努力至上主義で揉まれた私たちの新星「片付けの魔法」

「かわいいは作れる」という余計な認識

十数年ぶりに独り身に戻って、やっと自由になったと思ったのもつかの間、すぐに「さあ恋愛恋愛!」とどこからともなく聞こえてくる声なき声にせきたてられ、ままならないでいると今度は「何か問題があるのでは?」とお節介な粗探しが始まってしまうわけで、とかくこの世は生き辛い。
そういえば中学の化学の時間に教わった。余ってる手があると落ち着かない、他者と手をつなぎたくて仕方ない原子があると。どうやら人間もそれだった模様。
余ってる手があれば絶えず恋人と手を繋ぎたがる、繋ぎたがりの原子。

だけどその実私はいつだって余った手でスマホを握りしめているから、残念ながら今のところ、他者とつなぐ分の手が余っていないようなのである。
SNSだってチェックしなきゃならないし、キャンディクラッシュのライフが貯まったらまたキャンディ揃えて消さなきゃならない。
不義理をしてはいけないから、リクエストがあれば友人にライフを送るのも忘れてはいけない。毎日とても忙しいのだ。

しかしそんな言い分をにわかに受け入れてもらえないのが現代を生きる我々アラサー女性の悲しい性。
「かわいいは作れる」という余計な認識が一般化してしまったおかげで今やブスは甘え。恋活、婚活という言葉もあるくらいで、恋愛がままならないまま放置するのも甘えだ。
私たちは努力でもって、いろんな不可能を可能にしていかなければならない。

そもそも美容も恋愛も、背泳ぎとか、自動車免許取得とか、スポンジケーキ作りとか、それらと同じように、やってもいいけどやらなくたって生きていけるオプションじゃないのか。
餅は餅屋、「かわいい」は「かわいい屋」、「ドラマのような恋愛」は「ドラマのような恋愛屋」にお任せできたらどんなに楽かと思うけれど、全て実現させねばという妙な脅迫観念に支配されている。

たとえばディズニーランドで1dayパスポート買ったら全部のアトラクションに乗らないと勿体ない、というような考え方と同じで、努力という名のフリーパス(とされているもの)を持っている我々は、あらゆるシーンでそれを行使しながら、よりお得に生きていかなきゃならない、と。
だけどそれを行使するために費やす労力と、それによって得られる「お得」の度合いとが等価であれば、努力をしない分メリットを辞退するという選択だってもうちょっと認められてしかるべきではないか。
アトラクションに乗らずにのんびり過ごしたっていいじゃん、と思うんだけど、どうでしょうか。

どうしようもないものはどうしようもないのだ

そりゃ、もうちょっとかわいければ人生イージーモードであったろうと、そんなことは誰だって一度は思う。
いい恋愛をしてつまらない日常を彩ることができれば、毎日もうちょっといい気分になるだろうとも思う。
ただ、やはり持って生まれた造形というものがあるのであって、私がどんなに努力してもローラにはなれない。
100人に聞いても全員がそれはそうだと言うはずだ。恋愛も同様に、そもそも相手がいなきゃ始まらない。
あるいは、誰かのことが好きでも、その人物が自分のことを好きでなきゃ始まらない。どうしようもないものはどうしようもないのだ。

努力がフリーパスとなってしまったがゆえの不幸は、うまくいかないこと全てを自己責任として引き受けなきゃいけないところである。
タイミングとか、才能とか、自分じゃどうにもならないものに正当に責任転嫁することは決して許されない。
不可能を可能にできないのは全部努力が足りないせい。私がローラになれないのも努力が足りないせいなのである。……そんなわけあるか!
だが、世間は、そして世間の一員である我々は、えてして物語の辻褄を合わせたがる。
目の前の現象の全てを、理解できる範疇に収めようとする。だから、誰かがうまく生きていなければ、それは全てその人の過失になってしまうのである。

思い当たるあらゆる努力をやり尽くしてもうまくいかない。疲れ切った我々アラサー女性の唯一の逃げ場がそう、スピリチュアルだ。

私の妹は昔から鎖骨がやたら過敏で、ネックレスや首の詰まった服など、鎖骨に何かが触れるのが極端に苦手な体質だった。
しかしあるときたまたま前世が見える人に「あなたは昔奴隷だった。いつもたすきがけのように縄で縛られていた」と言われたそうだ。
鎖骨が過敏なのは、その縛られていた記憶のせいだというのだ。別にそれを聞いたからって妹の鎖骨過敏が改善されはしなかったが、本人はなんだか妙にすっきりした顔をしていた。

また、数年間恋人ができないことで悩んでいた私の友人は、同様に前世が見える人に「あなたはかつて巫女だった。そのさらに前は、人間ならざる者だった」という仰天の物語を聞かされ「色々なことが腑に落ちた」と語っていた。
さらに別の、結婚願望を持つ友人は、完全紹介制でしかお客をとらないという凄腕占星術師に「結婚は今は無理だが3年後にはある」と言われ「3年間仕事がんばろ」と決意を新たにした。

前世の私の物語や、天体の動向が描き出す私の物語、統計学を元にした私の物語。凄腕とされる占い師ほど、私の知らない私の物語を、強い真実味を伴って紡いでくれる。
私たちはそれを聞いて、自分の抱える不可解な物語の辻褄を合わせることができる。
安心するし、何よりとても気持ちが良いものだ。

努力至上主義の私たちの新星 こんまりさんこと近藤麻理恵さん

……とはいえ、だてに努力至上主義の世界でもまれていない私たち、スピリチュアルが所詮「スピリチュアル(笑)」であることもまた、心のどこかではちゃんと知っている。
万札と引き換えに、ほんのひとときの避難所を照らしてくれるカンフルに過ぎないということもまた、重々承知なんである。
で、そんな私たちの前に昨今、新星のごとく登場したのが「片付け」という新たなる信仰だ。

こんまりさんこと近藤麻理恵さんが、アメリカの新聞が企画する世界で最も影響力のある100人の1人に選ばれたというニュースが話題になった。
こんまりさんはご存知、「人生がときめく片付けの魔法」の著者である。
現在、書店に行くと、この類似本がごまんとある。「人生が変わる」「運命を変える」「恋愛に効く」片付け本は揃って開運に紐付けられている。

停滞する日常を切り開くべく、自分磨きにあらゆる手を尽くした女性たち。しかしどうにもならないフラストレーションは、ついに自分という枠を飛び越え住環境にまで波及。
小さな箱の中におもちゃや人形で世界を表現する「箱庭療法」なる心理療法もあるくらいだから、自分の深層心理は何かしら空間に反映されるものなのだろう。
ところが、「家が汚いから私の恋愛はとっちらかってる」という状況分析では決して終わらない。
「片付けて開運」というさらなる自助努力に繋げるところが、私たちの、大変にけなげで、いじらしいところである。

しかし事実として、片手で拾い上げられる小さな石ころもあれば、10人がかりでも動かせない岩だって世の中にはある。
同じように、生きていく中で直面する様々なことには、努力でなんとかできるものと、努力したってどうしようもないことがあるのだ。
それをひとくくりに全部自分の力でなんとかしようと思うのはあまりにも自分に鞭打ち過ぎだし、ある意味で傲慢でもある。
人間一人の力なんて全然大したことない。その事実はもっと謙虚に受け入れて、ときには潔く諦めたりなんかもしたっていいと思うのだ。

息切れしないように、伸びやかに生きていく。そのための努力だけを、惜しまないようにしたい。

Text/家入明子

※2015年5月20日に「SOLO」で掲載しました

関連記事