30歳、バツイチ。結婚する気のない男を本気で愛してしまったら?/つかふる姐さん

目次

結婚願望のない彼に本気で惚れる

AM読者の皆さま、こんばんは。夜職歴10年以上の暗黒心理学者、つかふる姐さんです。


今回の連載では、私が実際に体験した結婚、離婚、そして再婚について振り返りながら、「30代女性の幸せな結婚とは何か?」をテーマにお話しています。


30歳目前で一度目の離婚を経験した私は、もう一度1人で生きていけるようになろうと、とにかく必死でキャリアを立て直しました。貧しいながらも社会人としての自分の居場所を築き、精神的な自由と自立を取り戻した私は、「もう一度思い切り恋してみよう、そしてもし叶うなら、今度は大好きな人と結婚しよう」と、マッチングアプリを始めました。でも、そこはバツイチ30歳女性にとって、魑魅魍魎の蠢く危険な世界…それはそれは酷い目にあいました。


マトモな出会いを諦めかけていた頃、雷に打たれるように惚れてしまったのが、彼でした。


それはとーってもカジュアルなマッチングアプリで、彼は真剣なお付き合いなど求めていませんでした。私の方から何とか漕ぎ着けた一度目のデートで、彼は「結婚とか全くわからない、少なくとも今は考えてない」と断言しました。


かたや私は、自分でもわけがわからないほど、全身全霊で彼に惹かれてしまっていました。頭では「この人は恋愛対象にしないほうがいい。だって明らかに先がないもの」と理解しているのに、心は全力で彼を求めていたのです。そんな馬鹿みたいに人を好きになるなんて、自分で自分が信じられなかったくらいです。夜職の長かった私は、そもそも異性を本気で好きになることを諦めていたのだと思います。


頭は「STOP」心は「RUN」と正反対のサインを出す中、私は柄にもなく心の声に従うことに決めました。だってもう1人でも生きていけるとわかったから。この恋がダメになっても、それで人生が終わるわけじゃない、と。


将来のことを一切約束しない彼と、彼が好きでたまらなくて頭がおかしくなりそうな私。同意の上で今を一緒に楽しむ関係、つまり、ありふれたセフレ沼の誕生でした。


ドス黒い不安の先に

彼と会える週末を指折り数える毎日でした。自分はこんな風に恋をすることができる女だったんだと、驚きと幸せを噛み締めていました。でもそれと同時に、ドス黒い不安はどんどん増殖していきました。結婚・出産への焦り、将来訪れるであろう孤独への不安。そして何より、彼が実際のところ自分をどう思っているのかという疑心暗鬼、本当は愛なんか一欠片もないんじゃないかという恐怖…。


いずれにせよ先は無いと断言されているのだから、もう今日で終わりにしよう、これで最後にしよう、そう思っても、結局彼のことが大好きで、他のどこにも行くことができませんでした。


そのうち、夜中に彼の隣で寝ていると勝手に涙が流れ出て止まらなくなるようになりました。
自分の人生を完全に見失った時期でした。この恋がダメならもう死のうなどと考えたりして。


そんな自分に嫌気がさした私は、絶望感と閉塞感のモヤモヤを自ら切り裂くようにして、銀座のホステスに復帰しました。「将来が不安なら金でも稼ぐか!」と開き直ったのです。我ながら笑ってしまいます。久しぶりに連絡を取った社長は「おうつかふる。別に今日からでもいいぞ」と歓迎してくれました。もちろん彼には一切内緒で。


夜の彼女たち、私の本当の気持ち

久しぶりの夜職は、やっぱり厳しくて、それでも楽しくて。私は昔よりタフになった自分のメンタルを頼もしく思いながら、昔からのお客様たちに支えられて働くことができました。


今回籍を置いたのは、30代の女性も多い落ち着いたお店でした。シングルマザーや闘病中の方、休職中、起業準備中の方など、様々な事情を抱えながら逞しく生きている女性たちと出会い、とても勇気をもらいました。彼女たちと話していると、自分の抱えている悩み(好きな男が結婚してくれそうにない)なんて、本当に瑣末なことのように思えました。


みんな自分の凸凹した人生をちゃんと受け入れて、まっすぐ前を向いている人たちでした。彼女たちはそれぞれに魅力があり、それぞれのお客様に愛されていました。それは単に容姿が優れているとか面白いとか、表面的なことだけではなく。彼女たちが生きている唯一無二の人生が、彼女たちを輝かせているんだとわかりました。そしてお客様も、お店さえも、女の子を商品として扱うというよりは、人として尊重してくれているようでした。


20代の時には暗く淀んで見えた夜職の景色が、30代の私の目にはもう少し明るいものに映ったのです。


昔のお客様には「ま~た戻ってきちゃったの!」「せっかくいい男捕まえたのに!バッカだね~」とからかわれつつ。それでも、「君がどう変わろうと、結婚しようと子どもを産もうと、ずっと君のファンでいるよ」と言ってくれた方もいて、救われた思いでした。


お店での仕事を通して、「私は私らしく生きていけばいいんだ」と改めて思えました。そもそも、“結婚・出産が約束されていた安定した将来”を自ら捨て去ったのは他でもない私です。社会の「普通」からはみ出して生きてきたのが私です。


1人で生きていく自信がなくて、自分で切り開く将来を信じられなくて、夫が差し出した“いい暮らし”と引き換えに身売りのような結婚を選んだ自分。愛や恋心よりも、世間の価値観や見栄や条件を優先した自分。そして、今後の生活の保障と引き換えに出産を要請された自分。


そんな自分はもう終わりでいい。今度こそ自分の本当の気持ちを、「彼を好き」という自分のこの気持ちを優先してあげようと決めました。それがいかに不安定で、危険な橋であっても。もう自分の選択に自分で責任を取ることができるとわかったから。だから、文字通り人生を賭けて、彼を愛そうと思ったのです。


夜職に戻ることで自分を取り戻すなんて自分でも可笑しいですが、忘れていた自分の逞しさを思い出し、いろんな人たちに勇気をもらって、「大丈夫、私ならきっとどうにでも生きていける」と、改めて思えたのだと思います。


Text/つかふる姐さん


関連記事