうかは、内面の相性次第で決まります。

彼に「内面の相性がいい」と感じさせるにはまず、彼の話をよく聞いたうえで、価値観や考え方に寄り添うことが重要です。

責任感の有無

「結婚するなら頼りになる女性がいいです。芯がある女性を見ると強く惹かれます」(20代/公務員)

恋愛は、あらゆる面において自由ですが、結婚はいろいろな責任が伴います。

結婚相手には、親戚付き合い・生活のやりくりや、子育てができるかなど、責任感を見極めようとするでしょう。

反対に、結婚願望がほとんどない男性は、責任が伴わない遊びの関係などを好むようです。

「脈アリだと思ったら彼に結婚願望がなかった」というケースもあるため、彼自身に責任感があるかどうかもチェックしましょう。

また、自分自身も仕事に真面目に取り組んだり、規則正しい生活を送るなど、「この子は信頼できそう」と思われる言動を心がけると効果的です。

感情が安定しているか

「前にすぐ怒ったりヒステリックになる女性と付き合っていて、大好きだったけど、結婚は諦めました。冷静に話し合いできる彼女がいいですね。」(20代/IT)

恋愛ではスリルも大切。いつまでもドキドキさせてくれる、飽きを感じない刺激的な女性の方がモテることもあるでしょう。

しかし、長く円満に結婚生活を育むには、感情的になりすぎない、安定した心の持ち主の方が向いています。

恋愛の場合は駆け引きや焦らし、結婚の場合は安心感や、無償の愛を求められるのです。

そのため、結婚を見据えた恋愛をしたい場合は、素直に真っすぐ向き合い、優しさや思いやりで惹きつけましょう。

また、マンネリ化させないために自分磨きを継続すると効果的です。

金銭感覚がちゃんとしているか

「僕の彼女、一人暮らしだけどちゃんと自炊してて、服の着回しも上手なんです。いつも感心させられています」(20代/コンサル)

恋愛なら、派手にお金を使った方が楽しいこともあるでしょう。

豪華な食事をしたり旅行をしたり、お金をかければかけるほどにデートが華やかになり、ワクワク感を楽しめます。

しかし結婚生活を考えると、倹約家な相手の方が安心できます。

たとえば男性目線では、洋服・コスメ・美容などにかけるお金はシビアに見ているみたい。

そのため、ブランド品はコーデの一部に留めたり、選び抜いた一軍コスメだけ買ったりと、コスパ良く魅力的になる工夫をしてみましょう。

恋愛と結婚の違いを押さえよう

恋愛したい男性は恋愛向きの特徴を求め、結婚したい男性は結婚向きの特徴を求めます。

そのため、恋愛向きの振る舞いをしていたとしても、結婚を求める男性からもモテるとは限りません。

ぜひ見られているポイントを押さえて、より男性目線で魅力的に振る舞ってみましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)

関連記事