9月17日おとめ座新月は「気負わずに一段上を見上げて」

9月17日(木)20:01はおとめ座の新月。秋が色濃くなる中で迎える新月は、2020年が残りわずかということを伝えてきます。
今年は春から時間が止まったように感じたり、予定外のトラブルやチャレンジに翻弄されたりして、「いつの間にか秋になっている」と驚く人も多いかもしれません。
そんなおとめ座の新月に心がけたいこと、気を付けたいことをチェックしてみましょう。

目次 [開く]

5ハウスで起こる新月

おとめ座の新月では、調整や整理によって新しい状態を作ることが大切です。
一年が残り少なく感じる時期に起こる新月なので、これまでを振り返って年末までをどう過ごすかを考えると良いでしょう。
ただ、今年のおとめ座新月が起こるのは5ハウス。この場所は「楽しみ・趣味・創作・子ども」をあらわしますが、おとめ座が得意とする「義務・責任・完璧主義・合理性」とは真逆です。
・自分の意志に関係なく、やらなければいけないこと
・好みや自由が許されないこと
・義務感から反発できないこと
こうした物事については、もっと柔軟に捉えなおした方が良さそうです。
特に、仕事や職場の人間関係、収入については今までの思い込みをひっくり返すつもりで。ずっと心にわだかまりを抱えていた人は大胆に軌道修正してみましょう。

一段上の知識やスキルを身につける

今回の新月は、9ハウスに入る木星と冥王星(そして9・10ハウスの狭間に位置する土星も)と調和的な角度を取ります。
9ハウスは高度で専門的な学問・スキル・遠い場所をあらわす場所なので、ワンランクアップを目指せる学びがカギになるでしょう。
また、広い視野を持つこともラッキーアクションになるはず。自分を一段上から見下ろすような第三者目線を持つと、現状を冷静に整理できるはずです。
あるいは、すでに何かの第一人者になっている人と話すことで価値観が柔軟になるでしょう。「そういう見方があったのか!」と、今までにない意識が芽生えてきます。

一人で完結しようとしない

おとめ座新月は、やぎ座の木星・冥王星・土星だけでなく、うお座の海王星ともインパクトのある角度を取ります。
うお座の海王星は「仲間・グループ・友人」をあらわす11ハウスに位置するので、9月の上旬は何かと周囲が気になるかもしれません。
自分が意識して注目しなくても、職場や趣味サークル、属するオンラインサロンなどから目が離せない状態になるとか。
しかも、海王星とやぎ座の3星は調和的な態度を取るのもあり、周りと積極的に関わっていくことが大事だとわかります。ちょっと近寄りがたかった人も、思い切って声をかければ仲間になれそうです。
おとめ座新月が促す調整や整理は、一人で完結させるものではないかもしれません。
他人の価値観や能力、スキルに触れることで、年末までの2020年の指針が見えてくるでしょう。

難しく考える必要はない

ちょっとお堅いおとめ座新月が楽しげなムードを持つ5ハウスで起こるのですから、「難しく考える必要はない」と思ってください。
年末までは確かにそれほど多くの時間が残されていませんが、だからといって焦っても仕方ない話。周りの人は何をどう考えているのか、どんな動き方をしているのか淡々と観察するといいでしょう。目からウロコの発見があるかもしれません。
自分よりも少し先を進んでいる人、すでに一度は成功をつかんだ人、高度な技術や知識を持つ人には特に注目してみる価値アリ。
残りの2020年を有意義に過ごすカギが見つかるはずです。
(沙木貴咲/占い師)

関連記事

今、あなたにオススメ