「彼女よりもっといい人がいる」彼の親族に結婚を反対されてしまった/ものすごい愛

親愛なるAM読者のみなさま、ごきげんよう。ものすごい愛です。


わたしが暮らす北海道でも連日真夏日を記録していますが、ついに我が家も今年からクーラーを導入しました。
クーラーやばくない?! めちゃくちゃ快適だな??!
本州の人はにわかに信じがたいでしょうが、北海道ではほとんどの一般家庭にクーラーがないのです。
日中と夜の寒暖差が大きいため、日中は我慢すればよし! 寝苦しい夜は1年に1週間程度だから大したことない! お盆過ぎれば秋! と、根性で乗り切ろうとする人のまあ多いこと……。
そんなパワータイプの道産子たちは愛おしいのですが、気温も年々上昇していることですし、熱中症にはくれぐれも気をつけていただけたらと思います。


前回の記事では、一緒にいる時間が長くなることで「慣れが出てきて女性として見てもらえなくなるんじゃないか」と危惧して同棲に踏み切れないでいる女性からの相談でした。
同棲をするうえで何より重視すべきは、同棲したいのか/したくないのか。
もちろん生活を変える際にお金はかかりますし、無視できるものではありませんが、「これは幸せになるための必要経費だ!」と割り切ってしまうことも大事だということがみなさんに伝わればいいなぁと思います。


目次

彼の親族に交際を反対されてしまった

【相談】現在私には、4年お付き合いしている彼氏がいます。結婚が視野に入った途端、彼の親族から「彼女(私)とは別れた方がいい」と彼に連絡がきたことを知ってしまいました。その言い分は、アルバイト先で知り合ったことが気に入らないこと。そして私が彼の初めての彼女なので、世間を知らなすぎる、もっと色んな人とお付き合いしてから選んだ方がいいこと。彼が社会的地位の高い職業だから付き合ってるだけ、もし彼がその職業でなければ付き合ってるはずがない、といったものでした。正直私としては、会う前からこの言われようだし想像で物を言われても……と腹立たしいです。もちろん彼のことが大好きで一緒にいて楽しいから今までずっとお付き合いしていたし、職業で選んだわけじゃありません。彼はこのような連絡が来たことに驚いているようで、親族に対して怒ったり自分の家族が情けないと嘆いたりなんですが、絶対に別れないしこんなこと言われる筋合いはない、家族のことは自分がどうにかするから私は何もしなくていい、いざとなれば縁を切ると言っています。私もこれが原因で別れるのは納得できないし、彼氏が味方してくれている分心強いなと思ったのですが、彼の親族に反対されたまま、もしくは彼が親族と縁を切ってまで本当にこのまま結婚していいのか考えれば考えるほどわからなくなっています。私に何かできることはあると思いますか?(26歳女性)


すーーーっっっごいことを言ってくる親族ですね?!
どれもこれもひどい内容で、言いがかりも甚だしい。
わたしがあなたの立場だったら「うるせぇ! 彼を介してじゃなくて、直接出向いて真正面から文句をつけてこいや!」とブチ切れていたことでしょう。
そもそも、あなたがくさしてる女を選んだのは彼自身なんだが? その発言が彼を貶めていることに気づかないんか!? と驚きを隠せません。
しかし、これから繋がりを持とうとしている、今後も縁が長く続いていくであろう相手に対して、自分の感情を最優先して無視を決め込むことはなかなか難しいんですよね。


彼のしんどさを共に背負えるか

あなたに(間接的ではありますが)失礼な物言いをしたその親族が、彼とどのような関係性なのかにもよって、この相談の答えは変わってきます。
親なのか、祖父母なのか、きょうだいなのか、彼のはとこの配偶者というものすごーく遠い存在なのか、関係性はよくわからないけれど葬式にはいつもいる人なのか……。そして、彼の親族の中にあなたの味方をしてくれて、結婚に反対の異を唱える親族を咎めてくれる人がいるのか、というのも重要になるでしょう。
たとえば、誰かの葬式でしか顔を合わせないレベルの遠縁の人が勝手に文句をつけているだけで、彼のご両親やきょうだいがあなたとの結婚を歓迎してくれているのであれば、わたしがあなたの立場なら迷わず結婚すると思います。人生で何度会うかわからない人間のために、自分の幸せを諦めたくはないですからね。
今後冠婚葬祭で顔を合わせる機会があれば、礼節を弁えた大人の対応をしてその場をやり過ごすでしょう。


