【12星座別 12/27~1/2の運勢】2021年のあなたのテーマ

2020年は本当にお疲れさまでした。色々なことがあったでしょうが、すべては2021年を充実させるための土台になります。ネガティブ感情は手放し、期待だけを胸に新しい年を迎え入れましょう。
今週は恋愛運と仕事運のほか、2021年がどんな年になるのか星座別のテーマもお伝えします。
目次

おひつじ座(牡羊座)3月21日~4月19日生まれ



おひつじ座にとって2021年のテーマは、「誰と繋がりコミュニティを作るか」。
2021年以降、身近なコミュニティ作りは誰にとっても重要なテーマになりますが、おひつじ座は特にこの一年がカギになるでしょう。
親しく付き合う友だちのメンツがガラッと変わったり、職場で組織変更が行われたりするかもしれません。自分を取り巻く人的環境を丁寧に整えていくことで、毎日の充実度や仕事や恋愛のゆくえが変わりそうです。
年末年始も仕事が入っている人は、いつもより頭が冴えて機敏に動けるはず。ちょっと神経質になるくらいが結果につながるでしょう。
例年通りの方法をなぞるより、ちょっと工夫を凝らした方がうまくいくかもしれません。
カレンダー通りのお正月休みを取る人は、2021年の目標をじっくり立てて。キャリアアップや昇給を狙うなら季節ごとに達成したいことを決めて、具体的なシミュレーションをすると良さそうです。
そんな感じで頭の中はビジネスのことがめぐり、恋愛は後回しになるかもしれません。
「2021年内に結婚したい」「早く恋人がほしい」と考える人は、朝と夜寝る前にマッチングアプリを開く習慣を作るといいでしょう。恋のアンテナが鈍らないように。
2日は理想の恋を見直したい日です。恋活(婚活)疲れを起こしている人は特に、自分が何を求めているのかをいったん整理した方が良さそうです。

おうし座(牡牛座)4月20日~5月20日生まれ



2021年はおうし座にとって「仕事の年」です。職場での活躍が期待できるだけでなく、やりたいことがある人は夢を実現できるかもしれません。
2020年、コロナ禍で働く場所を奪われた人には挽回のチャンスがあるはず。新しい仲間を作って挑戦を始める場面もありそうです。
元旦は特に、「今年の仕事どうしよう?」とさまざまな思いが頭をめぐるでしょう。のんびりしたお正月を過ごしていても仕事のことをつい考えるなら、いっそガッツリとビジネスモードに気持ちを切り替えた方がいいでしょう。休み明けからロケットスタートが切れるよう、2021年の計画をしっかり立ててください。
いろいろと杞憂がめぐる人は特に、「考えないようにしよう」と見て見ぬふりをするのではなく、不安に真正面から向き合うことが大切です。
恋愛運は目立った動きがない週です。
恋人募集中の人はマッチングアプリや結婚相談所で出会いを探すのも大切ですが、自分磨きに専念すると良さそう。ダイエットや美容、体質改善を頑張ると休み明けに自信を持って行動できるでしょう。
片思い中の人は「あけましておめでとう」のLINEは送っても、今年は初詣に誘いにくいはず。休み明けに会えるのを期待して、年末年始は無理しないように。

ふたご座(双子座)5月21日~6月21日生まれ



ふたご座は2021年、「ワンランクアップを目指すこと」がテーマになります。ふたご座はそもそも好奇心旺盛で、気になったことは放っておけずに調べるタイプですが、その傾向がいっそう顕著に表れるでしょう。社会人向けのスクールに通ったり、専門職に就く人と話したくなったりするかもしれません。
また、そうした向学心を満たすことで、いつの間にかワンランクアップが叶うはず。年初と年末では見える景色がだいぶ違っていそうです。
今週の恋愛は焦らず気負わず。
好きな人がいるなら3日がデート日和ですが、特別なイベントに演出する必要はありません。近所を散歩するとか、おうちデートでまったりするだけでも楽しめるはずです。
恋人募集中の人は「彼氏だけでなく、友だちとしても仲良くなれる男性」を探すといいでしょう。また、今までの自分のキャラを壊す方向転換はラッキーアクションのひとつ。思い込みを捨てて新しい自分を模索するには良い時期です。
年末年始に仕事が入っている人は、30日と31日が稼ぎ時になりそう。周りの人の声をうまく拾えば結果につながるはずです。
カレンダー通りの冬休みを取る人は、偶然目を通した本や久しぶりに連絡を取り合った友人から面白い気づきをもらうかもしれません。

