ひなまつりとこどもの日の「節句」とは?子どもにまつわる祝い事の由来と意味

季節は次第に春を迎えようとしており、この先にやってくる行事と言えば、来る3月3日のひなまつりや、5月5日にはこどもの日が挙げられるのではないでしょうか。
私たちの人生の中で、半ば「当たり前の文化」として受け継がれてきたとも言えるこれらの行事には、具体的にどのような由来と意味が込められているのでしょう。
——―神社を愛するあまり巫女になり、神道の魅力を皆様にもお伝えしている巫女ライターが、神道にも繋がる日本の文化「節句」について詳しく解説します。

目次

「節句」は中国からやってきた?


日本に古くから受け継がれてきた文化の多くは、お隣の中国から由来して日本独自の風習などと結びつき、今の形になったということがよくあるもの。
今回ご紹介する「節句」というのも、もとは中国の行事であったものが日本でも定着したものであると伝えられています。
「節句」とは、季節の変わり目に神様にお供え物をしてお祝いをする日。
しかも、厳密には「五節句」と言って、江戸幕府が式日(しきじつ=宮中で行う儀式のある日)として定めた日が五種類あるのをご存知でしょうか。
 1月7日/人日(じんじつ)の節句、七草の節句
 3月3日/上巳(じょうし)の節句、桃の節句
 5月5日/端午(たんご)の節句、こどもの日
 7月7日/七夕(しちせき)の節句、七夕(たなばた)
 9月9日/重陽(ちょうよう)の節句、菊の節句

「五節句」を知ろう!


中国では、奇数が縁起の良い「陽(よう)の数字」であるとされ、それが重なる五節句の日は特に月と日の数を足すと「陰(いん)の日」になることから、季節ごとの植物が持つ生命力を借りて邪気を祓う習慣があったのだそうです。
それだけでなく、五節句には少しずつ違った意味が込められているので、ひとつずつご紹介したいと思います。

1月7日/人日(じんじつ)の節句、七草の節句


「人日」という言葉の意味は、中国の占い文化で1月1日~6日までは動物について占い、7日に人を占ったことから由来しています。
日本でこの日は春の七草を使った七草粥を食べて、一年の無病息災を祈る文化があります。
五節句の中でこの日だけ、同じ数字が重なる1月1日ではありません。これは、本来1月の元日だったものが、元日は一年の始まりを祝う重要な日であり、もともと「お屠蘇(とそ)」を飲んで病を退ける風習があったため。
中国でも7日に七種類の野草を使った汁物を作る文化があったため、日本においても季節の植物で邪気を祓う日としては7日がよいとされたようです。

3月3日/上巳(じょうし)の節句、桃の節句


子ども――特に女子の成長を祈る文化で、桃の節句とも呼ばれます。
「上巳」というのは「三月の最初の巳の日」という意味があり、この日に水辺でお酒を飲んで不浄を祓う文化が中国から伝来していました。
さらに平安時代になると、「上巳の祓い」と言って陰陽師に祓いをさせて、人形で身体を撫でて川に流すことで心身を清める行事が、貴族を中心に行われていたようです。
江戸時代になるとそれが庶民にも広まり、雛人形を飾って子どもに降りかかる邪気を祓い、健やかな成長を祈る文化が今なお受け継がれています。
雛人形も地域によってさまざまな形で残されていて、人形を川に流す「流し雛」はもちろん、可愛らしく吊るして飾る「吊るし雛」など、流してしまわずに雛壇を設けて美しく飾りつけをするようになってきました。

5月5日/端午(たんご)の節句、こどもの日


「こどもの日」と呼ばれることが多いこの日ですが、上巳の節句に対して、特に男子の成長を祈る日です。
「端午」というのは端が「初め」という意味で、午は「牛の日」を指しているので、「初めの牛の日」ということ。
五月五日が男児のためのお祝いの日とされるようになったのは近世になってからですが、雛人形に対して武者姿の男児の人形(五月人形)や鎧兜、鯉のぼりを飾るなどの文化が庶民の間でも爆発的に広がりました。
その他にも、日本では菖蒲が邪気を祓うと信じられていたことから、今もなお5月5日に「菖蒲湯」に入る風習があります。
柏餅を食べるのも、今なお親しまれている文化のひとつですね。

7月7日/七夕(しちせき)の節句、七夕(たなばた)


七夕が「節句」のひとつだということは、あまり一般的に知られていないかもしれません。
この由来についても、一年に一度だけ会うことが許された切ない恋人「織姫」と「彦星」にまつわる中国の伝説と、年に一度現れる神様を水辺の機屋(はたや=機織り小屋)で待っている聖なる乙女「棚織女(たなばたつめ)」という日本の信仰が習合した文化と言われています。
古来より笹に飾りつけをして、願い事や和歌を書いた短冊などを吊り下げるならわしがありますが、これはもともと裁縫の上達や書道の上達などを願って、主に武家を中心に受け継がれてきたようです。
また、笹は邪気を祓う植物でもあるとされ、ご先祖様の霊をお迎えするお盆を前に、穢れを祓うための意味もあったのだとか。
七夕が終わると、使った笹竹やお供え物を海や川へ流して身を清める、「七夕送り」という習慣もあります。

9月9日/重陽(ちょうよう)の節句、菊の節句


奇数の中でも最大の「陽の数字」である9が重なるため、特に重要でおめでたい日とされているのですが、現代においては一般的にあまり広まっていない行事であるとも言えるかもしれません。
お酒に菊の花を浮かべた「菊酒」というものを飲んで邪気を祓うことから、「菊の節句」とも呼ばれています。
このお酒は寿命を延ばすとも言い伝えられており、重陽の節句には秋の収穫を盛大にお祝いするとともに、菊に健康長寿の願いを込める文化があります。
宮中でも「菊花の宴」が行われ、江戸時代には庶民の間でも神様に感謝を込めて、栗ご飯や菊の料理を食べる宴会が行われるようになりました。

子どもたちを囲んで健やかな成長を祝い祈る


五種類の節句についてご紹介してきましたが、中でも3月3日の上巳の節句と5月5日の端午の節句は、「子ども」にまつわる大切なお祝いの日として、私たちの暮らしの中にも深く溶け込んでいるような気がします。
その理由は、やはり「子ども」という存在の尊さゆえではないでしょうか。
かつては今ほど医療技術も発達していませんでしたから、生まれたばかりの子どもが幼くして命を落としてしまうことも、決して珍しいことではありませんでした。
そんな中、健やかに成長を重ねてゆく子どもたちと、毎年季節の行事を迎えることができるのことは、多くの人々の心からの幸福と感謝に繋がっていたに違いありません。

文化の中で神様への感謝を思い出そう


神道的な視点から見ても、子どもは子宝(こだから・しほう)とも言うように、神様からの授かりものであるわけです。
子どもが無事に生まれてくることはもちろん、心も体も健やかに成長していることは、毎年行事のお祝いと共に、神様に感謝の祈りを忘れずにいなくてはいけませんね。
「節句」という文化から感じ取れる、いにしえから変わることのない祈りの心……。
季節の行事をそれぞれの形で楽しんでいただきながら、そっと思い出す日にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事