肩書きや見栄えに固執?「スゴイ!」に翻弄されて失う自分の幸せ/大人女子と子供おばさんの恋愛の違い

「スゴイ!」と言われたいだけ?

子供おばさんは、人から「スゴイ!」と言われることを原動力にします。
恋人選びでも、ルックスが良い人、肩書きなどが立派で条件が良い人ばかりに注目します。その条件が当てはまるか否かで相手を好きになろうとします。

でも、その「好き」という思いは、相手への愛情ではありません。自分の見栄えをよくするために、さらにより価値がある人間だと見られるために、相手を必要としているだけなのです。
いくらその恋が成就したとしても、そこに愛が伴っていないと、だんだん相手と過ごす時間に空虚を感じるようになるでしょう。

仕事でも、自分がやりたいことよりも、人から「スゴイ!」と言われる職業を選ぼうとします。でも、自分がやりたいことではないので、仕事がつまらないと感じる人も少なくありません。
そんなとき子供おばさんは、人から「スゴイ!」と言われることで癒されようとします。そして、「スゴイと言われるのだから、自分の選択は間違いではないのだ」と自分に言い聞かせます。
でも、自分の心には嘘をつき続けることはできないので、褒められれば褒められるほど、虚しくなってくることもあるでしょう。

自分が納得できるか、が大切!

大人女子は、「自分が納得できるか否か」によって、物事の選択をします。そして、その選択をした自分に誇りをもつことを原動力にします。
恋愛でも、周りからどう見られるか?を気にしてパートナー選びはしません。自分が一緒にいて心地よいと思い、信じられる相手をパートナーに選びます。
だから、たとえパートナーが不遇の状態になったときも一番の味方でいられるし、支える自分にも喜びを感じます。そこには、本当の愛情があるからです。

仕事でも、まずは自分がやりがいを感じる仕事を選びます。収入は大事ですが、人生というレベルで見たときには、経験と時間も重要なので、それらを考慮した上で職業選びをします。その結果、仕事を通して、人生を充実させることができます。

自分の心に沿った選択を!

では、どうしたら大人女子のように、自分の選択に納得できるようになるのでしょうか?
それは自分の心に沿った選択をすることです。さらに、生き方に自分なりのポリシーを持ち、それを守ることです。そんな自分でいるとき、人は自分の行動に、そして人生に納得できるのです。

そのためにも、普段から「自分の心の声との対話」は大切です。
自分が本当は何を望んでいるのか?
逆に人からスゴイと思われたがっているときは、自分にはどんなコンプレックスがあるのか?についても、きちんと見つめてみるといいでしょう。そこをきちんと受け止めることができると、残念な選択はしなくなります。

もちろん、人から「スゴイ!」と言われることを選択しない方がいいと言っているわけではありません。
ただ、自分が納得できていないのに、人からスゴイと言われることで癒されようとすると、その言葉は虚しく響くので要注意です。

実は、私自身、以前はある会社で広報室長という肩書きをもらって仕事をしていたことがありました。でも当時の私は、そこでの仕事に納得できていなかったので、正直、人から「スゴイね」と言われる度に空しさを感じました。そのときは、「肩書きなんていらない。給与も生活できるレベルであれば、少なくなってもいい。自分が納得できる仕事をしたい!」と思ったものです。
だからこそ今は、「自分が納得できるか」を大切にして仕事をしています。その結果、今の方が断然、幸せを感じられるようになりました。

結局、恋愛、結婚、仕事において、一番大事なのは、「自分が納得できるか」ということです。
人からスゴイと言われたところで、自分が納得できなければ面白くも何ともありません。自分が「良い」と思えなければ、意味がないのです。

恋も仕事も自分が納得できる選択をしたいものですね。

子供おばさん……人から「スゴイ!」と言われることを原動力にする。
大人女子……自分が納得し、誇りに思えることを原動力にする。

Text/ひかり

■もしかして子供おばさんかも!な言動

傷つかないための予防線は不毛な未来を作る!?
駆け引きや自己愛による上っ面な恋愛はもうやめよう!
喜ばれる愛し方と、迷惑がられる愛し方
彼との恋の自慢をすることのリスク

関連記事