恋愛精神年齢が低い男性の特徴って?

仕事をカッコ良くこなす姿にトキめき、アプローチしたものの、あまりに恋愛精神年齢がにガッカリした…という経験はありませんか?
いくつになっても夢見がちな恋愛精神年齢が低いままの男性は少なくありません。今回は、恋愛精神年齢が低い男性の特徴を、心理カウンセラーの資格を持つ筆者がご紹介します。

目次 [開く]

そもそも恋愛経験が少ない

実際に恋愛を経験することで、幻想は無くなり地に足の着いた恋愛精神年齢を獲得できます。
逆に言うと、恋愛経験がない・少ないと恋愛精神年齢が低くなってしまい、恋人と一緒に問題を解決する協力的な姿勢を持たない、わがままな態度を多々見せるでしょう。

友達が少ない

年ごと・大人になって友達と会えば、嫌でも恋愛トークは始まります。自分に恋愛経験がなくても、実際に恋愛をしている当事者の話を聞くだけでも、「リアルの恋愛ってそんなことで苦労するのか」と自分の恋愛精神年齢をアップさせてくれます。
ですが、友達がいないと当然恋愛トークをすることはなく、恋愛精神年齢が一切上昇していない大人になってしまうでしょう。

アニメやゲームの影響

やはり、アニメやゲームから恋愛の影響を強く受けている男性は、恋愛精神年齢が低くなりがち。
アニメやゲームは見ている人・やっている人にとって都合の良い側面ばかりで、女性の可愛らしさや弱弱しさを鮮やかに見せ、面倒くさい部分は一切見せてくれません。
そのため、少しでもネガティブな側面を見せると、「女として終わってる」「これだから三次元は…」とアッサリ絶望してしまうのです。

ネットの影響で“女嫌い”になった

インターネット上では、女性蔑視をする“ミソジニー”は頻繁に目にします。特に、ネット掲示板に寄せられた「結婚後に急に妻がわがままになった」「家事育児に口を出す妻」といった投稿は、そこに寄せられたミソジニーな発言と共に、非常に注目されやすいです。
そして、そういった情報を多く目にしてしまったために、女性に対して否定的な印象を持ってしまい、恋愛精神年齢も上がりにくくなってしまいます。

男尊女卑がすごい

恋愛は平等な関係を育むことが大切になります。ただ、男尊女卑的な思考を根強い人にとっては、それがなかなか難しいです。
男尊女卑が当たり前になっていると、「女性を受け入れること」ではなく、「自分に従わせること」という意識が強くなり、当然恋愛精神年齢は低いまま。
ただ、男尊女卑がすごい男性は一見“男らしく”見えてしまうため、付き合った後に後悔するケースが珍しくないため、慎重に判断するようにしましょう。

まとめ

恋愛精神年齢が低いけど魅力のある男性は結構います。
当然、恋愛精神年齢が低いとアプローチされないため、競合が少ないので「自分に一緒に成長しよう」という気持ちがあれば、“穴場物件”と捉えることができます。
(高萩陽平/ライター)

関連記事