男がほっとけなくなる!「愛される女性」になるための秘訣

いつまでも男性から愛されるような女性になれたら、素敵な恋愛を手に入れることだってできるでしょう。そのためには、男性が女性に対して思わずほっとけないと感じるポイントを理解しておくといいかもしれません。
そこで今回は、“愛される女性”になるための秘けつを紹介します。
目次

自分から“話しかける”

気になっている男性との距離を縮めるためには、やはりたくさんコミュニケーションを取ることがとても重要。
会話を交わすことで壁がなくなっていきますし、お互いのこともどんどんとわかってくるものです。
そこで、話しかけられるのを待つのではなく自分から話しかけるようにすると、「俺に気があるのかな?」とか「信用してくれているのかも」なんて男性は思うようにもなります。
信頼を寄せてくれていたり、親密さを感じさせてくれる女性のことは、男性の中でも他の女性たちとは違う“特別な存在”になっていくはずですよ。

過度に“追いかけない”

一般的に“追いかけられる”よりも“追いかける”状況の方が、男性は夢中になりやすいもの。
だからこそ、気になる男性に対しては、それとなく好意は示しつつも、過度には追いかけないようにすることが大事なポイント。
好きアピールをしすぎたり、世話焼きや心配をしまくったりすると、男性は重く感じて逃げ腰になったり、「あの子は俺にベタ惚れだから」とキープ扱いをしてくるような危険性だって出てきます。
ずっとベッタリ状態にはならずに、適度に放っておく時間も持つのも、いつまでも愛され続けるためには必要なことですよ。

まずは“受け入れる”

自分の意見や行動に対して、否定や反論をしてくることが多い女性に対しては、当然ながら男性もいい印象は持てなくなるもの。
全てを肯定する必要はないですが、頭ごなしに否定をするのは絶対にやってはいけないNG行為でしょう。
ひとまず一度は受け入れる姿勢を持つようにすると、男性も一気に話しやすくなるし、自分の良き理解者として感じるようにもなります。
反論するにしても、ちゃんと最後まで話を聞いて受け入れたうえで、「でもこういう考え方もあるよ」と伝えるようにすると、男性も嫌な気はしないはず。

基本的に“素直である”

なんだかんだいって、結局のところ“素直な女性”に男性は一番弱いです。
何を考えているのかがわかりにくかったり、変に駆け引きみたいなことをしてくる女性には、なかなか心を許すことができないもの。
素直に気持ちを表現してくれたり、自分の意見やアドバイスを素直に聞いてくれたり、悪いと感じたときには素直に謝ることができるような女性であれば、「いい子だな」と男性は感じるでしょう。
疑ったり勘ぐったりしなくていいので、一緒にいると男性も素直になれるからこそ、「大切にしたい」という気持ちだって芽生えてくるのです。

さいごに

相手への思いやりや信頼を見せると、相手も同じように思いやってくれるようになるもの。
“愛される女性”になるには、まずは自分から心を開いていくことがキーポイントです。
(山田周平/ライター)

関連記事