【12星座別 10/3~10/9の運勢】天秤座新月に吹く新しい風

6日はてんびん座で新月が起こり新しい風が吹き込みます。
それまで狭い視野の中で考えていたことをひと回り大きなスケールで考え出すかもしれません。
恋や仕事には軽やかさが出てくるでしょう。
10/3~10/9の運勢を星座別に詳しく見ていきます。
目次

おひつじ座(牡羊座)3月21日~4月19日生まれ



6日の新月を境に、大切な人とのパートナーシップを見直すといいでしょう。
好きな人との関係はもちろん、仕事でコンビを組んでいる同僚や上司との付き合いも。
もし、何となくでもぎこちなさを感じているなら信頼を築き直すタイミングです。
相手が何か言ってくるのを待つのではなく、自分から話す機会を作ったり、説明したりすることを心がけて。
誤解やすれ違いはできるだけ早く解消させましょう。
恋愛運は一気に進展が期待できる週です。
好きな人とはまだ正式に付き合うまでいかない場合、恋人同士になる流れを作りやすくなるので積極的に。
交際中の人は恋人との関係が今まで以上に深くなりそう。将来を見据えたお付き合いになるかもしれません。
フリーの人は受け身にならずに自分から出会いを求めて。先輩や上司がキーパーソンになりそうです。
仕事は、4日に今週の予定を確認して一週間の流れを把握しておきましょう。
周囲の声を拾いながらもすべてに無条件に従う必要はありません。
いったん引き取って吟味してからアウトプットすると良いようです。

おうし座(牡牛座)4月20日~5月20日生まれ



新月が起こる6日以降は生活と仕事に新しい風が吹き出します。
「今のままでいい」と思っても、変えざるを得ないところが出てきたら前向きに変更を検討しましょう。
実は気づいていないだけで、うまく回っていないところがあるのかもしれません。
また今週は、健康や美容に関する新習慣をスタートさせるにも良い週です。
ダイエットや食事の改善、スキンケアなどに意識を向けると、自分が変わるだけでなく周囲の目も今までとは違ってくるでしょう。
恋愛運は7日まで好調が続きます。付き合いたい人がいるなら、大事な約束や告白は今週中に。
5日は特に運気の後押しが期待できる日です。
フリーの人は自分磨きをするのに良いタイミング。
週末は鏡で全身を映して体型チェックをしたり、ノートに理想と現実を書き出したりすると“磨きポイント”がハッキリするでしょう。
仕事運は上々。これまでの流れを踏まえて新しい展開が生まれそうです。
ルーティンワークに時間が取られすぎている場合は整理して効率化するといいかも。
長く続いているだけで何の役に立っているのかわからない業務は本当に必要なのか吟味しましょう。

ふたご座(双子座)5月21日~6月21日生まれ



新月を迎える6日以降、恋愛が新しい局面を迎えそうです。
「こうなってほしい」と願う理想が実現するかもしれませんし、これまで予想もしなかった場面に直面するかもしれません。
何があるとしても、現状を一歩踏み出すきっかけになって運命が動き出すでしょう。
停滞感に包まれてじれったく感じていた人は先の見通しが立ってくるはず。
モヤモヤした霧が晴れて目の前にあざやかな視界が広がりそうです。
また、7日の夜からは恋愛運がさらにアップし始めます。好きな人がいるなら甘いムードで関係が深められるはず。
フリーの人は恋に直結する出会いが期待できるでしょう。
仕事は順調に進めていた業務がひと段落ついたり、自分の手を離れたりするタイミング。
楽しく取り組めていた仕事には達成感を覚える一方、終わりが見えて寂しさがつのる可能性も。
場合によってはポッカリと喪失感を抱えるかもしれないので、次の課題や目標を早めに決めると良さそうです。

かに座(蟹座)6月22日~7月22日生まれ



6日の新月を迎えて、自分の居場所を一新させることになりそうです。
部屋の模様替えや引っ越しなど、身近な環境を変えたくなるかもしれません。
実家住まいの人は、家族との関わり方を見直しておうち時間をより快適に工夫するといいでしょう。
また、そうしたきっかけをもたらすのは友人や同僚。
特に、自分とは少し考え方が違う人の何気ない言動に心が動かされるようです。
恋愛運は7日まで好調が続きます。
目的意識を持って行動すれば、「こうなってほしい」という理想に一歩近づけるはず。
5日は自分から話しかけることやおしゃべりをきっかけに進展が望めそうです。
週末は、特に予定がないなら美容と自分磨きに専念を。
目新しい方法を試すより、定番の美容法に挑戦したほうが効果を実感できるでしょう。
仕事では年上のアドバイスに耳を傾けて。未経験のことや迷いを感じる場面では良い道しるべになるはずです。
また、「こうするしかない」と一択だったものに、ほかの可能性があると教えてもらえる可能性も。
些細なことでも困ったら上司や先輩に意見を求めましょう。

