かっこいいけど硬派すぎ!好意が分かりづらい男性からの脈アリサイン

女性へのアプローチが苦手だったり、女性に対しての接し方が不器用だったり。そんな硬派な男性は魅力的でかっこいいですが、自分に対して好意を持ってくれているのかどうかわかりづらいのが難点。
しかし、たとえ硬派といえども「好き」という感情を抑えきることはできません。日常のさりげない言動から好意があるかどうかをチェックすることはできます。
そこで今回は「かっこいいけど硬派すぎ! 好意が分かりづらい男性からの脈アリサイン」をご紹介したいと思います。

目次

1.目が合ったときに目を逸らす

目が合ったときに目を逸らされてしまったとしても、相手が硬派な男性の場合、それは脈アリサインの可能性大です。
目を慌てて逸らすというのは、それまであなたをじっと見ていたことを隠すためであり、何より、恥ずかしいという気持ちの現れ。そんなときは「なんで目逸らしたの?」と少しふざけてみてもいいかもしれません。

2.困っているときにすぐ察してくれる

仕事中に困っていると誰よりも1番最初に「大丈夫?」と彼が声をかけてくれるのであれば、それは間違いなく脈アリのサイン。
困っているかどうかは相手の言動をよく見ていなければ気が付くことはできません。あなたが困っている状況に陥っているとすぐに察してくるということは、彼があなたを見ているという証拠です。

3.1度話したことを覚えている

硬派な男性と会話をしているとあまり盛り上がらないことがあるかもしれませんが、会話が盛り上がるか盛り上がらないかはさほど重要ではありません。重要なのは、あなたとの会話の内容を覚えているかどうか。
「この前、気になるお店があるって言ってたよね?」「そういえば、犬が好きって言っていたよね?」など、以前に話した内容を彼が覚えてくれていれば、それは脈アリサイン。
興味のない相手であれば、さりげない会話の内容なんて覚えているはずがありません。つまり、彼が覚えているあなたとの会話の内容がくだらなければくだらないほど、脈アリの可能性が高くなるということです。

4.LINEの返信が早い

硬派な男性はLINEが苦手なことが多いのでLINE上での活発なやりとりはないかもしれませんが、返信が早ければそれは脈アリサイン。
通常はスタンプや「OK」などの一言のみを返信してくるときは脈ナシのサインなのですが、硬派な男性の場合はちょっと違います。たったの一言やスタンプでの返信であっても気にする必要はありません。「できる限り早く返信すること」が彼の誠意だったりするものです。

5.お誘いには必ずOKしてくれる

彼から全くお誘いがかからなかったとしても、特別気にする必要はありません。
硬派な男性は「自分が食事に誘うことが迷惑だったら申し訳ない……」と思ってしまい、自分からは積極的に好きな女性を誘えない場合が多くあるからです。
そのため、彼から全くお誘いがかからなかったとしても、あなたからのお誘いに必ずOKをしてくれているなら、脈アリの可能性大です! むしろ彼があなたからのお誘いを待っている場合もあるので、遠慮せずどんどんお誘いしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか? 通常の男性と比べると少しわかりづらい脈アリサインかもしれませんが、彼の些細な言動をしっかりとチェックしていれば、自分に対して好意があるかどうかわかるはず。
硬派な男性を好きになった場合、男性からのアプローチを期待するよりも、あなたからアプローチをしたほうがスムーズに「恋愛」が進んでいくため、彼のさりげない脈アリサインに気づいたときは、ぜひあなたから彼にアプローチをしてみましょう。
(ライター/遠矢晶子)
Photo by Andrea Piacquadio

関連記事