愛情表現が下手なだけの男性と、本気で脈ナシ男性の違いって?

彼がクールなタイプだと、脈アリか脈ナシかジャッジしづらいですよね。
このまま諦めるべきか、それとももう少し様子を見るべきか悩むところです。
彼の好意を知るには、一体どこに注目すべきなのでしょうか。
そこで今回は「愛情表現が下手なだけの男性と、本気で脈ナシ男性の違い」についてご紹介します。

目次

彼の視線の先はどこ?

まずチェックしやすいのは、彼の目線。
遠くにいても彼の視線を感じる、時折チラチラとこちらを見てくるなら、あなたに気があるのかもしれません。
一方で彼の視線は胸や脚ばかり……という場合は、残念ながらただの体目的かも。
またあなたが話しているのに興味がなさそう、ましてやスマホをいじっているようであればおそらく脈ナシでしょう。
「目は口ほどに物を言う」ともいいますし、一度確かめて損はないですよ。

LINEの返信が遅くても……

仕事が忙しいとわかっていても、既読スルーが続くと脈ナシを感じますよね。
でも週休2日と考えて、基本的に1週間以内に返信が来るならまだ諦めなくてもいいのかも。
そこにプラスして「遅くなってごめん」「最近仕事が忙しくて」などのフォローがあるのなら、少なからずあなたを気にかけているのでしょう。
また彼が予定を立ててデートに誘ってくれるのであれば、たとえ返信が遅くても脈アリの可能性は大。
彼はLINEよりデートを優先しているだけなのかも。
一方で1ヶ月以上返信してこないのに、ある日突然「元気?」「いまから会おうよ!」なんて誘ってくる男性は、脈ナシというか不誠実。
あなたを都合よく利用したいだけなので、縁を切ってしまったほうがいいでしょう。

口数はあまり関係ない?

デート中も口数が少なく、こちらから話しかけないと沈黙が続いてしまう場合。
「私に興味がないのかな?」「もしかして脈ナシ?」と不安になりますよね。
でも単純に人と話すのが苦手な男性もいます。
あなたの話をよく聞いてくれる、そして覚えていてくれるようなら、脈アリかもしれません。
逆によく喋ってくれるけれど、あなたが何か言うと「でもさ~」「それはないっしょ!」など否定ばかりのようならおそらく脈ナシ。
彼は誰でもいいから、ただ気持ちよく会話がしたいだけかも……。

断ったときの反応

あとはいざというときの彼の態度も大事。たとえばあなたが「これ以上は飲めない」と言ったとき「無理しないで」と心配してくれるのか、それとも「えーもう少し位イケるっしょ?」と強要してくるのか……。
前者の彼は、あなたを尊重しようとの思いが伝わってきます。一方後者の彼は、あなたを自分の思い通りにさせたくて仕方がないのでしょう。
そのほかにも「明日早いからもう帰りたい」と伝えた際、不機嫌になる場合も要注意。
今後彼に気を使う場面が増えるので、これ以上近づかないほうがいいかもしれません。

さいごに

愛情表現が下手な人は、言葉数が少ないのでつい勘違いされがち。でも好意や優しさは、きちんと態度や行動に現れています。
そこを見逃さないようにすれば、不安になることも減りますよ。
(和/ライター)

関連記事