12星座別|10月の恋愛運ランキング

こんにちは。
占い師のスピカです。
季節が移り替わり、だんだんと人肌恋しくなる10月。
センチメンタルな気持ちにもなりやすいので、恋模様が気になりますよね。
それでは今回は、12星座別に、10月の恋愛運をランキング形式で発表します!
目次

第1位 いて座

天空を運行している愛の星・金星と、情熱の星・火星が味方をし、絶好調の恋愛運が到来する10月!
出会いを求めている人も片想いの人も、自信持って積極的に動くことで、チャンスを掴みやすくなりますよ。

第2位 しし座

10月は、しし座に愛の追い風が吹き、これまで停滞を感じていた場合も、嘘みたいにスムーズに進みます。
無理に自分を取り繕ったり、相手や状況に合わせすぎたりせず、自然体の自分の魅力を再確認することで、恋が前進していくことでしょう。

第3位 みずがめ座

情熱スイッチがオンになり、いつもより恋愛モードに入る10月。
ヴィジョンが現実化しやすい時でもあるので、例えばロマンティックな映画を観たり、ハッピーエンドの恋愛小説を読んだりして、自分自身の恋愛の士気を高めていくことがオススメです。

第4位 おひつじ座

モテ運アップで、出会いの場でたくさんの人からアプローチされたり、気になる人から声をかけられたりと、嬉しい展開が期待できそうです。
ただし、気持ちが焦りやすい運気でもあるので、相手の気持ちをよく見極める等、冷静さを心がけてくださいね。

第5位 てんびん座

パッションほとばしる運気が到来し、陶酔するくらいの恋を経験する可能性もある時。
熱い日々を過ごすことになりそうですが、ブレーキがきかなくなり、恋に溺れすぎてしまう危険性もあります。
恋愛にうつつを抜かしすぎないよう、地に足をつけるように意識しましょう。

第6位 さそり座

恋愛の女神が微笑んでいるのは前半までとなります。
さらに、自分自身と向き合って、本当の幸せを見つける時期でもあるので、このタイミングで恋がうまくいくかどうか、ハッキリする可能性も。
もし思う通りに恋が進まないとしても、特に中旬以降は深追いは避けましょう。

第7位 やぎ座

華やかさには欠けると感じるかもしれませんが、恋愛運は穏やかに上昇中。
思いがけない出会いが訪れたり、好きな人といつもより近い距離で接することができたりと、心がほっこりするような、嬉しい恋のチャンスに恵まれる気配です。
欲を出しすぎず、起こる出来事に感謝することで、次のステップにも進みやすくなりますよ。

第8位 かに座

恋のチャンスは前半が掴みやすいので、自分から行動を起こすのであれば、早めのタイミングがオススメです。
ただし、何かに煽られるような焦燥感のある時なので、暴走しないように要注意です。
周りや相手をよく観察したり、身近な人のアドバイスには耳を傾けたりしてくださいね。

第9位 うお座

人気運が高まり、恋愛の場面でもアプローチを受けやすいタイミングとなります。
その反面、なかなか自分から積極的に動きづらい時でもあるので、相手のリードで進んでいくことになりそうです。
ただし、強引に迫られたり、違和感があったりした場合には、押しに負けずに自分の気持ちを優先してくださいね。

第10位 おとめ座

穏やかな愛のサポートが中旬まで入るので、チャンスを見逃さないように恋のアンテナを張りましょう。
全く意識していない人が恋人になったり、分かりづらい形で意中の人や恋人から愛情表現があったりする気配です。
小さな幸せをキャッチできれば、大きな幸せに育てていくことができますよ。

第11位 ふたご座

好きな人から中々連絡が来なかったり、恋人とすれ違ってしまったりと、恋のタイミングが合わずにヤキモキしてしまう場面がありそうです。
そんな時こそ、焦りや不安からの行動は物事をよりネガティブな方へ誘うので、気持ちを切り替えて気分転換をしたり、少しお休みしたりしてみてくださいね。

第12位 おうし座

寂しい気持ちを抱いてしまったり、不満を強く感じてしまったりと、恋愛運は低迷気味。
無理をすると事態を悪化しかねない時なので、感情任せに行動を起こしてしまうよりも、これまでの自分の恋愛傾向を振り返ったり、今の状況を静観したりして、気持ちや状況を整えましょう。

いかがでしたか?

10月の全体的な運気は、前に前に進むよりも、過去を振り返るのに適したタイミングです。
恋愛面でも、過去のご縁が復活したり、これまでの恋愛経験から幸せな恋のヒントを発見したりする可能性がありますよ。
ぜひこのタイミングで、一度立ち止まって、自分の恋愛を見つめ直してみてくださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
(スピカ/占い師)

関連記事