デートが失敗しても挽回できる! 相手の本音を知って次のデートに繋げるコツを紹介

この記事は、デートに失敗したときに挽回する方法や、失敗を次のデートに繋げるポイントを紹介しています。確実に成功させたいデートの前や、デートに失敗してしまった人におすすめです。この記事を読めば、デートで相手に好印象を与えるコツがわかります。

目次

1. よくあるデートでの失敗5つ

店員への態度が……
店員への態度が……

相手に自分をよく見せようとする気持ちが強すぎたり、過度に緊張したりすることが、デートに失敗する根本的な原因です。

この項目では、よくあるデートの失敗5つを具体的にご紹介します。事前に注意することで防げることもあるので、デートする前に読んで参考にしてください。

1:計画が上手くいかなかった

事前に計画したプランが上手くいかずに、相手につまらない思いや不快な思いをさせてしまうことがあります。

たとえば、「ドライブで道に迷ってしまった」「行く予定のお店が混んでいて長い行列に並ばせてしまった」「遊園地の待ち時間が長くて相手を疲れさせてしまった」といった失敗はよく聞く話です。

このような失敗は事前の準備やリサーチをしっかりすれば回避できるため、事前にしっかりとしたデートプランを練っておくことが大切になります。

2:待ち合わせに遅れた

待ち合わせ時間に遅れてしまうことも、よくある失敗例です。

女性の場合は、身だしなみの準備に思っていたよりも時間がかかってしまうことがあります。また、緊張してなかなか寝付けずデート当日に寝坊してしまうこともあるでしょう。

とくに初デートでは、待ち合わせに遅刻してしまうと印象が良くありません。ですが、人間ですから初デートであっても遅刻する可能性はあります。

間に合わないとわかった時点で、すばやく相手に謝りの連絡を入れましょう。そして、相手に会ったときには再度、謝ることが大切です。自分の失敗を認めて誠実に対応すれば、相手に対して不快な印象を与えません。

3:ファッションが場に合わなかった

場に合わないファッションでデートに臨むと、相手にがっかりされる可能性があります。

いくらオシャレな服装であっても、TPOに合わせた服装でないと周りから浮いてしまいます。場違いなファッションは、「一般常識がない人なのでは?」と思われることもあるので注意が必要です。

とくに、デートの回数が少ない相手のときは、TPOに合わせたファッションでデートに臨みましょう。

4:デート代が高額になりすぎた

事前の下調べが足りないと、デート代が高額になることがあります。

たとえば、予約したレストランの会計が予想以上の金額になってしまい、支払いにもたついてしまうといったことがあります。このようなケースでは、高額な請求に動揺した態度を相手に見せてしまったり、デート資金が足りなくなったりといった失敗に繋がってしまうでしょう。

このような失敗をしないためにも、どのくらいのデート代が必要か事前に把握しておくことが大切です。

5:沈黙が続いた

相手との会話が弾まずに沈黙が続いてしまう、といったこともよくある失敗例です。

とくに初デートのときは、お互いに緊張しているため会話が途切れがちになり、気まずい雰囲気になってしまいます。沈黙を避けたい人は、相手の興味がありそうな話題を何個かピックアップしておくとよいでしょう。

避けるべきことは、沈黙が続いて焦ってしまうことです。不安な気持ちや焦る気持ちは相手にも伝わります。すると相手も落ち着かない心持ちになってしまい、微妙な雰囲気になってしまいます。

デート中に、沈黙は起こることだと想定しておけば、気持ちに余裕も生まれて新しい話題も自然に出てくるでしょう。

2. デート後相手の本音を知るための注目ポイント4つ

自分とのデートを相手がどう思っているのかは、みなさん気になるところでしょう。この項目では、デート後の相手の本音を知るための注目すべきポイントをご紹介します。相手の本音を察することで、次のデートに繋げられます。

1:次の約束ができるか

次のデートの約束ができるのであれば、相手はあなたに好印象を抱いている可能性が高いでしょう。または、相手から次のデートの話題が出るのであれば、相手があなたに好意を持っているサインです。

次のデートの約束や話題を出しても、話をはぐらかす場合や興味がなさそうなときは、デートがいまいちだった可能性があるでしょう。次のデートの約束を取り付けられるかは、相手の本音がわかるポイントとなります。

