アプリ運営者が教える! 真剣な出会いを求めている男性のプロフィールとは?

真面目にマッチングアプリを使っている男性の特徴は、プロフィールの内容に顕著に表れています。

真剣な出会いを目的にマッチングアプリを使っている方や、思うような出会いが見つけられない方、マッチングアプリでの真剣な出会いに抵抗がある方は必見の記事です。

今回は、実際にマッチングアプリを運営している「中の人」が、第三者的な視点で真面目な男性の見分け方をご紹介します。

目次

1. 結論

「整ったプロフィール」を探すべし!

真面目にマッチングアプリを使っている男性を見分けるには、これが最も簡単で効果的です。

なぜなら、プロフィールの完成度=アプリに対する真剣度だからです。

 

マッチングアプリにおいて100%のプロフィールを完成させるには、

・いい写真を選ぶ(なければ撮る)

・自己紹介文を作成する(一定の文字量を書く、誤字や脱字など読みやすさに気を配る)

・趣味やプロフィールの項目を全て埋める

といった、少し地味な作業が必要です。

完璧にしようとするとキリがないため、マッチングアプリに登録しているユーザーのほとんどは、プロフィールを100%まで完成させていません。

つまり、これを意識するだけで真剣にアプリを利用している男性との出会いに大きく近づくことができます。

 

ここから先では、プロフィールが整っているとはどういうことか、より具体的にプロフィールのどこを見ればいいのかを解説していきます。

2. 写真編

顔がはっきり写っている

もし読者が真剣にアプリを利用している男性を効率的に見つけたいのなら、顔が写っていない男性のプロフィールは見る時間を無駄にしてしまうので、スルーしましょう。

男性のプロフィールで顔の写真が無い理由は、実際に会うところまで考えられていない、載せられない事情がある、といったネガティブ要素が多いためです。

 

基本的にマッチングアプリに登録している男性の数は、女性の1.5倍~6倍、場合によってはそれ以上の差があり、常に女性の数より男性の数のほうが多いため、男性をいかに効率よく絞り込めるかが成功の鍵になってきます。

時間も限られている中、効率よく真剣にアプリを利用している男性を選択するためには、無駄な情報をいかに排除するかが重要です。

よって、顔写真を載せていない男性は本気で出会う気が無いと認識しましょう。

違う一面がわかる写真を載せている

顔写真以外にも、全身がわかる写真、趣味に打ち込んでいる写真、好きな物、コトがわかる写真などを載せている男性の意図は、情報を多く開示することで、「安心感を与えたい」「健康的なアピールをしたい」「実際に会った時のことを想像してほしい」など、写真のそれぞれに対してポジティブな意図が含まれています。

いずれもプロフィールを見る側の視点に立って写真をチョイスしている傾向にあるため、本気度は高いと言えます。

清潔感のある写真をチョイスしている

プロフィールの写真は一日に数千人~数万人の異性が見る中で、いかにして未来のパートナーに魅力的に見てもらえるかが重要です。

そういった状況の中で清潔感が感じられない写真(髪ボサボサ、服ヨレヨレ、露出が多い、背景に生活感が出過ぎている……など)をチョイスしている場合、誰しもがそのセンスを疑ってしまいますよね。

ギャグでもない限り、一般的な感覚とかけ離れていると感じた場合は避けておくのがベターです。

加工度が低く、自然な感じで写っている

外見の加工が薄い男性は、実際にあなたに会った時のことを考えてプロフィールを作成しているため、本気度は高いと言えます。

外見に明らかな加工が施してある写真を選んでいる男性は、実際に会った時にお相手がどう思うかまで想像していない、「自分都合」の傾向があります。

何よりも、こちらがデートのために様々な準備をしたにもかかわらず、直接会った時の実物が全然違っていたら裏切られたような気持ちになりますよね。

もし気になる男性がいるなら、直接会う前にビデオ通話などで雰囲気を確認しておくと良いでしょう。

プロに撮影してもらったかのような写真を載せている

真剣に恋活や婚活を目的にしている男性は、マッチングアプリ専門のカメラマンなど、コストを惜しまずプロに撮影してもらったお写真を載せている場合が多いです。

このような男性は、自分視点ではなく、客観的な視点を大事にする傾向がある為、他人の意見を柔軟に聞くことができるといえます。

チョイスする写真のセンスは、その人の性格や人柄、価値観といった部分が表面化するため、マッチングする前に、しっかり確認しておきましょう。

3. 自己紹介編

情報開示が具体的

登録した目的、仕事、人柄、休日の過ごし方、理想のタイプなど、開示されている情報量が多い男性は「自分のことを信頼してほしい」「こんな自分を理解してくれる人と出会いたい」「メッセージの時や直接会った時に、お相手が話題に困らないようにしたい」といった意図を持っている傾向があるため、出会いに対する真剣度は高いと言えるでしょう。

読みやすい

読みやすい文章は、読み手のことを考えて自己紹介文を作成していることの裏付けです。こういった男性は実際に会った時も「相手がどう思うか」を考えた言動ができる傾向にあります。

また誤字脱字や、ほどよい改行、ワードセンスや言い回しなど、読んでいてストレスを感じない文章を書く男性は何度もプロフィール文を見直しているため、真剣に出会いを求めていると言っていいでしょう。

内容に一貫性がある

極端な例ですが、自己紹介文に「タバコを吸ったことがない」と書いてあったとしましょう。

ところが写真の背景にタバコの箱が写りこんでいたら、疑念を抱いてしまいますよね。

マッチングアプリ上のプロフィールはあくまで自由記述のため、結婚相談所のように第三者の審査が入ることは基本的になく、仮面を被ることが容易にできてしまいます。

よってプロフィール全体を通して一貫性がある場合は、正直に書いている可能性が高く、真剣にアプリを利用していると言えます。

4. 趣味・プロフィール項目編

すべての項目が埋まっている

マッチングアプリ上のプロフィール項目は、決められた質問に対して予め用意された回答を選ぶ形式です。

よって自由記述形式の自己紹介文に比べると、容易に設定することができます。

つまり、この項目が100%埋まっていない状態=本気で利用する気が無いと推察できます。

好きなことを適切に登録している

マッチングアプリは自分の趣味や好きなことをプロフィールに登録することができます。

一見してその人の好きなことが把握できたり、自分との共通点が見つけやすくなる便利な機能です。

しかし中には、異常な数に登録している男性が存在します。

その意図としては、「本当は興味ないことだけど、誰でもいいからたくさんの女性に自分を見て欲しい」といった考え方から行われているケースがほとんどです。

登録している数が異常に多く、一貫性がない場合はその可能性が高いため、怪しい場合は事前にメッセージや通話で探りを入れておきましょう。

5. まとめ

本気でマッチングアプリを使っている男性は、写真やプロフィールの具体性が高いという共通点があります。

頻繁に外出ができないご時世だからこそ、直接会う前にプロフィールからしっかりお相手の人柄の仮説を立て、効率よく未来のパートナーと出会えるよう心がけましょう。

関連記事