ラインアートで遊ぶ【今っぽマットネイル】がお洒落すぎ!

ツヤを消した「マットネイル」は、カジュアルな雰囲気とお洒落な見た目で普段のツヤっとしたネイルとは違った印象に仕上げてくれる小技のきいたアートです。ワンカラーでもマット加工をするだけで十分お洒落に見えますが、今回は近年流行の❝ラインアート❞を使ったデザインに注目してご紹介いたします。こなれ感抜群の「マットネイル」とシンプルながら個性の際立つ「ラインアート」を組み合わせれば一気にトレンドネイルになること間違いなしですよね!ラインアートは太さやカラーによって印象は様々ですので、お好みのデザインがきっと見つかるはずです♡

目次

シンプルな細めラインが上品で大人な印象

まずご紹介するのは、シンプルなワンカラーに細めのミラーネイルラインが入った大人っぽいデザインです。
ナチュラルなくすみカラーを使うことで上品な印象を与えていますよね。
ラインアートなしでも十分素敵ですが、細めのラインがランダムに入ることで一気に今っぽさが増しています。
ラインアートで遊ぶ【今っぽマットネイル】がお洒落すぎ!の1枚目の画像

via itnail.jp
ラインアートで遊ぶ【今っぽマットネイル】がお洒落すぎ!の2枚目の画像

via itnail.jp

派手カラーにラインアートがファッショナブルで個性的

次にご紹介するのは、ビビッドなカラーと形や色、太さがバラバラなラインアートを使ったデザインです。
あえての不揃いなラインアートがカジュアルな印象で、可愛らしいですよね。
鮮やかな派手カラーがより個性的な雰囲気で、マットと組み合わせることでさらにお洒落に。流行に敏感な若い世代に似合うファッショナブルなデザインです。
ラインアートで遊ぶ【今っぽマットネイル】がお洒落すぎ!の3枚目の画像

via itnail.jp
ラインアートで遊ぶ【今っぽマットネイル】がお洒落すぎ!の4枚目の画像

via itnail.jp

ぷっくり太目のラインがアクセサリーのよう

次にご紹介するのは、近年人気の立体系ラインアートのデザインです。
立体的なジェルアートが定番化した今では、立体アート用の固めのテクスチャーのジェルも多数販売されているので、一見難しそうな立体アートも対応しているサロンが多いですよね。
ぷっくりとしたシルバー系ラインアートがマットな質感に映えて、シンプルながらアクセサリーのようなデザインです。
ラインアートで遊ぶ【今っぽマットネイル】がお洒落すぎ!の5枚目の画像

via itnail.jp
ラインアートで遊ぶ【今っぽマットネイル】がお洒落すぎ!の6枚目の画像

via itnail.jp

マグネットネイルのアクセントにラインアートを投入

次にご紹介するのは、人気のマグネットネイルとラインアートを組み合わせたデザインです。
ワンカラーで使うことの多かったマグネットネイルですが、最近ではフレンチラインや部分的になどアートのバリエーションが増えてきています。
今回のデザインはマグネットネイルを縁取るようにラインアートを使うことで、マグネットネイルの境目を際立たせていますね。マットとマグネットネイルの相反する質感のコントラストが面白いデザインです。
ラインアートで遊ぶ【今っぽマットネイル】がお洒落すぎ!の7枚目の画像

via itnail.jp
ラインアートで遊ぶ【今っぽマットネイル】がお洒落すぎ!の8枚目の画像

via itnail.jp

小さなお爪でも映えるラインはフットネイルにもおすすめ!

最後にご紹介するのは、フットネイルのデザインです。
フットネイルは親指以外はお爪が小さいため、アートのデザインが限られますよね。ですが、今回ご紹介しているラインアートはとてもシンプルな一本線。お爪が小さいフットネイルにだって余裕でアート出来てしまいます。しかもお洒落!
うねっとしたラインに合わせてウエーブラインのフレンチネイルと組み合わせたり、お好きなカラーを使ったりして十分楽しめそうですね!
ラインアートで遊ぶ【今っぽマットネイル】がお洒落すぎ!の9枚目の画像

via itnail.jp
ラインアートで遊ぶ【今っぽマットネイル】がお洒落すぎ!の10枚目の画像

via itnail.jp「マット」×「ラインアート」を組み合わせたデザインバリエーションをご紹介しました。
太さや立体感、カラーなどで印象は様々でしたよね。どれもシンプルなラインでしたが遊び心があってとてもお洒落に見えるので、流行に敏感な女性にぜひ試していただきたいアートです。
デザインによっては意外と簡単にできるアートですので、セルフネイルで挑戦してみるのも楽しそうですね。

Itnail編集部

関連記事