要注意!男性が100年の恋も冷めるドン引きLINEの5つの特徴

LINEでのやり取りは多くの人が行っており、今や当たり前の時代。
つい好きな男性に沢山のLINEを送信することもあるでしょう。
でも実は、そのやり取りが男性をドン引きさせてしまうLINEになっているかも?
ドン引きするLINEの特徴を知って、愛されLINEを行ってくださいね。

目次

1.スタンプばかりのLINE

LINEと言えば、簡単に意思を伝えることができるスタンプも人気。
無料のスタンプから有料のスタンプまで、豊富なデザインのスタンプが用意されてあるので、つい気軽に送ってしまう人も多いのではないでしょうか。
もちろん女性同士であれば、スタンプだけのやり取りも楽しいかもしれません。
しかし男性にとってはスタンプだけ送られると、どのように返信したらいいか迷ってしまうことも。
さらに回数も増えてしまえば、返信することが嫌になり、そのまま既読スルーが続いてしまう可能性もあるでしょう。
好きな男性であれば、なおさら意味ある文面をLINEしたほうが、相手も困らずに返信できるはずですよ。

2.終わりのないLINE

大好きな人とのLINEなら、ずっとやり取りを続けたいと思うもの。
人によっては数十回、数百回とLINEするなんて人もいるでしょう。
しかし男性全員がLINEのやり取りが好きとは限りません。
むしろ仕事やプライベートタイムには返信したくないと考えている人も多数存在するのも事実です。
それに仕事で疲れて寝たいと思っているときに、長々とLINEするのって面倒くさいと思いませんか?
それを相手に無意識に強制していると思えば、終わりのないLINEが相手にとって重荷と理解できるでしょう。
大好きな相手だからこそ、相手の状況も踏まえた上でLINEのやり取りをしてくださいね。

3.ネガティブや悲劇のヒロインLINE

LINEの返信がないと寂しいですよね。だからと言って、相手を心配させるような内容ばかりだと、相手も疲れちゃうかもしれませんよ。
たとえば「私なんて…」「居なくなりたい」「私のことなんて気にしないで」なんてマイナスの文面は、相手にかまってちゃんと感じてさせてしまい余計な心配をかけるだけ。
数回であれば相手も快く悩みの相談に付き合ってくれますが、何度も続いてしまうと億劫に感じてしまうこともあるでしょう。
相手を困らせるような内容ではなく、ポジティブな内容を心掛けて送るのも大切ですよ。

4.催促が激しいLINE

LINEぐらい、いつでもチェックできるものって思い込んでいませんか?もちろん人によっては時間に関係なくスマホをチェックできるケースもあるでしょう。
しかし仕事やタイミングによっては未読のままになってしまうことも。
またチェックはできたものの返信まではできないこともあるはずです。
それなのに何度も相手から「何してるの?」「返信ぐらいして」など、催促するようなLINEが大量に送られてくると相手も嫌になってしまうでしょう。
相手を追い込みすぎないように、少し引いたぐらいの気持ちでLINEのやり取りをするのもアリですよ。

5.母親チックなLINE

「風邪ひかないように気を付けてね」「ちゃんと寝なきゃだめだよ」「野菜もしっかり摂ってね」など良かれと思って相手に送ってはいませんか?
もちろん、時折送るだけであれば問題はありません。
しかし毎回のように送られると母親のように感じてしまい、恋愛感情から離れてしまうこともあるでしょう。
相手を心配する気持ちが強すぎるあまり、母親のようにならないように気を付けてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?
普段、何気なく送っているLINEの内容によって、相手をドン引きさせることも。恋愛を成就させるためにも、相手の気持ちを汲み取ったLINEを送ってみてください。
大切な相手だからこそ、LINEも軽く考えないようにしましょうね。気配り満載のLINEなら、恋愛感情をアップさせることもできるはずですよ。あなたにとって最高の恋が叶いますように…。
kareha/ライター

関連記事