12星座別|本当はチャラい星座ランキング

見るからにチャラい人は何となく信用ならないイメージがありますが、人に好かれる魅力を少なからず持っているのも事実。

一方で、堅実そうに見えても実は内面がチャラかった……なんて人もいますよね。

そこで今回は、本当はチャラい星座をランキング形式でご紹介しつつ、星座ごとの傾向を分析してみます!

目次

1位 ふたご座

洗練された見た目、会話もスマートで褒め上手。異性をその気にさせるのなんてお手のものです。
しかもそれを包み隠さず誰にでも公平にやってのけるので、ふたご座さんのチャラさは折り紙付きと言っても過言ではないでしょう。
上辺だけのいいところしか見せないので、本音は何を考えているのか分からないのもチャラさを助長させています。

2位 いて座

基本的にフレンドリーで器の大きさを感じさせるいて座さん。
本人には自覚はありませんが、持ち前の華やかな雰囲気と普段のフリーダムな言動がチャラく見えることはままあるようです。
一方、好きになった人にはとことん情熱的に迫りますが、それは目の前のその人だけに向けているので、チャラさとはまた別のものなのです。

3位 てんびん座

つかず離れずの距離感とエスプリの効いた会話、品のある身のこなし……てんびん座さんの言動はとても魅力的ですが、実は相当チャラいです。
誰にでもよく思われたいと考えるため、絶妙なスマートさで好感度アップを狙い、二人きりになると「あなただけに」と特別感をアピールすることを無意識のうちに誰にでもしています。

4位 みずがめ座

もともと誰にでもフラットに、フレンドリーに接するみずがめ座さん。
その公平さは立場や親しみ度合い、はては男女の枠も軽く越えてしまいます。
本人にはまったく他意はないのですが、その様子がチャラく見られてしまうことは多くあるでしょう。

5位 しし座

ただでさえ存在感があり、華やかなムードが人目を引いてしまうしし座さんは、言動がどこか上から目線なのも相まって、そこにいるだけでチャラく見られてしまいます。
でも、本当に好きな人でなければ思わせぶりな態度を見せたりはしないでしょう。

6位 おひつじ座

思ったことをパッと口に出してしまうおひつじ座さんは、素敵な人を見ればすぐに「素敵!」と言ってしまいます。
そんな軽やかさがチャラさに見えることも。
ただ、そこには何ら下心はなく、本当に好きな人にはわかりやすく猪突猛進するため、おひつじ座さんに対しては特に構える必要はなさそうです。

7位 うお座

もともと誰にでもソフトに接するうお座さんですが、少し親しくなるまではどこか受け身でもあります。
ただ、友達としてある程度距離が縮まってくると甘えてきたり、ちょっと大げさな褒め言葉を言ったりするのでそこがややチャラく見えるようです。

8位 かに座

かに座さんはもともと内気な上、誰にでも同じように接することができません。
自分自身が騙されたくない気持ちも強いので、チャラチャラした態度にならないよう自ら慎むでしょう。
逆に、かに座さんがチャラい態度を見せるときには何らかの理由でかなりの無理をしています。

9位 やぎ座

チャラい人をどこかで軽蔑しているやぎ座さんは、自分は絶対にそうならないぞと心に誓いを立てています。
もとより、あまり器用ではないのでそういった軽やかな言動はできないのですが……。
しかしモテたい気持ちは人一倍あるので、少々やっかんでいるところもあるのです。

10位 おとめ座

現実的で分析が得意なおとめ座さんは、自分が周りにどう思われているかを熟知しています。
その上で「ガラじゃない」「求められてもいない」と確信しているので、チャラさとは無縁でしょう。

11位 おうし座

マイペースなおうし座さんは、そのままの自分を受け入れてくれる人と付き合えばいいと思っています。
ですからわざわざモテようともしないし、自分をよく見せようという発想もありません。
むしろ素朴な魅力が売りなのです。

12位 さそり座

さそり座さんはとことん奥手で、自分をよく見せることはおろか、普通に自己アピールすることさえ難しく感じています。
チャラい人を「いいな……」と遠目で見ながら「どうせ自分なんて」とクヨクヨするばかりなのです。

まとめ

チャラい=軽薄という印象ではありますが、それがすべてではありません。
本質的なところを見極めてお付き合いしたいものですが……そこはくれぐれも慎重に!
(WriterPalm45/ライター)

関連記事