風水学で診る|新生活にぴったりの開運アイテム

皆さまこんにちは。心理占いカウンセラーの澪です。
新年度を迎え、1か月ほど経ちましたが体調や心に大きな変化はありませんか?
今まで過ごしていた環境がガラッと変わってしまうと多くの人が不安を覚えます。
しかし、それは普通のこと。環境に慣れるまでは「体が警戒モード」になってしまうから不安になったり、いつもより疲れてしまうんですよ。
さて、今回はそんなお疲れ気味の方でも簡単に開運ができるアイテムを紹介していきます。
おやすみの日は家でゆっくりと寝ていたいかもしれませんが、少しの行動で運気の流れを変えることができるので、ぜひやってみてくださいね。
風水は、4千年前に中国で発祥した「気」に注目した環境学です。
人間が持つ気の流れを整えることが風水の目的とされているんです。
それでは、さっそく見ていきましょう。

目次

1.安すぎない上品なタオル

風水においてタオルは、縁や人間関係の運勢を左右するアイテムと言われています。
トイレや、キッチン、洗面所など家の中にある水を使う場所には、用途に合わせてタオルが配置されていますよね。
ほぼ毎日使うタオルですが、消耗品ということもあるので安くて薄っぺらい物を使っている人も多いかもしれません。
縁や人間関係の運勢を上げたいと思う人は、普段使うタオルを安すぎない上品さがあるタオルに変えてみてください。
素材は、天然のコットンを使ったもので白や緑、アクアブルーなどの色がおすすめです。

2.ハーブティーでリラックス

ハーブティーのような香りの強い葉から抽出したお茶には、心を落ち着かせる効果だけではなく、出会い運を上げる効果もあるんですよ。
またデトックス効果もあるので、心に溜まってしまった悪い気を体の外に排出するのにも役立ちます。
新生活が始まり、いつもよりも疲れてしまった体をリラックスさせるのにハーブティーをチョイスするといいかもしれません。

3.厄除けのおまもり

新生活が始まると、人に会う機会が増えると思います。
また、通勤通学の際にすれ違う人の数も増えるでしょう。
多くの人に会うことは一見良いことに思えますが、一概に良いとも言えません。
やはりどんな人が厄をつれているかわからないからです。
厄は人を通してもらってきてしまうこともあります。
そのため、自分の身を守るためにも、厄除けのおまもりを持ち歩くことがおすすめです。
おまもりは有名な神社やお寺のものではなくても大丈夫です。
大きさは、自分がいつでも持ち歩けそうな大きさの物を選んでください。
厄除けのおまもりは、一年ほど経過したくらいに古いものを奉納して新しいものに入れ替えるのがベストです。

おわりに

いかがでしたか?
風水学で診る!新生活にぴったりの開運アイテムについて紹介していきました。
慣れない新生活で体も心も疲れてしまったら、家の掃除やインテリアのチェンジをするのは大変ですよね。
まずは、体を休めてリラックスするところから初めていましょう!
(澪/ライター)

関連記事