夫にするならこんな人!「結婚に向いている」男性の見抜き方

結婚を考えるのであれば、いい旦那さんになってくれそうな男性を見つけることが大切です。
結婚生活に向いていない男性と一緒になると、あなたが苦労する羽目になる可能性も高いでしょう。
そこで今回は、「結婚に向いている」男性の見抜き方について紹介します。

2022年下半期が近づいてきているので、あなたの運勢も合わせてチェックしてみてくださいね。

目次

1.ひと通り「家事ができる」

「うちの旦那は家事とか炊事とかがすごく得意な人なので、いつもすごく助かっています。結婚相手として最高の人だなって感じますね」(30代・女性・飲食)
料理や洗濯、掃除など、ひと通りの家事が一応できる男性なら、結婚後もすべてをあなたひとりでやらなければいけないことにはならないでしょう。
家事も育児もふたりで協力してやっていけるというのは、円満な結婚生活を送っていくうえでもっとも重要なポイント。
ある程度のひとり暮らしの経験があるかどうかは結構大きいので、そこは必ずチェックしておいてくださいね。

2.「経済観念」がきちんとしている

「お金にだらしない人と結婚をするのは怖すぎるので絶対に無理。そこだけはちゃんとしている人を探すようにしています」(20代・女性・インストラクター)
経済観念がきちんとしている男性と結婚をしないと、あなたが降り回されることになるだけ。
浪費癖があったりケチすぎたりしない、身の丈に合ったお金の使い方ができる男性が理想的でしょう。
また、将来のお金のことも計画的に考えられる人だったら、安心度はさらに大きくなりますよ。

3.一緒に「考えようとする」

「困っているときに一緒にその問題について考えてくれる人は本当に頼りになります。結婚相手もそういうやさしさがある男性がいいです」(20代・女性・WEBディレクター)
あなたが何か問題に直面したときに、どういう行動を取るのかで、男性のあなたへの思いが見えるもの。
親身になって一緒に考えようとしてくれるのであれば、あなたのことをとても大切に思っているのでしょう。
結婚生活でもさまざまな問題は起こるでしょうから、それをちゃんと一緒に乗り越えようとできる男性は、結婚相手として最高の人ですよ。

4.基本的に「穏やかである」

「前の彼氏が怒りっぽい人で、同棲をしたときに無理だなって感じました。穏やかな人じゃないと、一緒に生活をするのは難しいですね」(30代・女性・歯科衛生士)
結婚をして生活を共にすると、毎日顔を合わせることになります。
そのため、相手が感情の起伏が激しくて、ちょっとしたことで怒り出すような人だったら、早い段階で疲れ果ててしまうかも。
基本的には穏やかで、いつも物事に冷静に向き合うことができる男性であれば、一緒にいて平和で安心した日々を過ごせるでしょう。

さいごに

普段の言動や態度などを見ていると、どんな旦那さんになりそうか、なんとなく想像ができるはずです。
ちゃんと寄り添ってくれる男性なら、ふたりで結婚生活も楽しんでいけるでしょう。
(山田周平/ライター)

関連記事