ゆとりある朝を作る秘密兵器!ホカホカできる、朝食代わりの「ホットチョコレート」

こんにちは。「自動布団はぎ取り機」と化している彼女のおかげで、毎朝目覚まし要らずの生活を送っている、ヒモのまいったねぇです。

ベットという理想郷を追われた私が辿り着く先はキッチン。
冬の気配すら感じる秋の朝は部屋の中までひんやりとして、キッチンへ移動するだけでも足先から床の冷たさが伝わってきます。

1日の始まりである朝食を作ろうにも、寝起きはあまり食欲がわかないし、何より平日の朝は忙しい!
そんなときには、牛乳にチョコレートを溶かすだけで作れる「ホットチョコレート」がぴったりです。

甘い香りとなめらかな口当たりがおいしい「ホットチョコレート」

出来たてのホットチョコレートをカップに注ぐと、立ち昇る湯気でキッチンは甘い香りに包まれます。
見た目はココアと似ているけれど、ホットチョコレートの方がずっと香りが豊かで、口当たりもなめらか。

この違いは「カカオバター」という、チョコレートに含まれる口溶けの素にあります。
ココアにはこのカカオバターがほとんど含まれていないので、牛乳と脱脂粉乳くらい別物なんです。

冷え込む朝、熱いカップに手を添えながらホットチョコレートをふーふーしながら味わうと、たちまち目は覚め、体も温まります。

「ホットチョコレート」の作り方

【材料】約二人分
・チョコレート(ビターチョコレートがおすすめ) 100g
・牛乳 350cc
・トッピング(シナモン、生クリーム、リキュールなど) 適量

1.鍋に牛乳を入れ、弱火にかけます。

2.チョコレートを包丁で刻みます。

3.牛乳が沸いたら火を止め、刻んだチョコレートを加え、泡だて器やフォークでよく混ぜます。

4.チョコレートがすべて溶け切ったら、カップに注いで出来上がり!

お好みでシナモンや生クリーム、リキュールなどをトッピングすると、さらにおいしくなります。
おすすめはオレンジ系のリキュール。チョコレートとオレンジの香りはとても相性が良く、より体を温めてくれます。

サクッと軽くて香ばしい!
トースターでも焼ける簡単「チーズパイ」

【材料】
・冷凍パイ生地 2枚
・溶き卵 1個
・粉チーズ(パルミジャーノチーズがおすすめ) 適量

1.凍ったパイ生地をクッキングシートなどの上に置き、溶き卵を薄く塗ります。粉チーズをまんべんなく振り、もう1枚パイ生地をのせ、軽く押して馴染ませます。

2.のせたパイ生地にも、溶き卵と粉チーズを振ります。重ねたパイ生地をひっくり返し、裏面も同様に溶き卵と粉チーズを振ります。

3.ひと切れが細長い長方形になるように包丁で切り、1切れずつ端をつまんでねじり、両端を指で押し潰します。

4.オーブンなら200℃で余熱して約15~20分、トースターなら5分余熱して約30分。パイの裏までキツネ色になったら焼き上がりです。トースターは熱源との距離が近いので、表面に焼き色がついたら途中でアルミホイルをかぶせましょう。

一度焼いてしまえば、密閉袋などに入れて冷凍庫で1ヵ月はおいしく保存することができます。食べる前にトースターで温めれば、いつでもサクサクのパイが楽しめます!
ビールやワインのおつまみにもぴったりです。

+++++++++++++

朝は一日の中で、とても大切な時間だと思います。

疲れていたり、寝不足だったりすると本当にツラいけれど、そういったマイナスな流れをリセットするのにも朝の時間はぴったり。

チョコレートを刻む小気味良い音や、たっぷりの牛乳にチョコレートを溶かした瞬間に広がる甘い香り。そんな些細なことが心に余裕を持たせてくれます。

「今朝はとくに冷えるから、リキュールを垂らそう!」とか「最近は疲れ気味だから、特別に生クリームをのせよう!」とか、そんな風に自分や大切な人をいたわる気持ちが、一日を少し豊かにしてくれる。

優しい気持ちで朝を迎えられた日は、きっと良い一日になるはずです。

Text/まいったねぇ

初出:2016.10.21

次回は <紅葉の季節のピクニックは大人の贅沢!恋人とたべたい「ハムとカマンベールチーズのバケットサンド」>です。
過ごしやすい気温になってきて、そろそろアレがしたくなりませんか?そう、紅葉が綺麗なな時期にだからこそ行きたい「ピクニック」。次回は、思わずバケットに入れて出かけたくなるようなレシピを紹介!朝食にもうってつけのお手軽な一品です!

関連記事