しし座(獅子座)7月23日~8月22日生まれ



新月が起こる6日をすぎると大事な対話が始まりそうです。
それは、気になる人とLINE交換ができるとか、好きな人との会話が急に増えることかもしれませんし、仕事のパートナーと重要な議論を交わすのかもしれません。
何にしても、中途半端にはできないやり取りが出てくるので、言葉の扱いは慎重になりましょう。
自分の意見を述べるだけでなく、相手の気持ちや事情を汲んで気遣うことを忘れずに。
恋愛運は7日以降に勢いが出てきます。
場当たり的にラッキーを狙うのではなく、ちょっとしたLINEであっても目的をハッキリさせると良さそう。
そうしたほうが好きな人と仲良くなりやすく、フリーの人は好みのタイプを引き寄せやすくなります。
仕事については、今月に入ってからの変更点・気になる点を周囲と共有するといいでしょう。
自分は特に何もないとしても、話題を投げかけることで同僚や後輩から興味深い話が聞けるかもしれません。
情報収集やトラブルを未然に防ぐことにつながるはずです。

おとめ座(乙女座)8月23日~9月22日生まれ



おとめ座にとって6日の新月は、現実的にお金と仕事を考えるタイミングです。
漠然と「こうなったらいいな」ではなく、地に足のついた目標や行動指針を心がけて。
ステップアップを狙った転職、増収のための副業を検討するなら、具体的な計画を立てるといいでしょう。
ずっと準備を進めてきた人は、満を持して実行に移すことになるかもしれません。
ただ、転職や副業をする場合、まったく知らない業界や未経験の仕事はできるだけ避けたほうが良さそうです。
詳しい人が協力してくれるなどガイド役がいるなら別ですが、「よくわからないけれど、とにかくやってみよう」と飛び込めば期待外れに終わる可能性が。
事前リサーチや適性はしっかりしたほうがいいでしょう。
恋愛運はボチボチ。7日までは甘さを意識したおしゃべりで進展が期待できます。
おとめ座は真面目で恋に奥手なところがありますが、今週はあえてゆるく肩の力を抜いて。
「ちゃんとしなくちゃ」と思いすぎないことが大切です。
また、伝えたいことがあるなら言葉にしたほうがいいですが、流れに委ねてあまり難しく考えないほうが良さそうです。
「なるようになる」と寛容に構えると納得の着地点にたどり着けるはず。

てんびん座(天秤座)9月23日~10月23日生まれ



6日の新月はてんびん座で起こります。自分を振り返ってリスタートを切るには良いタイミングですし、気持ちを一新させることで恋愛には動きがありそう。
何となくでも「このままじゃいけない」と思うなら、周りが変わるのを待つのではなく、自ら変化を求めるといいでしょう。
恋愛は堅実な展開が期待できる週です。
「こんなタイプと出会いたい」「好きな人とこんな関係になりたい」など目標がハッキリしているほど、そこにたどり着く道筋が見えやすいはず。
漠然と「何か良いことないかな」と考えるよりチャンスを引き寄せられるでしょう。
ただ、今週は直感をあまり信用しないほうがいいかもしれません。
即断即決は避けて、なんとなく目途は立ててもしばらくは様子見が大事。
じっくり吟味したあとで自分の判断が正しいかどうかを見極めると良さそうです。
仕事運は淡々として動きがあまりない感じ。今月の予定を確認して、計画と準備に専念するといいかもしれません。
あるいは、唐突に「これをやりたい」と思い立つ可能性もあります。自分とは専門が違う同僚に刺激をもらいそうです。

さそり座(蠍座)10月24日~11月21日生まれ



新月が起こる6日をすぎると、ぼんやりと焦燥感を覚えたり、「このままでいいのかな?」と疑問が湧いたりするかもしれません。
あるいは特に何も感じない場合もありますが、水面下では確かに何かが動き出します。
大事にしたい信念や自分の“拠点”となるべき場所を変えたくなるなど、内側からにじみ出るように変化があるでしょう。
恋愛運は7日がピーク。フリーの人は出会いの種まきをしっかりしておくとチャンスをつかめそうです。
また、今週は意外なところに恋のヒントが隠れています。
まったく脈ナシと思っていた人から誘われるかもしれませんし、失敗したアプローチが実は相手の心を揺さぶるかもしれません。
思いどおりにいかない状態が不思議と良い流れを作るはず。簡単にあきらめないほうがいいでしょう。
仕事は自分が本当にやりたいことを見直して。「私の役目はこれ」と当然のように思っていることに心が反発し出すかもしれません。
何となくでも「面白そう」と思うことはスルーしないで注目してみると良さそうです。

