これはダメだったか…!男ウケが超悪かったアイコンあるある

アイコンはあなたを表します。
雰囲気、キャラクター、感性などアイコンから感じ取れるものは無数にあります。
そして、設定するアプリも多く、LINE、Twitter、Instagram、マッチングアプリなどさまざまなものにアイコンを設定しています。
実際に会うまではそのアイコンからその人を想像することになります。
アイコンによって最初に持つイメージが大きく変わることは言うまでもありません。
今回は、男ウケが悪いアイコンについて考えていきたいと思います。
目次

酒、タバコ、男との写真

ストロング系の缶チューハイを飲んでいる写真、タバコを吸っていたり、持っていたりする写真、イケイケの男の人と写っている写真。
説明せずとも男ウケが悪いことはわかりますよね。
お酒をしこたま飲む女性、タバコを吸う女性、自分よりも派手な男と親しくしている女性を好む男性はやはり少ないと言えるでしょう。
しかし百歩譲ってそこはいいのです。
思い出として、酒、タバコ、男との写真を撮ったっていいのです。
問題なのはこれをアイコンにする感性。
男ウケがほしいと思っていてこれらの写真をアイコンにしている人はやばいです。
絶対にやめましょう。

初期設定

たまにLINE等でアイコンを初期設定(何も登録していない)人がいます。
これは特に男ウケに限って悪いとかではないのですが、アイコンはその人自身を表す、アバター的な役割があるので、設定はしておいた方が男女問わず、コミュニケーションを取る際にも良いと思います。
初期設定である事を好んでそのままにしているのでしたら問題ありませんが、何となく初期設定にしている人は自分の好きな写真等を登録した方がSNSを楽しめると思いますよ!

自分の究極に盛れた自撮り

自信ありげの盛れ盛れ自撮りショットに若干引いてしまう男性は多いはず。
もちろん可愛い写真というのは魅力的ですが、ワンショットでバッチリ加工されており、角度も完璧となるとちょっとキメすぎかもしれません。
マッチングアプリであればなおさらで、ワンショットよりも友達とのツーショットで友達をスタンプで隠しているくらいがベター。
ちゃんと女友達がいることもアピールできますし、キメすぎておらずちょうどいいです。
他撮りでいくなら後ろ姿がおすすめです。
こんなファッションしますよということも自然にアピールすることができます。

さいごに

「たかがアイコンでしょ…」
そんな風にアイコンをバカにする人はアイコンに泣くことになります。
中身で勝負している人こそ、アイコンで損をしては勿体ないです。
アイコンはあなたを表します。
アイコンから感じ取れるものは非常に多いです。
これを機にアイコンを見直してみませんか?
(死にたい女/ライター)

関連記事