恭一“高橋恭平”と哲雄“佐々木蔵之介”、勝負の行方は?…《マイホームヒーロー 第8話あらすじ》

俳優の佐々木蔵之介、齋藤飛鳥らが出演する深夜ドラマ『マイホームヒーロー』(MBS/TBS)の第8話が、2023年12月5日(火)0:59~(MBS)1:28~(TBS)から放送される。

マイホームヒーロー8-1
マイホームヒーロー8-1
©山川直輝・朝基まさし/講談社/ドラマ「マイホームヒーロー」製作委員会・MBS

「娘よ、君の彼氏を殺しました…」日常崩壊!?大ヒットコミック、ドラマ&映画で“禁断”の実写化。頼れる妻と、ちょっと反抗期気味だけど可愛い大学生の娘。鳥栖哲雄の人生はそれなりに幸せだった。娘の顔に殴打の傷を見つけるまでは。罪と罰、愛と戦いの物語、開幕!

目次

ドラマ『マイホームヒーロー』第8話あらすじ

マイホームヒーロー8-2
マイホームヒーロー8-2
©山川直輝・朝基まさし/講談社/ドラマ「マイホームヒーロー」製作委員会・MBS

間島恭一(高橋恭平)の家に入り込むことに成功した鳥栖哲雄(佐々木蔵之介)だったが、まったく隙が無い恭一に…次なる行動に移せずにいた。

そして、哲雄は突然の事故で亡くなってしまった、警察官だった父のことを思い出していた。何としても大事な〈家族〉を守らなければいけない。改めて心に誓った哲雄は、最悪の敵を前に「最後の晩餐」を提案する。

そして迎えた、〈運命〉の金曜日。人生最後の日になるかもしれない焦りと、絶対に失敗が許されない緊迫の事態。極限の一週間を終え、哲雄は人生を懸けた“絶対に負けられない戦い”に挑む―。

ドラマ『マイホームヒーロー』概要

第8話 放送 12月5日(火)夜0:59~(MBS)1:28~(TBS)

《出演》佐々木蔵之介、高橋恭平(なにわ男子)、齋藤飛鳥、淵上泰史、内藤秀一郎、音尾琢真/吉田栄作(特別出演)、木村多江
《原作・漫画》山川直輝、朝基まさし『マイホームヒーロー』(講談社「ヤングマガジン」連載)
《監督》青山貴洋、棚澤孝義、山本大輔、森裕史
《脚本》櫻井剛、船橋勧
《主題歌》THE ORAL CIGARETTES「YELLOW」(ポニーキャニオン)
《音楽》堤博明
《制作プロダクション》TBSスパークル C&Iエンタテインメント
《製作》ドラマ「マイホームヒーロー」製作委員会・MBS
《公式サイト》https://www.mbs.jp/mhh_drama/

【ストーリー】
愛する家族とただ平穏に暮らしていくことだけが生きがいだった、ごく普通のお父さん“鳥栖哲雄”は、ある日、娘の彼氏を殺して〈殺人犯〉になってしまう…。一線を越えてしまった哲雄を待ち受けるのは、冷徹で残忍な“闇社会の半グレ組織”だった―。“娘を守るために”殺人犯になった父。夫の秘密を守り、支える妻。そして何も知らない娘。推理小説オタクの“ただのおじさん”は、家族を守るために命を懸けた絶対に負けられない闘いに挑む―!鳥栖哲雄は“家族のヒーロー”か、それとも“ただの犯罪者”か…サラリーマンVS半グレ組織。次々に巻き起こる日常ではありえない!常軌を逸した展開に…お父さん、毎週大ピンチ!?1秒たりとも目が離せない!怒涛のノンストップファミリーサスペンスがこの秋、禁断のドラマ化。

関連記事