2:失敗についての話をしてくるか

デートで失敗したことを相手から話題にしてくるのであれば、もう一度デートしてもらえる可能性が高いでしょう。

もし相手があなたに興味がなければ、デートでの失敗について指摘してこないでしょう。もう一度あなたとのデートを相手は望んでいるからこそ指摘してきます。

しかし、次のデートで同じような失敗をしてしまうと、愛想をつかされることもあるので注意しましょう。

3:自分についての質問が来るか

相手があなたについて質問する理由は、あなたに興味を抱いているからです。

男性でも女性でも、興味を抱いている人のことは、いろいろ質問したくなります。個人的なことを質問してくるのは好印象を抱いているサインです。

また、個人な質問をすることで、あなたが自分のことをどう思っているのか、相手は推し量っています。これは、あなたの気持ちが気になるからです。

デートした後にあなたについての個人的な質問が増えたのであれば、脈ありと考えてよいでしょう。

4:メッセージの返信速度

メッセージの返信が速ければデートできる可能性は大きく、返信が遅ければデートできる可能性は少ないといえます。

メッセージの返信は、タイミング次第で遅くなることもあります。しかし、返信スピードが速ければ、あなたに興味を抱いている可能性は高いでしょう。

また、返信のメール内容も楽しげな雰囲気が伝わってくるならばデートチャンスはありといえます。興味がない相手には、返信も業務的で素っ気ない内容であることが多いからです。

3. 失敗しても次のデートに繋げるコツ5つ

男女共通のデートでの脈あり10のサイン|デート後のサインも見逃せない!
男女共通のデートでの脈あり10のサイン|デート後のサインも見逃せない!

いくら準備をしっかりしてデートに臨んでも、失敗してしまうことはあるでしょう。しかし、失敗してもフォロー次第で次のデートに繋がります。この項目では、失敗しても次のデートに繋げるためのコツを5つご紹介します。

1:失敗について正直に話す

デートで失敗したときは、失敗したことを正直に相手に話し、素直に謝ることが次に繋げるコツです。

失敗を素直に認め謝ることは勇気がいることです。そのような行動はあなたが誠実な人であることが相手に伝わります。

謝る際には、楽しかったこともプラスして伝えるとデートの印象がよくなるでしょう。失敗ばかりにフォーカスしてもネガティブな印象しか残りません。

デートで失敗した場合は、失敗について正直に話し可能であれば次のデートの約束をしてみるとよいでしょう。

2:カジュアルなデートを提案する

失敗したデートの後は、カジュアルなデートを提案すると成功しやすいでしょう。失敗できないプレッシャーも減り、相手への負担も少なくなるからです。

デートに失敗した後の次のデートは、失敗を取り返そうと力が入りすぎます。普段以上に気を遣ったり緊張したりすれば、楽しいはずのデートも楽しめません。相手にもそのような雰囲気は伝わります。

失敗した後のデートは、空いた時間に1~2時間会うような気軽な感じにするとよいでしょう。

3:デート後の連絡を怠らない

デートで失敗したときは、デート後の連絡を怠らないようにしましょう。失敗したデートの後に連絡を怠ると、デートはネガティブなイメージを持ったままになってしまいます。

失敗したときは、デート後すぐに連絡して上手くいかなかったことを謝ります。その際に、デートが楽しかったことを伝えることがポイントです。するとネガティブだったデートの印象がポジティブに変化します。

失敗したデートの後は、早めに相手に連絡することが次のデートに繋げるポイントです。

4:断られる覚悟で誘う

デートで失敗し相手に不快な思いをさせた場合には、断られることを覚悟して次のデートに誘いましょう。

デートを断られたら、しつこく誘うのは禁物です。しつこく誘っても次のデートには繋がらず、嫌われてしまう可能性があります。

失敗した後にデートに誘って断られたら、潔く手を引くことが大切です。次のチャンスを待ちましょう。

5:具体的な日にちを指定して誘う

失敗したデート後は、具体的な日にちを指定して次のデートに誘うのが成功のコツです。

相手が次のデートをOKしようか断るか迷っている場合、次のデートの約束は「タイミングがあったらね」「また今度ね」などと曖昧になりがちです。

そのような曖昧な約束をすれば、次のデートに発展することは期待できません。日にちを指定すれば、迷っている相手の背中を押すことができ、デートできる可能性が高くなります。

4. 次のデートで失敗を挽回するポイント6つ

もう一度デートの約束ができた場合には、どのようにして前回の失敗を取り戻せばよいのでしょうか。

この項目では、デートで失敗を挽回する6つのポイントをご紹介します。デートで失敗を挽回できれば、相手との信頼関係はより深まるでしょう。

1:相手の話を聞こうとする

デートの失敗を挽回するには、「話し手」ではなく「聞き役」になることがポイントです。

たとえば、女性は話を聞いてあげることで安心感と満足感を得られます。相手が男性の場合でも、会話が弾まない場合には聞き役にまわることで相手の心が開きやすくなり会話も弾むことでしょう。

