劣等感を解消した“差取り女子”が恋愛で輝く理由/大人女子と子共おばさんの恋愛の違い

“劣等感”が「子供おばさん」化の原因に!

人が、子供おばさんになってしまう一番の原因は、自分の持っている“劣等感”です。この劣等感があるからこそ、人に対して威張ったり、逆に自分を卑下してしまったりしてしまうのです。

劣等感があると、恋もうまくいきにくいもの。
例えば、強い劣等感を抱いている人は、素敵な人にアプローチをされたときに、「こんな私がモテるはずがない」「本当の私を知らないから、こんな風に言ってくれるんだわ」と思ってしまいがちです。
それでせっかくのチャンスを逃してしまうのです。

大人女子は、劣等感を持たないようにしています。
「こんな自分でもOK!」と思えているので、異性からアプローチされたとしても、すんなりとその事実を受け止められるし、逆に気に入った人がいると、自分からも好意を表すことができます。
だから、素敵な恋を掴みやすいのです。

では、どうして人は、劣等感を抱いてしまうのでしょうか?

劣等感を抱いてしまう原因

考えられる原因は色々ありますが、一番は、「人と比べてしまう」ことにあります。自分のいる狭い世界の中で人と比べて、「相手の方が自分よりも優れている」と、嫉妬や劣等感を抱いてしまう人は少なくありません。

ただ、実はその行為は、とても“人間らしい”とも言えます。
だからこそ、誰もが人と比べることで、苦しみを抱いているものなのです。

先日、読んだ本に、こういったことが書かれていました。

「悟りの大きな第一歩である差取り(さとり)とは、心という世界にある差を取り払うことなのです。
人は差によって快楽を味わい、苦難を味わいます」

「他人と自分に差を感じること。それが、心を苦しませる大きな原因なのです。
差を握っている人にとって、世界は勝ち負けという基準でできています」

「自分をすごいと思うプライドも自分なんかダメだと思う卑下心も、根っこは同じ差別意識です」
(参考文献:「高野山」<ジェイティビィパブリッシング>)

「悟り」とは、どういうことか?というと、実は、「悟り=差取り(さとり)」と考えられるのです。
人と比べることで、人は優越感を感じたり、苦しんだりします。つまり、この“差”を感じることこそが、人を苦しめる原因となるので、それを取ることが、幸せになるための秘訣なのです。

差取ってみませんか?

子供おばさんは、“自分の基準”を持っていないので、人と比べることでしか、自分がどの立ち位置にいるのかが分からないでいます。
でも、実際は、人と比べている場合ではありません。

人それぞれに、良いところも悪いところがあるものです。自分よりもあらゆる全てのことに恵まれている人というのは、そうそういるものではありません。
狭い視野と価値観の中で、自分が持っていないことばかりを数えて、嫉妬や劣等感を抱くなんてことは、本当に意味のないことなんです。

恋人がいようが、いまいが、結婚していようが、いまいが、子供がいようが、いまいが、どんな職業に就いていようが、自分らしく輝いている人が、幸せに決まっているからです。

劣等感を解消する方法は、「自分を愛すること」

劣等感を持っている人は、「自分を愛すること」が大切です。
自分を愛するとは、「ありのままの自分を受け止め、自分の成長を願うこと」です。

人と比べてしまう習慣は、すぐには抜け出せないかもしれません。でも、もし比べてしまって、自分の方が劣っていたときも、“思考”を変えることができれば、劣等感を増やすことを防ぐことができます。
つまり、相手の方が勝っていたとしても、「そんな自分にも良いところはある。こんな自分でもOKなんだ」と、“ありのままの自分”を受け止めるのです。

その上で、成長したいことがあれば、努力すればいいだけのことです。「自分はどうしてダメなんだ」なんて、責める必要はありません。シンプルに成長すればいいのです。
このように、自分を受け止め、成長していくうちに、自分のことを認められるようになり、人と比べることの意味のなさも感じられるようになるでしょう。

そのとき、大切なことも気付くと思います。
人生はいつだって、「自分との戦い」ということを。

人と比べてどうなのか?なんてことは、小さな世界の話です。
環境が変われば、周りにいる人たちも変わってきます。その度に、人と自分とを比べていても意味がありません。自分は自分らしく成長し、輝けばいいのです。

差取り女子は、素敵な恋を掴む!

差取りには、もう1つ大事な意味合いがあります。
“究極の差取り”は何か?というと、「相手の喜びや悲しみ、痛みを、自分のことのように思えること」です。それは言い換えれば、「思いやりを持つ」ということです。

「思いやり=愛情」なので、これを多く持っている人ほど、内側に愛をたくさん持っている人と言えるでしょう。人を愛せる人は、人からも愛されます。
つまり、差取り女性ほど、モテるのです。

差取って、素敵な大人女子に!

・差取り
・自分の劣等感との決別

これらは、現代人にとって、誰もが抱えている問題であり、とても大切なテーマです。
だから、普段は大人女子の人であっても、この点については、多くの人が、“子供おばさん”であると言えるのです。

あなたも差取って、より素敵な女性になりませんか?

子供おばさん……人と比べ、劣等感を抱き、恋のチャンスを逃す。
大人女子……人と比べず、さらに思いやりがあるので、素敵な恋を掴む。

Text/ひかり

■もしかして子供おばさんかも!な言動

いつの間にか負担に?“かまって病”2つの症状
彼との恋の自慢をすることのリスク
彼の心を掴んで「都合のいい女」を卒業
「女の価値は若さでしょ」と開き直ってるあなたへ

関連記事