きちんと見極めて!女慣れしている男性あるある4つ

男性からの接しかたが好印象だと、「もしかしたら脈があるんじゃないか」と期待してしまうもの。
ですが実は単なる女好きで、誰にでも気のある素振りを見せる男性もいます。
自分は本気だったのに、彼は単なる遊びだと知ったらショックですよね。
だからこそ女たらしな男性はしっかり見極めて接したほうが、のちに傷つかずに済むでしょう。
そこで今回は「女慣れしてる男性あるある」をご紹介します。

目次

1.スマートな振る舞いをしてくれる

・「さりげなく車道を歩いてくれたり、お手洗いに行っている間にお会計を済ませてくれたりと、スマートな振る舞いをしてくれる男性。カッコいいけれど、そのぶん女慣れしているなって思います」(32歳/一般事務)
・「いい意味で女慣れしている人って空気を読むのが上手。たとえばこちらが嫌がっているとわかったら、すぐに話題を変えてくれます。逆に“自称モテ男”みたいな人ほど、下ネタやセクハラ発言がしつこくて面倒くさいです」(26歳/美容関係)
エスコートって経験豊富じゃないとできないですよね。色んな女性とデートしてきたからこそ、ここまでの振る舞いができるんだなと感心します。

2.褒め上手

・「やっぱり女慣れしている人は褒め上手な気がする。『かわいい』と気を持たせるようなことを平気で言えちゃうんですよね。てっきり私のことが好きなのかと思いきや、本命彼女はちゃんといるっていうオチ……」(25歳/接客)
「かわいい」と言われてイヤな気持ちになる女性ってほぼいませんよね。
ストレートに褒めてくれる男性が少ないからこそ、褒め上手なだけで一気にモテるでしょう。

3.面倒くさがらずに女性の話を聞いてくれる

・「『女の話は長くて面倒くさい』と言って、聞いてくれない男性って多いじゃないですか。だけど女慣れしている男性ほど、『大変だったね』と親身になって話を聞いてくれます。もちろん自分の意見を押し付けてもこないですね」(27歳/アパレル)
彼氏や夫でさえ、相談事をあからさまに避ける人っているもの。でも困っているときほど親身になってくれる男性は、いくつになってもモテるでしょう。
このような優しい男性は女子が放っておかないので、必然的に女慣れにつながっていくようです。

4.自分に自信のある言動が目立つ

・「女慣れしていて、かつ性格の悪い男性は『この俺が相手にしてやってる』みたいな雰囲気を出してくるから苦手。飲み会でも露骨に嫌な態度を取ってくる人とかいますよね……」(28歳/通信)
女性との接点が増えた結果、「俺はモテる」と勘違いしてしまう男性もいるよう。
そのためこのタイプは、ところどころに上から目線な言動が目立つようです。
「この人は対等に接してくれないな」と感じたら、自分が傷付かないためにも深入りしないほうがいいでしょう。

さいごに

ひとえに女慣れしているといっても、本当に女性を想っての行動なのか、それともただの下心なのかで話は変わってくるもの。
前者の場合はたとえ女慣れしている男性でも、付き合ったら一途に愛してくれる可能性があります。また友達として仲良くするぶんには、頼りになる部分も多いでしょう。
ですが後者の場合、彼の身勝手さに振り回されてしまうおそれがあります。
ライバルが多い彼だからといって焦らず、彼の性格をよく知ってから交際に踏み切りたいですね。
(和/ライター)

関連記事