かに座(蟹座)6月22日~7月22日生まれ



「運命を選び取ること」それがかに座の2021年のテーマです。
この一年はゼロから何かを生み出すより、誰かに差し出されたものをどう活用できるかを考える場面が多いでしょう。願ってもないチャンスが舞い込むかもしれませんが、一方で扱いに困るお願い事を言われる可能性も。
「今の自分には手に負えない」と感じてスキルアップを検討する時期があるはず。運命のさばき方を学ぶ一年になりそうです。
この一週間の恋愛運はボチボチ。運気は悪くありませんし、30日はかに座で満月も起こるのですが「お正月だし……」と遠慮しがちに。諦めるとチャンスを見逃すかもしれません。
恋人募集中の人はそれほど親しくない人をきっかけに出会いがありそう。SNSのフォロワーや今は疎遠になっている同級生、元同僚から連絡が入ったら、ちょっと長めのやり取りをしてみてください。30日は特にチャンスが舞い込みやすい日です。
好きな人がいるなら、たくさん話すことで心のつながりが深まります。会えないとしてもLINEや電話の何気ない会話を大切に。
年末年始に仕事が入っている人は、背伸びをしないでやるべきことをしっかりと。元旦はてんてこ舞いになるかもしれませんが、得意なことに専念すると業務がスムーズになるはずです。
カレンダー通りのお休みを取るなら、「2021年はこのくらいの月収を確保したい」と考えると先の見通しが立ちやすくなるでしょう。

しし座(獅子座)7月23日~8月22日生まれ



しし座にとって2021年とは、「公私ともに誰と組むかを考える年」です。
どんな人を好きになるのか、誰とお付き合いするのかは真剣に考えたいですし、交際中の人は結婚の話が出てくるかもしれません。一対一の愛情関係は色鮮やかに運命を織りなし、人を愛する喜びをしみじみ実感するでしょう。
一方で仕事のキーパーソンが現れて、密に組む相手が変わる可能性も。いろんな場面でパートナーシップが重視される年になります。
恋愛運は年明け早々、2日と3日がチャンス。
恋人募集中の人と片思い中の人は、気合を入れるほどうれしい展開が実現するはずです。予想外の展開になっても、運命の手綱をはなさなければ幸せをつかめるでしょう。
好きな人がいるなら積極的に連絡を取って。交際中の恋人とは一緒に年越しをすると楽しく過ごせそうです。
仕事は自分のポリシーを大切に。
年末年始に仕事が入っている人は、『例年通り』がまかり通らないかもしれません。過去のマニュアルにこだわらず、自分が正しいと思うことを行動に移しましょう。
お正月をカレンダー通りに休む人は、画期的なアイデアがひらめきそうです。スマホのメモ帳に書き込んでおくと後から得をするはず。

おとめ座(乙女座)8月23日~9月22日生まれ



おとめ座の2021年は、「コツコツと積み上げるもの」になります。
実は昨日と今日で景色が一変するような運命はそれほど多くなく、ほとんどが日常にじんわりとグラデーションをつけるくらいかもしれません。ただ小さな運命の積み上げは結果的に人生の土台になったり、自分の代名詞となる実績になったりするはず。
この一年は毎日を丁寧に過ごし、職場でも家でも自分の役割を意識しながら動くといいでしょう。
今週の恋愛運は挨拶がカギになります。
礼儀正しさや品の良さが好印象を与えるので、おとめ座ならではの魅力を堂々と示して。
交際中の人は何となくでも“将来”の話をするといいかもしれません。結婚を望むなら、じっくり話をするのに良いタイミングです。
片思い中の人は予想外の展開が見えてきそう。恋人募集中の人は、恋愛対象に見ていなかった人が急に彼氏候補に浮上してくるかもしれません。これは妥協ではなく、意識の変化によるもの。「あれ、意外といいかも」と気づくことがあれば可能性を探ってみましょう。
仕事は新しいルーチンを作り出すことが大事。
年末年始に勤務予定の人は特に、以前からやりづらさを覚えていた業務を見直して。カレンダー通りに休む人も、「あれはもうやめたい」「あの仕事はこう変えたい」と頭の中で考えておくと良さそうです。

