28歳だけど、婚活がつらすぎる。今後どういう戦略をとるべき?/AM編集部セルフお悩み相談

目次

婚活がつらすぎる

婚活がつらすぎて今すぐにでもやめたいです。婚活パーティやアプリを使って何人かに会い、たまにうまくいきかけてはだめになったりを繰り返していると心底しんどくて一回やめてもいいかなと思っています。またはかなり妥協して彼氏を作ってその後のことは深く考えなくていいのかなとか。ただ周りもどんどん結婚していき精神的にも焦るし、自分自身もいい結婚ができればしたいので、今どういう戦略をとるといいのか、または婚活そのものが楽しくなるのかが知りたいです。(28歳のときの悩み)


金井の回答

28~29歳くらいの婚活が一番辛かったとよく聞きます! 確かにその頃は20代前半に比べれば大分精神は落ち着いて暴れたりはしないはずなんですが、婚活となるとやっぱりまだしんどいですよね。会ってはダメを繰り返すのなんであんなに地獄なのか…。


でも体力はかなりあるはずなので、めっちゃ転職を繰り返したりいきなり海外に短時間住んだり妙に稼げる副業をしたりして楽しみつつそのせいで起こる恋愛以上にやばい大失敗を体験したりして、あえて人生をゆさぶってみてください。
すると婚活がどうでもいいものに見えてきて、その方が自然体でうまくいく気がします。婚活自体は32歳位から再開してもまだ全然余裕あると思うので、思いつめたら思い切ったことをしてみるのがおすすめです!


大川の回答

心底しんどい、楽しくない時は一度やめてもいいですよ! 婚活って相手に気を遣うし、自分の欠点を粗探ししてしまったりと結構ストレスフルな状態だと思うんです。さらに、クオーターライフ・クライシスといって、20代後半特有の人生の焦りとか、解決策が見当たらない不安とか、周囲の結婚といった変化に敏感に反応してしまう時期なんですよね。しんどくなって当然です。


だから今は婚活に忙殺されて見失った、「いい結婚」を思い返してみませんか? なんで結婚したいんだっけ……お互いお金に困らないため?  お互い趣味を満喫したいから?  仕事も家庭もバランスよく?  そういう具体的な姿をイメージして、結婚に対して前向きでポジティブな機運が高まってきたら、また婚活をスタートすればいいと思いました。楽しい気持ちって意外と重要な気がします。


石島の回答

婚活を全身全霊でやるとお断りが存在否定に感じられたり、相手を好きになれない自分が愛のない人間に感じられたりして病みますよね。婚活は全力で挑むより、ちょっと客観視するようにした方がラクになれると思います。


みうらじゅんさんは「親孝行はプレイだ」として『親孝行プレイ』を書きました。プレイだと思えば照れくさいこともできるし、現状を一歩引いて見ることができます。婚活も今しかできないプレイだと考えて、「逆にウケる」と思いながら取り組むぐらいの方が病まずにいられるのではないでしょうか。
こんなに色んな異性とデートを重ねて四苦八苦する機会ってなかなかないので、何かあっても「そういうのもあるのか」ぐらいで流していきましょう。


橋本の回答

婚活って自分ではしっかり分析・妥協して条件を設定してるつもりでも、自分の確固たる意志や経験でなく「さすがにこれくらい男性に求めて当たり前」という無意識な固定観念に基づいている人も少なくないような気がしていて。


ですので、一度相手に対する理想や妥協を紙に書き出して、それを全部嘘だと思っていちから考え直してみてはどうでしょうか。(例えば身長の妥協を170cmだとして、身長高いって自分が生きる上で関係ある?みたいな…)
1人だと理想が高くなったり色々見失いがちですので、未婚・既婚両方の友達を交えて一緒にやってみるとゲーム感覚で楽しめそうです! あとはもう縁だと割り切って、もしあの人と上手くいっても後で振られて更に深いダメージ受けてたかも…と想像し逆に結ばれなくてよかったって無理矢理ポジティブに考えましょう。


関連記事