ただ、その親族が親やきょうだいなど彼と近い関係性で、あなたの味方になってくれる人がいない孤立無援の場合。
これはなかなか厄介というか、難しい問題というか……。
仮に、結婚を反対しているのが彼の親だとさせてください。
できれば彼の両親から歓迎されたい、縁続きのままお互いの親族とも仲良くやりたい、多くの人から祝福をされて結婚したい、というのが理想ですよね。
別に彼の親と結婚するわけではありませんし、あくまでもあなたと彼の意志に基づいて結婚を進めていいはずなのですが、不安を抱かずにはいられない気持ちはよくわかります。
いくら「絶縁だ!」と息巻いたところで、現在の日本の法律では親と縁を切る手段はありません。連絡を無視したり、住民票の閲覧制限をかけたりすることはできてもその程度ではないでしょうか。


この件で彼はとても憤慨しているようですが、もしかしたらこれまで彼にとっては悪い人たちではなかった、それ以上にとても尊敬できる存在だったかもしれません。
それに、核家族化が進んでいると言われながらも、地域によっては家長制度が残っていたり、家業によっては長男であることを重要視していたり、結婚したら同居が鉄則なんて価値観を持っている世代の人もまだいるでしょう。
彼がどういった文化が根付いた地域・環境で、どういう風に育ってきたかは書かれていないためわかりかねますが、そういった観点からも縁を絶つことは容易ではない可能性があります。


親やきょうだいといった血縁者といえど、どうしても“合わない人”というのは存在します。
あくまでもわたしの考えですが、そういう場合は無理に付き合いを続ける必要はない、「親子なんだから話し合えばわかり合えるはず」と決めつけてくる人は無視していい、それらに支配されず自分の人生を歩んでいい、そう思っています。
でも、口では言えても実際に行動をうつすとなると簡単なことではないんですよね。
どうしたって囚われてしまいますし、苦しみも伴うでしょう。
彼の「縁を切る」という決断、それにつきまとう彼のしんどさを、あなたはこれから先共に背負っていくことができるか、というのはよく考えたほうがいいと思います。


あなたができること、彼ができること、ふたりでできること

もしかしたら、彼の親と交流をしているうちにあなたに対する誤解が解け、いい関係性が築けるかもしれません。
その可能性は決してゼロではありませんが、「いつかわかってもらえるかもしれない」と期待して、裏切られたときのショックは計り知れないでしょう。
「期待するな」とまでは言いませんが、ハナから言いがかりのようなことをしてくる相手に対しては「期待通りにならない可能性がある」という事実は、頭に入れておいてほしいと思います。
また、たとえ時間が経つにつれて関係性が改善されたとしても、あなたの中に禍根は残るでしょうしね。


相談文では、「いざとなれば縁を切る」と言う彼に対して、あなたは「心強い」と感じ、「自分に何かできることはあるか」と悩んでいますから、あなたは彼との結婚をやめる意志はない方向に気持ちが傾いているようです。
その前提でお話しを進めさせていただきます。
あなたにできることは、彼を背後から撃たないことだと思います。
彼の立場で考えてみると、今までよくしてくれて恩もある人たち、なまじ血縁者がそんなことを言うなんて! とショックを受ける中、その事実を飲み込み、縁を切るという選択はこれまでの価値観がガラリと変わることですから、精神的負担は避けられませんし相当な覚悟も必要とするでしょう。


たとえば、あなたを守るために「連絡を取らない」「礼儀を果たすために交流は冠婚葬祭のみ、ただし自分ひとりで出向く」「もし将来的に子供が生まれても会わせない」など彼が徹底的な対策を取ったのに、あなたが「結構時間も経ったし、今きちんと話せばわかってくれるかもしれない」「子供を合わせたら孫かわいさに懐柔できるかもしれない」と実際に行動にうつすのはもちろん、彼に働きかけたりするのはご法度。
他にも、結婚式を挙げる際に「ほんとうは両家揃って祝福されたかったのにそれが叶わないなんて……」と恨み言を言ったり、日常生活で「友達はみんな義理の実家にこんなによくしてもらってるのに、どうして我が家は……」とチクチク嫌味を言ったりするのも、してはいけないでしょう。
夫婦の足並みはそろっていないと破綻を招きかねませんし、彼の背後から撃てばあなたが彼にとっての敵になってしまいますから。