てんびん座(天秤座)9月23日~10月23日生まれ



2021年のてんびん座のテーマは、「愛と創造」です。
去年の閉塞感とは打って変わり、開放的に心がおもむくまま愛の喜びを求めます。新しい恋を見つける人もいれば、交際中の恋人との関係がさらに深まる人もいるでしょう。「恋愛ってやっぱり素晴らしい」としみじみ思えるはず。
あるいは、趣味や好きなことにとことん没頭して、それを中心にライフスタイルが変わるかもしれません。好きなことを突き詰めて専門的な知識を貪欲に求めるとか、プロフェッショナルと呼ばれるようになる可能性も。
いずれにしても、この一年はのびのびと自分の「好き」を追い求めるでしょう。
恋愛運は好調なのですが、勢い余って着地点を見失ってしまうかも。
好きな人にアプローチするなら自分が心地良くなるだけでなく、相手がどう感じるかまで考えた方が良さそうです。
年末年始を交際中の恋人と過ごすなら、今まで話さなかったことをじっくり語り合うといいでしょう。
フリーの人はマッチングアプリや結婚相談所の検索で恋人候補を探して。お正月という時期的にも、コロナによる自粛傾向があることを考えても、展開はスムーズではないかもしれませんが焦らないように。
年越しに仕事が入っている人は30日と31日がラッキーデー。業務に集中することで嬉しい気づきがあるでしょう。

さそり座(蠍座)10月24日~11月21日生まれ



さそり座にとって2021年は、「心と体の居心地を整える年」です。
いろいろな意味で閉ざした一年を経て、引っ越しや住まいの大改革をするかもしれません。たとえば一人暮らしの部屋が寝るだけの場所だった人が、癒しと快適さを求めるようになるとか。
あるいは、自分が生きていく上での軸を見直す人もいるでしょう。価値基準や物事の優先順位が変わって、今までとは違う行動パターンを持つようになる可能性も。
変化は内側から起こり、丁寧に自身と対話することで地に足がついてくるでしょう。自分だけにしかわからない「腑に落ちる」があるはずです。
そんな2021年が始まる今週の恋愛運は少し夢見がちの傾向が。好きな人と会えない時間が長いほど、自分に都合の良い妄想をするかもしれません。
恋人募集中の人はドラマの一気見や新春映画の影響か、つい理想が高くなりがちに。帰省できず一人で年越しをするなら特に視野が狭くなりそうです。SNSや友人とのLINEが現実につなぎ留めてくれるでしょう。
交際中の人は、元旦に恋人を身内に紹介することには慎重に。予想外のリアクションをもらうかもしれないので、可能なら時期を見直した方がいいかも。
年末年始に仕事が入っている人はジレンマを覚えそうです。上からの指示やルールを守ることは大事ですが、必要に応じて「私はこう思う。こうしたい」を主張してもいいでしょう。

いて座(射手座)11月22日~12月21日生まれ



2021年のいて座は、「コミュニケーションと知性」がテーマです。
身近な人との関わり合いを通して知性が磨かれ、漂わせる雰囲気がガラッと変わるかもしれません。日常的に扱う言葉の質が変わり、人と関わることを積極的に求め始めるでしょう。なりたい自分を実現することに追い風が吹く年です。
価値観のズレや意見の相違に直面して悩む場面もありそうですが、そうしたジレンマさえ人間性を磨く重要なきっかけになります。
そんな2021年が始まる今週の恋愛運は吉凶混合。いろいろと思うところはあっても運気の後押しを期待して行動しましょう。
「年末年始だし、気が引ける」と消極的になっても進展はなさそう。31日以降は遠慮すればかえって損をします。感謝の気持ちや新年の挨拶など、伝えるべき言葉はあるはずなのでLINEや電話をしてみてください。
フリーの人はお正月休みこそ出会い探しに専念を。マッチングアプリや結婚相談所をメインに幅広く探すと、普段の生活では出会えないタイプと知り合えそうです。
仕事については、現実的に利益追求することで「こうした方がいい」と改善点が見えてくるはず。年末年始に仕事が入っている人は今やるべきことに集中して。2021年の目標は落ち着いてから考えるといいかもしれません。

