表編みも裏編みも解説!「編み込み」を綺麗に作るコツ

可愛くて凝ったアレンジには、編み込みがよく使われていますよね。
編み込みには、大きく分けて表編み込みと裏編み込みの二種類があります。
難しそうに見えますが、工程は単純なので、指の使い方を覚えれば出来るようになりますよ☆
今回は、表編み込みと裏編み込みそれぞれの作り方とコツを詳しくご紹介します♪
まずは、よくある失敗の解決策を見てみましょう。

毛量が多くて編み目が太くなってしまうときは…

★真ん中の髪を編み込まない

編み初めのトップの部分の下の、編み込んでいく部分の髪を三等分し、真ん中の髪を左右の髪と混ざらないようにして留めておきます。
留めた真ん中の髪は編み込みまず、残しておいた左右の髪を編み込んでいけば、細くて可愛い編み込みが作れます◎

表編み込みの作り方

Step1

トップの髪を少量取ります。

Step2

毛束に指を差し込み、取った毛束を3等分します。

Step3

右の毛束を右手、真ん中の毛束と左の毛束を左手で持ちます。

Step4

右の毛束を、真ん中の毛束の上から交差させ、左手に持ち替えます。
右側に来た真ん中の毛束を右手に持ち替えます。

Step5

左の毛束を、真ん中の毛束の上から交差させ、右手に持ち替えます。

Step6

右の毛束を、真ん中の毛束の上から交差させ、左手に持ち替えます。

Step7

真ん中の毛束と右の毛束の交差する部分を右手で押さえます。
矢印のように外側から編み込みに向かって左手の小指で毛束をすくってきます。

Step8

すくってきた毛束を左の毛束に追加し、真ん中の毛束の上から交差させ、右手に持ち替えます。

Step9

右側も同様に、真ん中の毛束と左の毛束の交差する部分を左手で押さえます。
外側から編み込みに向かって右手の小指で毛束をすくってきます。

Step10

すくってきた毛束を右の毛束に追加し、真ん中の毛束の上から交差させ、左手に持ち替えます。

Step11

Step7~10を繰り返していくと、編み込みが出来ていきます。

完成☆

裏編み込みの作り方

Step1

トップの髪を少量取ります。

Step2

取った毛束を3等分します。

Step3

右の毛束を、真ん中の毛束の下から交差させます。

Step4

左の毛束を、真ん中の毛束の下から交差させます。

Step5

右の毛束を、真ん中の毛束の下から交差させます。

Step6

真ん中の毛束と右の毛束の交差する部分を右手で押さえます。
左手の小指で外側から編み込みに向かって毛束をすくってきます。

Step7

すくってきた毛束を左の毛束に追加し、真ん中の毛束の下から交差させ、右手に持ち替えます。

Step8

右側も同様に、真ん中の毛束と左の毛束の交差する部分を左手で押さえます。
右手の小指で外側から編み込みに向かって毛束をすくってきます。

Step9

すくってきた毛束を右の毛束に追加し、真ん中の毛束の下に通すようにして交差させ、左手に持ち替えます。

Step10

Step6~9を繰り返していくと、編み込みが出来ていきます。

完成☆

編み込みの作り方はマスター出来ましたか?
手と指の動かし方を覚えたら、あとは練習あるのみです!
手が慣れるまで、何度もチャレンジしてみてくださいね☆

出典元:https://www.instagram.com/

関連記事