なんて返すのが正解なの…?男性からの「反応に困るLINE」4選

男性からの何気ないLINEに、どう返していいか分からず困ったことありませんか?
どうでもいい相手でも、仕事上付き合っていかないといけない相手なら、あまりにも適当に返すと失礼ですしね。
そこで今回は、男性からの「反応に困るLINE」を4選ご紹介。
反応に困った時は参考にしてみて下さい。
目次

「モテそう」「モテるでしょ?」どう返す?

「モテます」と返すのもナンセンスですし、「モテません」と返すと相手に気があるように見えるので、反応に困ってしまいますよね。
相手をイラッとさせたいなら、「よく言われます」などと返せばいいですが、ここはあえて、「そうでもないですよ」と微妙な返答にしておきましょう。
これは「モテるけど、そこまでモテません」と解釈できる返答なので、あなたの体裁を守りつつ男の影を匂わすことができると思います。
男性の解釈の仕方によっては、「モテません」寄りの返答になるので、塩対応度は低めですが、仕事関係の人にはこれぐらいがちょうどいいのではないでしょうか。

報告してくるLINE

「今、〇〇に来てまーす」「今日こんなことがあって」「今からランチです」など、いちいち何かにつけ報告してくるLINE、かなり面倒くさいですよね。
筆者は恋人からでも面倒くさいと思いますが、興味のない相手からだと余計に面倒です。
受け手の感想としては「へぇー」しかないのですが、相手はそれなりのリアクションを求めているので、こういう時は、常套句で無難に返してあげましょう。
「いいなー」「残念だね」「楽しんで」「美味しそう」など、相手の報告に合わして返してあげるだけでいいと思います。

デートの誘いがうざい!どう断る?

デートの誘いに困るという女性結構いるみたいですが、そんなものは断ればいいだけの話です。
ただ、興味のない相手にも保身から体裁を繕ったり、心のどこかで嫌いになって欲しくはないと思っていたり、安パイにしていたいのか彼氏がいるのに彼氏がいることを言わないようにしていると、そりゃーどう返信するか困るでしょう。
察してほしいとか、やんわり断っていることぐらいわかるだろうとか、そういう心理を持たないことがまずは大切。
彼氏がいるなら、「彼氏がいるからごめんなさい」とストレートに返せばいいのです。
彼氏がいることも告げずにはぐらかしているとして、同じことを彼氏が他の女性にしていたら、「ハッキリ断れよ!」と思いますよね。
もし、ストレートに断れずはぐらかしたいなら、とことんはぐらかす作戦で切り抜けましょう。
予定を聞かれても、勝手に日程を決められても、何度連絡が来ようと、「忙しい」「当分忙しい」「その日は予定が…」と、これで切り抜くしかありません。
鈍感な人、諦めない人、積極的な人は、何度でも誘ってきます。
断れないあなたにも問題がありますから、察して欲しいとかぬるいこと思っているなら、とことんはぐらかして難を切り抜くしかありません。

「今、何している?」「今日、暇?」

好きな人からこんなLINEがきたら浮かれるのに、そうでもない人からきたらテンションがた落ちですよね。
「何もしていない」とか「今ヒマです」なんて返すと、これまた、デートに誘われかねないので、ユーモアや事を脚色して返信してみましょう。
「暇ですが…暇じゃないです」――こんな返しされたら、かなり面倒くさいので、これもあり。
「ゴロゴロするのに忙しいです」――クレヨンしんちゃんみたいな返しに、相手も困るでしょう。
「今、好きなテレビ観ています」――あえて「好き」とか「ハマっている」とか脚色して返信すれば、邪魔しちゃ悪いと思ってくれるはず。
もし、「何観ているの?」ときたら、「ニュース」でも「競馬」でも「将棋教室」でも「みんなの歌」でも「笑点」でも、その時間帯にやっている番組を適当に言えばいいのです。
「そんな趣味が?」ときたら、「今好きになった」とか「今日から観ています」と、あからさまにあしらってしまえば、鈍感な男性も気付いてくれるはず。

さいごに

正解かどうかはわかりませんが、ハッキリ断れない人は、困りながらものらりくらりと適当に返信していくしかないと思います。
相手が誰であろうと、「彼氏がいるので誘わないでください」「彼氏がいるので仕事以外の連絡は困ります」と、ハッキリ言ってしまわない限り、あなたにも非があることは確かです。
彼氏がいなくても、彼氏がいると言っていいのですから、本当に面倒くさくて、しつこくて、調子乗った人からLINEが鬼のように送られてきたら、ハッキリ断りましょう。
(瀬戸 樹/ライター)

The post first appeared on .

関連記事