付き合ったばかりの彼氏と距離を縮めたいときのNG行動4つ!

付き合ったばかりのときって、お互い緊張してどうしたらいいのかわからず、二人の間に微妙な距離を感じてしまう時期ですよね。
そんなとき「どうにかして彼氏との距離を近づけたい」とついつい張り切ってしまいがちですが、張り切りすぎて逆に彼氏との関係がうまくいかなくなってしまうこともあるので注意が必要です。
そこで今回は「付き合ったばかりの彼と距離を縮めたいときのNG行動」をご紹介したいと思います。

目次 [開く]

1.自分の素を見せすぎない

彼氏との距離を近づけるためには、自分の素の姿を見せることが一番だと思いますよね。ただ、いきなりあなたの素の姿を見せられたときの彼氏の気持ちを考えてみてください。正直、「こんな子だと思わなかった……」と、ガッカリしてしまうはず。
本当の自分の姿を見てもらいたいというあなたの気持ちはわかりますが、付き合いたての時期はお互い「恋を楽しむ時期」でもあるので、それを忘れてはいけません。彼氏は良くも悪くも、まだあなたに対しての幻想を抱いています。
彼氏との距離を近づけたいからといって、彼氏が抱いているあなたの幻想をぶち壊す必要はありません。あなたの素の姿はゆっくり見せていけばいいものです。焦らなくて大丈夫。

2.色々と聞き出そうとしない

彼氏のことをよく知ることでお互いの距離を縮めていくのはとてもいい方法ですが、このとき、彼氏に色々と聞き出そうとしないように注意してください。
人には「話したくないこと」がありますし、自分のすべてを話すには相手との信頼が必要です。もちろん付き合っているという時点である程度の信頼はありますが、それではまだまだ足りません。
特に男性は自分のことに関して他人に話すことを嫌う場合が多いので、距離を近づけたいからといって、彼氏に元カノのことや過去のすべてを聞き出そうとしてないようにしましょう。

3.連絡を取り過ぎない

付き合いたての頃は、彼氏とつねに連絡を取り合っていたいと思うかもしれませんが、連絡を取りすぎることは彼氏との距離を近づけるためにはあまりいい方法ではありません。
女性は付き合うことになると今まで以上に連絡を取りたくなるものですが、男性はそうではありません。男性は「今までと同じペースでいたい」と思うものです。
付き合うことになってからあなたの連絡が増えてしまえば「付き合うと意外と面倒な女なんだな……」と思われてしまうことにもなってしまうので注意が必要です。

4.自分のペースで進みすぎない

女性は、彼氏との距離を近づけようと一生懸命になってしまいがち。もちろんそれはいいことなのですが、あまりに必死になりすぎると彼氏のことが見えず、自分中心のペースで進めようとしてしまいます。
「彼氏との距離を縮める」という言葉の本当の意味は、「二人がお互いに距離を近づけていく」という意味です。あなたが一方的に彼氏に近づくのでは全く意味がありません。
二人が同じ距離でゆっくりと近づいていくためには、二人が同じ考えで同じペースで歩いていくことが大切です。

まとめ

いかがでしたか? 彼氏との距離を縮めたいとあなたが思っているように、彼氏もあなたとの距離を縮めたいと思っています。つまり、あなたと彼氏は今、同じ気持ちでいるということ。なので、焦る必要はありません。
今のあなたの気持ちを含め、彼氏とたくさん話しをしていくことで、自然とお互いの距離は縮まっていくものです。
彼氏との微妙な距離を感じることも、付き合いたての恋人ならではの素敵な悩みです。あまり悩みすぎず、ゆっくりと彼氏との時間を積み重ねていってくださいね。
(ライター/遠矢晶子)

関連記事