【12星座別】2021年1月前半の運勢

明けましておめでとうございます。2021年が始まりましたね。
年始で色々と忙しい時期ではありますが、自粛ムードのある昨今、どう動こうか悩ましい月でもあることでしょう。
そんな2021年1月前半の運勢。
これからを良き一年にする為に、最初の一歩として活用してみてはいかがでしょうか。
目次

おひつじ座(牡羊座)3月21日~4月19日生まれ

牡羊座さんの1月前半の運勢は、「家でゆったり整理する」様な時期となりそうです。
時勢的にも、自粛ムードもあり、少し全力を出しづらい時期。
だからこそ、家の中で一つ一つものを整理する様に、これからの目標を整理するのには良い時期となるでしょう。
何もできないと悲しむよりも、だからこそ今できることに向き合うことが大切です。

おうし座(牡牛座)4月20日~5月20日生まれ

牡牛座さんの1月前半の運勢は、「動けるときにまっすぐ動く」様な時期となりそうです。
やるからにはしっかり土台を固めてから動きたいが故に、やるべきことを後回しにしがちな牡牛座さんではありますが、今動くことができるような軌道にのることで、トントントンと今後うまくことを運べるような時期です。
素直に”やる”を”する”ことで、結果的に”簡単だった”とほっとすることができるでしょう。

ふたご座(双子座)5月21日~6月21日生まれ

ふたご座さんの1月前半の運勢は「急発進も冷静に対処する」様な時期となりそうです。
ふたご座さんは前半から周りの変化や、自分の変化含めて急展開が多い時期の人が多いでしょう。
しかし去年から、急展開には飽きるほど対処してきたふたご座さん。
だからこそ、”こういうことは、こう対処すればうまくいく”という解決策もすぐ見つかるはず。
ノウハウを生かしながら、変化を楽しんでみて。

かに座(蟹座)6月22日~7月22日生まれ

蟹座さんの1月前半の運勢は「放置するのも慎重にする」様な時期となりそうです。
この時期の蟹座さんはおせっかいを焼く事にも疲れ、一人の時間を作りくなる人も多いから。
とはいえ、ここで完全に野放し状態にしてしまうと、やっかみ等のネガティブなお付き合いも引き受けなければいけない状態に。
だから、適切な距離感を意識しながら今自分のできることをやる、位を心がけて。

しし座(獅子座)7月23日~8月22日生まれ

しし座さんの1月前半の運勢は「やりたいことに触れる」様な時期となりそうです。
今まで、”自分のやりたい事って何だろう”と真摯(しんし)に向き合う機会が多かったしし座さん。
1月前半は新たなチャレンジを始める前に、味見的に”触ってみる”ことが重要な時期となりそうです。
少しだけ体験してみることで、微修正したり、ちょっと違っていたとしても切り替えられる軽さがあります。どんどん触って自分が心地よいものを見つけてみて。

おとめ座(乙女座)8月23日~9月22日生まれ

乙女座さんの1月前半の運勢は「今後の未来を重要視する」様な時期となりそうです。
何かと自分以外の誰かを優先にしたいような気持ちになる乙女座さんですが、この時期は自分の未来と真摯(しんし)に向き合ったほうが、結果的に自分も周りの人も大切にできるでしょう。
あなたの笑顔を見ることで、相手も笑顔になってくれる。癒しも調和も連鎖する。
そんな未来づくりの方向性を今作ることで、これからの状態にそのまま反映されるでしょう。

てんびん座(天秤座)9月23日~10月23日生まれ

天秤座さんの1月前半の運勢は「慌てない、気にしないを大切にする」様な時期となりそうです。
この時期何かと”これ今やるほうがお得!”と追い立てられることも多そうな天秤座さん。
でも、今は”そもそもそれは自分がやりたかった事なのか”ときちんと向き合って欲しい時期でもあるのです。
お得だから動くのではなく、”自分に必要だから動くとはどういうことか”を見極めて。
周りがどうだからではなく、自分はどうなのかを大切に。

さそり座(蠍座)10月24日~11月21日生まれ

蠍座さんの1月前半の運勢は「未来の可能性に余裕を持つための準備をする」様な時期となりそうです。
今の蠍座さんは、これから余裕をもって行動範囲を広げる為の前準備に忙しい時期。
これはこれからにとってとても大切なことなので、目標がある人はやることを箇条書きにして一つづつ取り組んでみて。結果はすぐにやってきそうです。

いて座(射手座)11月22日~12月21日生まれ

射手座さんの1月前半の運勢は「一息呼吸し、体を休ませる大切さに気づく」様な時期となりそうです。
この時期、周りの空気がごちゃごちゃしがちでやりたい事に集中できず、いら立ちが高まりそう。
そんな時はいったん休憩して休んでおくこと。
音が気になるなら、心地よい音楽を毎朝流したり、リラックスできる時間を作ってみるのも大切です。緊張をほぐすことで、次へ進む為の視界も開けてきます。

やぎ座(山羊座))12月22日~1月19日生まれ

山羊座さんの1月前半の運勢は「あえて前に進みすぎないことを大切にする」様な時期となりそうです。
というのも、今はある程度人と心の距離感をあけておいた方が、「このやり方はこの人にしかできない」助けが必要な場面が見えてきたり「これは自分でもできるかもしれない」と自分の専売特許を理解できたりする時期だから。
相手に渡すことができる苦労は甘えてみるのも大切です。

みずがめ座(水瓶座)1月20日~2月18日生まれ

水瓶座さんの1月前半の運勢は「嵐の前の冷静さを持つ」様な時期となりそうです。
これから夏にかけて大きく大転換があるが故に、今は静かに物事を見守る時期になりそうです。
今の自分の立ち位置や、これからどうなりたいかを見極めたい人は、この時期冷静に起こっていることを見つめ直す事で、これから来る嵐の前で冷静でいられるでしょう。
静かな今だからこそ、どんな自分になりたいかを考えてみて。

うお座(魚座)2月19日~3月20日生まれ

魚座さんの1月前半の運勢は「なんとなくじゃ終わらせない」様な時期となりそうです。
相手と調和をとりながら、マイペースさを表現することが得意な魚座さんですが、今の時期は中途半端な在り様だと逆にイライラしてしまいそう。
恋愛と仕事の境界が曖昧になってしまっている人は、いったん状態を”決める”ことも大切です。
誰かに相談しながらも決めることで動く流れもあるもの。その流れを作り上げてみて。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
日本には書初め(かきぞめ)という文化もあり、今年一年どう前へ進もうか、今年のコンセプトはこれでいこう!と決める人も1月前半特に多いのではないでしょうか。
進む為の雰囲気を決めておくことは重要です。
言葉には言霊が宿るともいう様に、ポジティブな意気込みをどんどん作りこむことで、本当にそれがかなっていたり、それも案外簡単だったりするかもしれませんね。
(ライター/Mibo)

The post first appeared on .

関連記事