いて座(射手座)11月22日~12月21日生まれ



6日の新月のあたりは、にわかにテンションが高まって良い意味でのざわめきが生まれます。
友人と一緒に副業を始めるとか、職場で興味深い案件にチームで取り組むなど、「周りと足並みをそろえて前に進む」流れがあるでしょう。
やりたいことがあるなら必要なメンツがそろうのかもしれません。
いずれにしても、新月以降は有意義な議論や情報交換ができて充実した日々が送れるはずです。
恋愛運は7日をすぎるとジワジワ高まり始めます。
人気運がアップするので、フリーの人は恋人候補を見つけるのに良いタイミング。
異性の目を意識した振る舞いを心がけるといいでしょう。
好きな人がいる人も、相手からの注目度が増すので言動や身だしなみにはいつも以上に気を配って。
ちょっと堅めの話題を話すと心の距離がさらに近づくようです。
仕事運は誰と協力し合うかがカギになります。
何となくのフィーリングより、時間の使い方や作業スピードが似ている人に注目してみましょう。

やぎ座(山羊座))12月22日~1月19日生まれ



やぎ座にとって、6日の新月は仕事に新しい流れをもたらすものです。
今までにない業務を任される可能性がありますし、これまでと同じ仕事を続けるにしても変化と工夫が必要になるかもしれません。
今日明日でガラッとすべてが変わるわけではないとしても、段々と移り変わるムードを感じるでしょう。
また、自ら率先して新しい流れを求めると収入や待遇に影響があるはず。
報酬面も含めて「変わらなくちゃ」と意識を一新させる人は少なくないようです。
恋愛運は「何もない」と思っても、実は誰かに見初められていたり、好きな人とニアミスしたりと隠れたチャンスがありそうです。
たとえば、おしゃれが必要ない仕事の現場や自分に対する見当違いの評価など、恋とは無関係に感じるものほど重要なカギになるかもしれません。
今週はいつどこで何が起きてもいいように、何となくでも心の準備をしておくといいでしょう。
一方で、8日あたりから何かと妄想しがちになるようです。
恋のゆくえを楽しくシミュレーションするならいいですが、現実逃避をすれば進展する恋も停滞する可能性が。
頭の中で思い描くことは現実に落とし込むようにしましょう。

みずがめ座(水瓶座)1月20日~2月18日生まれ



新月を迎える6日は、新たな自信をつけるきっかけを得るでしょう。
恋愛や仕事を進めるうえで強力な武器を手に入れるかもしれません。
もし、前から「こんな強みが欲しい」と思っていたなら実際に身につける術がわかるようです。
あるいは、「こうなりたい」と理想を追い求めて努力してきた場合、一皮むけた自分を実感できるはず。
魅力や能力がアップして内側から自信が湧いてくるでしょう。
恋愛運は悪くもなければとびきり良いともいえない週です。
仕事が好調なほど恋の優先順位は低くなりやすく、目立った動きがなくなるはず。
好きな人と良い関係を築けている場合、心が離れてしまわないようにマメな連絡を心がけましょう。
フリーの人は日常の延長上で出会いを探すより、アプリや結婚相談所をうまく活用すると恋のきっかけがつかめそうです。
仕事は大事なことは7日までにまとめて。
早めにスケジュールを確認しておくと得する立場を確保できたり、ベストタイミングで提案や売り込みができたりするでしょう。

うお座(魚座)2月19日~3月20日生まれ



新月が起こる6日以降、本音を突くような言葉をもらうかもしれません。
「ちょうどそれを考えていた」「こういう提案が欲しかった」という話をタイミング良くされて驚きそうです。
あるいは、誰かの話を聞きながら「ああ、自分はこれを望んでいたんだな」と気づかされる可能性が。
不意に舞い込んでくる誰かのひと言が心を揺らしてハッとさせられるようです。
恋愛運は友人や同僚がキューピッド役になるかもしれませんが、今週はボチボチ。
淡々とした運気に包まれるので、進展を望むなら自分から行動を起こすことが大切です。
ただ、好きな人とニアミスしたり、友だちが友だちを紹介してくれたりと意外にチャンスはありそう。
わかりやすいラッキーではないため、気づけるかどうかが恋のゆくえを左右するでしょう。
仕事運は8日から少しずつ上向きに。興味を引かれるものを見つけてのめり込むかもしれません。
好きな分野を掘り下げるとか、得意な業務を任されるなど本領発揮できる場面が増えそうです。
「やりたい」と思う仕事には積極的に手を挙げるといいですし、受け身にならないほうが良い流れに乗れるでしょう。
(沙木貴咲/占い師)
(itabamoe/イラストレーター)

関連記事