コレコレ、逮捕される?!アイドルの暴露で弁護士から通達。「今後何が起こるかわからない。突然逮捕される可能性がある。」

2022年5月4日(水)コレコレがYouTube Liveの生配信で「逮捕されるかも知れない。」というやばい状況について、視聴者に説明した。
生放送のアーカイブは、”【緊急生放送】逮捕されるかも…すとぷりの「ななもり」からガチでやばい連絡が来る…まじか?ありえないだろ、大物YouTuberを信じたら80万円騙し取られた被害者と通話…”というタイトルの動画として投稿されている。
一体、コレコレの身に何が起こったのだろうか。

目次

アイドルグループの暴露が発端

(出典:コレコレチャンネルKoreTube

コレコレは生配信の冒頭で、「冗談でもおおげざでもなく、今後半年後くらいに逮捕されるかも知れない。」と、視聴者に語った。
すとぷりのななもりの弁護士から、通達が来たという。
だが、それ以降は”ななもり”という名前を出すことが禁じられる為「通告者」として、話を進めた。
弁護士から来た通達の内容は
①通告者の不祥事を取り上げた動画を1週間以内に消す事
②他の者があげた不祥事動画も消すよう動く事
③今後、通告者に関しての誹謗中傷や暴露をしない事
そして、これらを守らなければ「あらゆる法的手段を検討せざるをえない」
というもの。
コレコレはこれに対して、①については動画の該当箇所を削除した上で”圧力があった”という記載をした。
②については、出来る限りは行ったという。
③についても、おおむね相手の言い分を飲み、今後は誹謗中傷はしないとの事。
そして、通達書に自身が行った言動について返答したという。
と、ここまでは良かったのだが、その後通告者からとんでもない連絡が来たという。

更なる通達にコレコレの決断と対応は?!

(出典:コレコレチャンネルKoreTube

二度目の通達の内容は
慰謝料を払うこと(金額は指定されていない)
②今後、通告者や通告者関連の人達の名前を出すな。イニシャルも出すな。そもそも、話題に出すな。
③動画に圧力と書いて更に名誉棄損だ、動画自体を消せ。
④上記すべてに同意する誓約書を書け。
⑤これらすべてに対し誠意ある対応が無い場合は既に警察に今回の件を連絡しているので、更なる法的措置を進める。という内容だった。
コレコレは、この内容を「奴隷契約だ。」と言い驚きを隠せなかった。
コレコレがした対応は、「圧力」という表現を「連絡」に変えて動画を編集する事だった。
該当箇所は削除した為、動画を消す必要はないという判断をしたのだ。
そして、通達書に対しては「名誉棄損や誹謗中傷は行わないが、名前を出すな、話題にするな、は流石に横暴過ぎるので対応出来ない。」
と、回答した。
それに対する相手方からの返答は、まだ来ていないという。
その為、今後何が起こるかわからない、逮捕される可能性がある。と、視聴者に伝えた。

逮捕される前に坊主頭に

(出典:コレコレ切り抜き工場【公認】)

その後2022年5月9日(月)のTikTokライブで、コレコレはバリカンを使って自身の頭を坊主頭にした。
「これで、心おきなく刑務所にぶちこまれに行くんで、ありがとうございました。」
と、言い「刑期を終えたら配信するので、それまで待って頂けたら。」と視聴者に伝えた。

これからも、コレコレから目が離せない!!

↓もっとコレコレの記事を読みたい方はこちら↓