遠距離恋愛の乗り越え方のヒント5つ

遠距離恋愛はつらいですよね。
会えない時間が長引くと、寂しさから気持ちが揺れてしまったり、相手の気持ちが信じられず、疑心暗鬼になってしまったりしてしまうこともあるでしょう。
遠距離恋愛は近距離恋愛より維持するのが難しいですから、会える時間にしっかり信頼関係を作っておくことが必要です。
今回は、難しい遠距離恋愛の乗り越え方のヒントを5つご紹介していきます。

2022年下半期が近づいてきているので、あなたの運勢も合わせてチェックしてみてくださいね。

目次

1.ひとりの時間を大切にする

遠距離恋愛はつらいことも多いですが、メリットもあります。
それは、一人の時間を大切にできるという点です。
近くに恋人が住んでいる場合、毎週デートをしなければならず、ひとりの時間が設けにくくなりがちです。
遠距離恋愛の場合、毎週デートする必要がないため、オフの日は自分がしたいことを思いっきりできます。
趣味の活動に勤しむこともできますし、キャリアァツプのためにスクールに通ったり、資格の勉強をしたりすることもできます。
自分ひとりの時間を充実させることで、寂しさを感じる頻度を減らすことができます。

2.負担が偏らないようにする

遠距離恋愛の場合、どちらかが会いに行く必要があります。
一方がいつももう一方の方に会いに行く形式だと、時間もお金も一方に負担が偏ってしまいます。
ふたりとも社会人なのであれば、毎月交代で会いに行ったり、お互いの中間地点で会ったり、といった工夫をして、負担が偏らないようにしましょう。

3.連絡は無理しすぎない

遠距離恋愛の場合、頻繁に連絡をとりたいと思う方は多いでしょう。ですが、無理は禁物です。
とくに、海外との遠距離恋愛の場合、時差の都合で、毎日連絡するのは難しかったりもします。何事も無理をしては続きません。
自分たちにとって、無理のない連絡手段と連絡頻度をすり合わせていきましょう。

4.愛情を言葉と行動で伝える

どれだけ相手のことを愛していても、言葉と行動で伝えなければ、相手には伝わりません。
「何も言わなくても、わかってくれるはず」と考えて、愛情表現をおろそかにするのは怠慢です。
直接触れることが難しい遠距離恋愛だからこそ、しっかりと愛情を伝えましょう。

5.お互いが身近に感じられる物をプレゼントする

離れていても、お互いを近くに感じられる物を贈り合いましょう。
時計や財布、アクセサリーなど、毎日身につけられるプレゼントがベストです。また、会えるときは積極的にふたりの写真を撮りましょう。

さいごに

遠距離恋愛を乗り越えたら、愛が深まる。今は耐えるとき!
遠距離恋愛をすることで、寂しい思いをすることも少なくないでしょう。
ですが、遠距離恋愛という試練を乗り越えた暁には、ふたりの絆はより深まります。
ふたりで試練に打ち勝ち、しっかりとした絆で結ばれた関係を手に入れましょう。
(今来 今/ライター)

関連記事