男性がついつい返したくなるLINEと絶対返さなくなるLINEの違い

僕は基本的に「モテるLINE術」みたいなものをご紹介するのが好きではありません。
というのも、コミュニケーションは「こうすればこうなる」という簡単なものではなく、常に相手との関係性の中にあると思うからです。
普通に考えて、距離の近い女性から「ねぇ、今夜空いてる?よかったらご飯いかない?」と聞かれたら飛んで喜びますが、距離の遠い女性から同じLINEがきたら、「行きたくない」と思います。
しかし、そういった関係性を無視して「突然のお誘いで彼をドキッとさせちゃいましょう♡」みたいなことが自信満々に書いてあるメディアもあるので、辟易してしまうのです。
とはいえ、どんな関係性であれ、確かに返しやすいLINE・または返しにくいLINEには共通点があります。今回はその2つについてご紹介していきましょう。
目次

返す気が失せるLINEの3パターン

追撃LINEが飛んでくるこれはどんな男性であっても、そして好きな女性から来たとしても、できれば返したくないLINEの典型例です。
ちょっとの時間返信がないだけで、「私、気にさわるようなこと言った?」「やっぱりなんでもない!」とピコピコ飛んでくるともうげんなりです。できるだけ関わらないようにしよう、と思います。

こっちが聞き返さないといけない「こないだのことなんだけど」←こないだっていつ?
「いま、忙しい?」←用件は何?暇では無いんだけど。
「最近LINE返してくれないよね」←意図は何?
と言った具合に、相手が話したいトピックがスッと見えてこないLINEはとても返しにくいです。
女性はLINEを会話と同じようなものとして捉えていますが、男性はメールのようなものとして捉えている人が多いので、聞き返すという作業がものすごく面倒臭く感じます。

こちらの聞いた質問に一言でしか返さない男性「食べ物は何が好きなの?」
女性「パスタかな」
男性「そうなんだ。どんなパスタ?」
女性「カルボナーラとか好き」
男性「カルボーラ美味しいよね!よく食べるの?」
女性「ううん、たまにかな」
…(話を広げる気あんのかよ!)というのが男性の本音です。こちらが頭を使って盛り上がりそうな質問を考えなくてはいけない状態を強いられると、これはもはや拷問です。
「カルボナーラとか好き。〇〇君は?」と一言くれるだけでもそのあとの展開が全然違うのに、その一言の広がりを作ろうとしない人に対して男性はやる気をなくしていきます

返しやすいLINEの特徴

上記の3つのLINEに共通すること、それは「会話のキャッチボールができていないこと」です。
追撃LINEは、こちらがボールを受け取ってもいないのにバンバン球が飛んでくるイメージであり、こちらが聞き返さないと話が進まないLINEは、あらぬ方向にボールを投げられて必死でキャッチしなきゃいけないイメージ、一言しか返さないLINEは、投げたボールが返ってこないので常に新しいボールを用意しなきゃいけないイメージです。
逆に、
・こちらが投げたボールをしっかりと受け取って
・取りやすいように投げ返してくれて
・さらにまた投げ返したくなるように
・会話を続けてくれる
LINEが返しやすいLINEになる、ということです。言い換えると
・きちんとリアクションがあり
・こちらにも話題を振ってくれて
・かつその話題が自分の興味のある分野であり
・そこを広げていってくれる
LINEだということです。

会話はキャッチボールだということを忘れずに

会話は相手がいてはじめて成立するものです。相手の存在を無視したボールの投げ方をすると、そのボールは高確率で返ってきません。
LINEだって同じこと。常に相手の立場に立って、どんなボールだったら返しやすいか?を考えながらLINEをすれば、既読スルーになるなんてことは、ほとんどないんですよ。
(川口美樹/ライター)

The post first appeared on .

関連記事