デート中の会話を盛り上げるコツは、聞き役にまわることが効果的です。会話があまり続かずに失敗してしまったデートのときには、とくに有効です。

2:明るい話題を意識する

2つ目のポイントは、会話の内容をできるだけポジティブにすることです。たとえば、愚痴や悪口ばかり話題にすれば、暗い印象を与えてしまいます。また、ネガティブな会話は、相手に警戒心を抱かせることにもなります。

明るい話題を話せば相手の緊張感を解きほぐし、明るい楽しい人といった印象を与えます。

3:相手のしたいことを聞く

失敗したデート後は、相手がしたいことをデートプランに取り入れるとよいでしょう。

相手の行きたい場所、やりたいことを取り入れてデートプランを立てれば相手も喜びます。相手のしたいことをメインに楽しめるデートならば、成功しやすいでしょう。

4:気楽な気持ちで楽しむ

失敗したデートを挽回するための大事なポイントは、気楽な気持ちでデートを楽しむことです。

気持ちに余裕がないとデートを心から楽しむことができません。相手を楽しませるためには、自分も楽しむことが大切です。

あなたが楽しんでいると感じれば、相手も楽しくなるものです。失敗を挽回しようと意気込みすぎずにデートを楽しみましょう。

5:相手の話を深堀りしすぎない

相手が話したくないことは、深堀りしないようにしましょう。

デート相手のことをいろいろ知りたくなる気持ちは理解できます。しかし、いろいろ聞きすぎると相手が喋りたくないことに触れてしまう可能性があります。

相手との関係がまだ浅い場合には、プライベートや家庭環境など込み入った事柄を聞きすぎないように注意しましょう。

6:デートコースについて事前に調べる

一度デートに失敗してしまった場合は、デートコースの下調べは入念にしておきましょう。

続けてデートに失敗してしまうと、さすがに次のデートはハードルが高くなります。ですから、次のデートでは事前にデートコースを調べて失敗のないようにしなければなりません。

とくに、初めて行くようなデートスポットは、入念な下調べをしてから臨みましょう。

5. 失敗しないためにデート中に避けるべき言動4つ

デートでの割り勘は当たり前? 奢らない男性の6つ心理やスマートな奢られ方
デートでの割り勘は当たり前? 奢らない男性の6つ心理やスマートな奢られ方

デートプランをしっかりと立てて臨んでも、相手に不快な思いをさせてしまってはデートは失敗です。

では、実際にデートでの失敗を減らすためには、どのような言動に気をつけるとよいのでしょうか。この項目では、デート中にしてはいけない言動について具体的にご紹介します。

1:自分の話ばかりすること

自分の話ばかりすると、相手を疲れさせてしまいます。

また、自分の話ばかりする人は、自分勝手な人と思われやすく印象がよくありません。デートでは、聞き役になるくらいのほうがよい印象を与えられるでしょう。

2:携帯ばかり気にすること

デート中にスマホや携帯を必要以上に気にしてはいけません。

デート中であるのにスマホばかり気にしていると、相手に「この人はデートが楽しくないのかな」と思われてしまいます。付き合いが浅い相手の場合には、デート中はスマホや携帯をマナーモードにしておくとよいでしょう。

3:品のない食事の作法

デートでの食事は、最低限のマナーに気をつけましょう。どんなに性格が良い人でも、食事のマナーがあまりにもひどいと相手は不快になります。

たとえば、肘をついて食べる行為や大きな音をたてて食べることは相手にマイナスな印象を与えてしまいます。普段から、常識の範囲内でマナーを守るようにするとよいでしょう。

4:奢ってもらって当然のような態度

奢ってもらって当然のような態度は印象がよくありません。日本では男性が女性のデート代を払うことは、よくあることです。

しかし、相手にお金を出してもらうのは当然といった態度は、図々しい印象を与えてしまいます。奢ってもらった場合は、忘れずにその場で感謝の言葉を述べましょう。また帰り際には、ひとこと感謝の気持ちを伝えることで好印象を与えられます。

6. デートに失敗しても諦めずに挽回を狙おう

2回目のデートが重要な理由! おすすめスポットや成功させるコツを解説
2回目のデートが重要な理由! おすすめスポットや成功させるコツを解説

1回目のデートで上手くいかなくても、たいていは挽回するチャンスがあるものです。デートに誘ってOKをもらえている時点で、あなたの印象は悪くありません。

そのため、たとえ一度デートで失敗しても誠実な態度を見せれば、再度デートができる可能性は高いでしょう。1回や2回の失敗は恐れずに、積極的に気になった相手をデートに誘ってみてはいかがでしょうか。

関連記事