男性が好きな女性に見せる決定的な態度

他人のことならアドバイスできるのに、自分のことは見えない……というのが恋の不思議なところです。
例えばこれもそう、相手が自分のことを好きだと確信が持てない問題。
この問題を解決するには、自分のことを客観的に見る視点と、分析する能力が必要です。しかし、相手が自分のことを好きだと決定付けるポイントは、彼の言葉や態度にちりばめられているはずなのです。
目次

特別な優しさは決定的な態度

ほかの女性よりも特別に優しくしてくれたら、彼はあなたのことを好きだと感じている証拠です。
これは簡単な見分け方ですが、かなりの確率で好意を的中できるので、あなたに対しての態度と他の女性との態度を見比べて、違いがないかをチェックして下さい。
少しでも違いがあれば、好きな気持ちがあるにも拘らず積極的になれない「男のジレンマ」からくる違いなので、好意と受け取っていいと思います。

見る・近づく・緊張する…好きな女性に見せるサイン

恋をすると、男性も女性と同じで“乙女”になります。
目で追ってしまう、同じ空間にいたいと思う、隣を陣取る、話している時は緊張して上手く喋れないなどは、恋する乙女だけではなく、恋をすると男性もこんな態度を取ってしまいます。
女性から見ると、ひょっとしたらちょっと格好悪く見えるかもしれませんが、恋をする者の態度に男も女も違いはありませんので、冷静に見れば見分けられるのではないでしょうか。
緊張は見た目には分かりづらく、実は緊張しているのに緊張していないように見えるひとや、誰にでも緊張してしまうひとがいるため、緊張だけでは何とも言えませんが、よく目が合う、気が付くといつも近くにいる、飲み会の席では隣になることが多いなど、これらの兆候があれば、彼はあなたのことが好きな可能性が高いはず。
全くの偶然という可能性もありますが、あきらかに頻度が多いと感じるなら、決定的ではないでしょうか。

異性関係に敏感

彼氏でもないのに“彼氏のような態度”を取ってしまうのも、男性が見せる好きな女性への態度。
これはもう決定打と言っていいでしょうが、いい男に見られたい男性は嫉妬心を隠し、気になるのに気にしていないかのような演技をするので、隠されると見分けるのが難しくなります。
実際まだ彼氏ではないので、異性関係の話をされても嫉妬心がそこまで湧かないのも事実なのですが、よく観察すると、異性関係の話をする前と後では、表情や態度が微妙に変わっていると思うので、あえて昔の男の話や男友達の話をして、彼があなたに好意を抱いているか否か見極めてみるのもひとつの手ですよ。

さいごに

気になる彼が自分を本当に好きなのかどうか確信が持てなければ、恋に積極的になれません。でもあなたのことを好きな男性は、あなたにアピールを絶対していると思います。
奥手な男性や恋が不器用な男性は、とんちんかんなアピールしかしないため見逃してしまうかもしれませんが、それでも、相手の性格を加味すれば、相手が自分に好意を抱いているか否かが見えてくると思うので、決定的な態度がなくてもよく観察すれば、彼の好意が見えてくると思いますよ。
(瀬戸 樹/ライター)
Photo by. Jeremy Perkins

関連記事