そして、彼は今回の件できちんと矢面に立ってくれる人なのか、結婚を決断する前に見定めておくことも必要ではないでしょうか。
あなたには「縁を切る」と口では言っておきながら、隠れて親族との交流を続けるような両方にいい顔をする人ではないか。そのうちにあなたへの悪口を耳にし過ぎて、まるで洗脳状態に陥る意志の弱さはないか。あなたの親御さんにきちんと事情を説明して筋を通す覚悟を持っているか、など。
現時点でそれをはっきりと確認するのは難しいかもしれませんが、冷静な目線で見て、少しでも「あれ?」と思う部分があれば、一度立ち止まってほしいと思います。
また、あなた自身もいざというときのために、いつでも自分の足で立てるようにしておくことをおすすめします。


もしも結婚するのであれば、あなたと彼の足並みはそろえる必要があり、そのためにお互いの気持ちはあらかじめ共有しておいたほうがいいと思います。
連絡の頻度や冠婚葬祭はどうするかなど親族との付き合い方、住む場所や連絡先など縁を切るための具体的な対策、万が一突撃されたときの対応、あなたの親への説明など、これらは結婚前にきちんと話し合っておくべき点です。
もちろん、状況は常に変わっていきますし、考え方にも変化があるでしょうから、その都度話し合いをし、共有を怠らないようにしてほしいと思います。
これは、先にお話しした「あなたが彼を背後から撃たない」ため、そして「彼が矢面に立ってあなたを守ってくれる人なのか」を見定めるために、核となる部分ではないでしょうか。


親との関係なしに幸せになっている夫婦がいる

最初のほうでもお話ししましたが、できるだけ多くの人に祝福されて、心配事なしに幸せいっぱいの気持ちで結婚したいですよね。
ほんとうに、ほんとうによくわかります。
少し話が逸れますが、わたしには仲の良い友達夫婦がいます。
彼らは、お互いの親と交流をしていません。
たしか、結婚したこと自体も双方の親に伝えていないと記憶しています。
どういった理由でそうなったのかは踏み込むべき部分ではないので知らないのですが、きっと本人にとって相応の理由があったのでしょう。
でも、彼らはとても素敵な人たちでわたしは大好きですし、いつも仲良しで楽しそうに暮らしているのです。
たとえ親との交流を絶っていたとしても幸せな家庭を築いていますし、周りの友人など多くの人から祝福されています。
あなたに何をお伝えしたいのかというと、親とか関係なしに結婚して幸せな生活を送っている夫婦だっているということ。


もしかしたら、これから先の人生で「反対されているのにそれを無視して結婚なんて!」「親と縁を切るなんて薄情だ!」と好き勝手に言ってくる人も現れるかもしれません。
でも、そういう言葉を投げかけられても耳を傾ける必要はありませんから。
結婚する理由も、親と縁を切る理由も人それぞれですから、人と比べるものではありませんし、当事者が何を感じてどういう思いでその選択をしたのかが全てです。


今の状況は、あなたが当初イメージしていたものとは少し違ったかもしれません。
たしかに、結婚するまでに越えなくてはいけないハードル、結婚してから待ち構えているであろう試練、想像しているよりずっとしんどいことがあるでしょう。
でも、結婚という人生の決断をするにあたって、あなたと彼が同じ気持ちで、同じ方向を向いているのなら、きっと幸せになれるだろうとわたしは思います。
あなたと彼の幸せな結婚生活を送れるよう、陰ながら応援しております。


Text/ものすごい愛
Banner design/saori・tanaka


※現在、多数のご相談をいただいております。
ものすごい愛さんに順次回答いただく予定ですが、隔週掲載となるためお待たせしまうこと、すべてのご相談に回答できない可能性もございます。
誠に恐れ入りますが、何卒ご容赦くださいませ。(AM編集部)


恋愛相談をする


『 今日もふたり、スキップで~結婚って “なんかいい” 』が発売!

結婚して、まる3年。夫婦、ふたり暮らし。
食べさせたいのはきれいに焼けたほうのハンバーグ、ついでにもうひとつ淹れるドリップコーヒー、 眠れなくて深夜に誘う近所の散歩…楽しい、楽しすぎる、楽しくってしょうがないぜ、結婚生活!
読むとどうしても幸せになってしまう。“ものすごい愛” にまみれたサイコーにハッピーな日常エッセイ!


発売中


関連記事