やぎ座(山羊座))12月22日~1月19日生まれ



やぎ座の2021年のテーマは、「人生を支える経済基盤作り」です。
2020年は本当にお疲れさまでした。苦労を乗り越えてホッと一息ついている人もいるでしょうし、コロナ禍でも努力し続けて理想を実現させた人もいるでしょう。
すべては今後の人生の土台になり、2021年はまさに長期的なお金の流れを作る年になります。もともとロジカルシンキングが得意なやぎ座ですから、収入アップや副業を考えたり、積立貯金や個人年金を検討したりするといいかも。計画はこの一年だけでなく、10年先・20年先まで見越して立てるといいでしょう。
そんなやぎ座の年末年始は、自分の心を整理するのに良いタイミングです。
年末は恋愛運が良いので好きな人と会うチャンスを狙って。30日はあまり堅くならず、恋の状況をガラッと変えるつもりで行動してみてください。
31日は大晦日で誰もがバタバタするものの、何気なく送ったLINEがお相手の心に響くはず。この一年をねぎらうメッセージ、素直な感謝の言葉を送るといいでしょう。
恋人募集中の人は、マッチングアプリのプロフ写真を撮りなおすといいかもしれません。隠れていた魅力が顔を出し始めるので、今の自分をアピールすることが新しい恋をつかむカギに。
仕事運はボチボチ。28日と29日は締めの作業をしっかりと。
年末年始に仕事が入っている人は、上司や同僚とのコミュニケーションを大切にしましょう。

みずがめ座(水瓶座)1月20日~2月18日生まれ



2021年はみずがめ座にとって大事な一年になります。やりたいことがある人には実行と飛躍の年です。特に何も考えていなくても、この一年の行動が今後の人生を支えていくことになるでしょう。「自分は何をするのか、どこを目指すのか?」を模索するには良い時期になります。
また、いつになく人生を深く考えることで価値観がガラッと変わるかもしれません。今まで見向きもしなかった選択肢を選ぶとしても、それは新しい自分に生まれ変わる大切なきっかけになるでしょう。
そんな転機の年が始まる今週は恋愛運がトーンダウン。
恋愛以外のことが気になってあまりテンションが上がらないようです。大晦日と元旦は特に、家族と会ったり、久しぶりに地元の友人と話したりして恋が後回しになりがちに。
親から結婚を催促されてゲンナリする人もいるかもしれません。
交際中の人は年末年始を一緒に過ごしても、それぞれが自由に充実した時間を過ごせるはず。今年は初詣も行きづらいですし、自分たちなりのお正月を模索するといいでしょう。
仕事は一年を締める日を迎えるでしょうが、同時に気持ちも整えて。
年末年始に仕事が入っている人は、30日と31日がいろいろとサクサク進みそうです。

うお座(魚座)2月19日~3月20日生まれ



うお座の2021年のテーマは、「本音を正しく把握して未来につながる一歩を踏み出す」です。
年初から春まではぼんやりしがちで、過去のわだかまりに足を取られる場面があるかもしれません。わかりやすい“スタート”がなくてモヤモヤする人もいるでしょうが、逡巡しながら自分の本音を正しく把握することが大事です。
あたたかくなると同時に、「よしやるぞ!」と腹を決めて行動を起こしていく時期が始まります。長い目で人生を見たときに、2021年はかなり大きなターニングポイントになるでしょう。
そんな新しい年が始まる今週、恋愛運は30日と31日にふわっと追い風が吹きます。
想いが強いほどLINEや電話に熱がこもって相手の心を揺り動かすはず。とはいえ、愛の押し売りやシリアスすぎるアプローチは逆効果。友情の延長上で恋心をチラ見せするのが、この時期はちょうど良いアピールになるでしょう。
フリーの人は「久しぶり」と連絡する人をきっかけに新しい恋が見つかりそう。地元の友人や元同僚、学生時代の仲間には積極的にLINEしてみてください。
仕事運は好調。なのに、「え、こんな感じでいいの?」と調子の良さに戸惑うかもしれません。
最終営業日は漏れや忘れ物がないように。年末年始に仕事が入っている人は、周りとの何気ない会話で気づかされることがありそうです。
(沙木貴咲/占い師)
(itabamoe/イラストレーター)

The post first appeared on .

関連記事