脈ナシに見えて…実は「脈アリ」な男性からのLINEの内容

一見すると脈ナシに思えても、実は脈アリだったというケースもときにはあります。
そういったわかりにくい男性の脈アリのサインに気づくことができると、関係性だって大きく変わるはずです。
そこで今回は、実は「脈アリ」な男性からのLINEの内容について紹介します。
目次

反応は薄いが「途切れない」


「好きな女性とのLINEなら、ずっと話していたいという気持ちになります。別に話を聞いているだけでも、まったく苦痛ではないですね」(30代・男性・通信関係)
反応が薄くて、あまり会話に乗り気ではないように見えると、脈ナシ感も強くなるはず。
ただ、会話が途切れることがなく、男性から終わらせるような気配がないのなら、実はあなたとつながっていたいのかもしれません。
話し下手だったり、普段から大人しめだったりする男性の場合には、大いにあり得るケースだと言えますよ。

送ってはこないが「必ず返信をくれる」

「忙しくてなかなかLINEができないときでも、なんとかして返事をしようとはする。相手が好きな女性であれば、それは間違いないことですね」(20代・男性・広告代理店)
男性のほうからLINEが送られてくることが少ないからといって、必ずしも脈ナシとは限りません。
用もないのにLINEを送ることができないと考える男性は多いので、送りたい気持ちはあっても送れない状態の可能性も…。
自分からは送ってくれなくても、必ずきちんとした返信をくれるのなら、少なからずあなたに好意や関心は抱いてくれているのでしょう。

素っ気ないが「否定」はしない

「気になっていて仲良くなりたい女性の意見を否定するようなことは絶対にしませんね。そんなことしたら、嫌われちゃう危険性があるので…」(20代・男性・アパレル)
あなたの意見を頭ごなしに否定したりはせず、まずは受け入れる姿勢を見せてくれる。
そういった男性は、たとえ素っ気なく見える対応であったとしても、ちゃんとあなたのことを思ってくれている人でしょう。
仮に違う意見を述べる際でも、考えを押しつけるのではなく、「こういうのはどう?」と提案の形を取るのであれば、そこには大きな思いやりが隠されているものですよ。

誘ってはこないが「暇アピール」をする

「なかなか自分からは誘えないときには、暇をしているということを伝えるようにしています。できれば向こうから誘ってくれないかなという思いを込めて…」(30代・男性・WEBディレクター)
男性が誘ってくれないのは脈ナシのパターンだけではなく、誘う勇気がないというケースも多いです。
「休日はいつも家でゴロゴロしてる」と暇アピールをしたり、「○○に行ってみたい」と言ったりするのなら、それはむしろ脈アリで、あなたの反応を見ているのかも。
「私も暇なんで誘ってくださいよ」なんてさりげなく言ってあげると、男性もあなたを誘う勇気が出るはずですよ。

さいごに

そもそも男性は愛情表現などが下手な人が多いです。しかも、LINEでのやり取りとなると、どうしても細かな反応がわかりにくい部分もあるので、すぐに脈ナシだと諦める必要はないかもしれませんよ。
(山田周平/ライター)

The post first appeared on .

関連記事